y-onsitumelon
とちおとめ



<とちおとめ>


とちおとめイチゴ種


イチゴといえば長い間「東の女峰、西のとよのか」がの主力品種でしたが、
静岡の「章姫」、福岡の「さちのか」など新品種が多く作られるようになってきました「とちおとめ」はその名が示すように栃木を中心に栽培されています。

「女峰は昭和57年頃から栽培が始まり人気品種となりましたが、誕生から12年ほどで消費者の好みも変わって、大きくて甘いものを好むようになってきました。

女峰より粒が大きめで、酸味が少なく甘みのあり、果皮は光沢のある鮮やかな紅。
甘味が強く、ジューシーで日もちもするなどの理由から、最近人気上昇中。


イチゴのお話へ戻る 愛ベリー 女峰 麗紅  宝交 はるのか 
しずたから 芳玉 とよのか 石垣イチゴ あきひめ とちおとめ 紅ほっぺ