トップ 遠州浜組 組長の記録 燃えろ浜松まつり 襷の役割 各町の凧印 え組の衆 やら舞歌連
  江戸前祭りスタイル入門
はちまきの巻き方・ 帯びの締め方・ 股引のはき方・ 祭りの心得

祭りスタイルに欠かせない手拭。締め方にもいろいろあるが、代表的
なのは「ねじり」と「くわがた」だ。
「ねじり」は主に男性のはちまきの締め方だが、女性にも見られる最もポピュラー
なもの。「くわがた」は女性向き。締め方は「ねじり」とほとんど同じだが、特徴は
ねじらない事と、前下がりに手拭を額にかける事。そして「ねじり」の場合、手拭の
両端は折り返したままだが、「くわがた」は折り返した端が目立たないように、頭の
横にはさんでおく。
はちまきの巻き方 其の一「ねじり」と「くわがた」
1、手拭を中あわせで6〜8折りにする。
  (ねじった時にちょうど良い幅)にし、
   手拭の両端をもつ。
2、手拭の片方だけをねじり、ねじり
   あがったら中心を額にあて、頭
   の後ろで交差させる。
3、手を持ち替え、手拭の片方を交差
   部のところに下から上へ内側にす
   べりこませる。
4、もう片方の端を、下から上にすべり
   こませる。女性はお団子の上で結
   びたい。
5、形よく整えたらできあがり。
   「くわがた」の場合は手拭の先を
   内側に折り込んでいる。
くわがた
「くわがた」は女性向き、締め方「ねじり」
とほとんど同じだが、特徴はねじらないこ
とと、前下がりに手拭を額にかけること。


はちまきの巻き方 其の二「喧嘩かぶり」
1、手拭の中心を決め、額の中央にあて
  指1〜2本で押さえる。
2、手拭の両隅(角になる部分)を内側に
  4つ〜6つ折りにして持ち、額中心に内側
  に巻き込む。
3、頭にきつめに巻き、巻き上がったら手を
  横に引き、図のようにしぼりきる。
4、しぼりあがった両隅を頭の上3分の1の
  所に結び目を作り、角の長さ、形を決め残
  り片隅を左右均等になるようにはさみこむ。
5、結び目をかくすように残り布部分を
  包み込む。
6、額よりデルタ状になり、手拭の角が顔
  を中心に左右対称、同角度になれば
  出来上がり。

トップへ戻る