気まぐれ日記卓球あれこれ試合結果

(8/4更新)(3/18更新)

     

1/20
全日本選手権もいよいよ佳境に入って来た。トップレベルの大会を横目で見ながら
天城卓球をコツコツと進める。徐々に部員も増え、今年は天城卓球の年。と言えるかな?
1/19
失くしたと思っていた手袋が出てきた。他の服のポケットに入っていた。それだけのことを覚えていないことが
情けない。物忘れの自分を嘆くより、出てきたことに、明るさを感じることの方がよさそうだ。
1/18
直接ではなく、周りにインフルエンザの人が居る。と言う人が、周りに居た。
人の迷惑を考えマスクをしていたが、自分の為になっていたかもしれない。マスクが役立つのなら。
1/17
強風と豪雨の組み合わさる1日となった。こんな日は練習に集まらないのがセオリーだ。
病み上がりで休みたいが出かける。かろうじて数人の中学生と打つ事が出来た。役に立っただろうか。
1/16
風邪で二日ばかり寝込んでしまった。たまった疲れと、襲い掛かる寒さが原因ではなかろうか。
体調を崩すと弱気になる年齢になってる。これからは、のんびりと・・・
1/13
今季一番の寒さを感じた朝。こんな日に試合で、選手はさぞ大変だったろう。そんな中、急造の
女子高生ダブルスが準優勝してくれた。学校間をまたがるペアは、天城卓球ならでは。印象に残してほしい。
1/12
寒い日が続き、風邪をひく人も居る。試合直前の風によるダウンは、本人だけでなく周りも残念だ。
が、これですべてが終わるわけでは無い。暖かになったらまた、挑戦。
1/11
降雪のニュースを見るにつけ、目の前の青空をありがたく思う。例え冷たい空気でも、陽の光はありがたい。
前を新潟ナンバーの車が走っていた。運転手もさぞかし驚いていることだろう。
1/10
週末の試合に向け、テスト間近でも途中からでも練習に参加する中学生。
その熱意には、真似るべきものが有る。
1/9
風が強くなった。そのせいだろうか帰りの電車が遅れ、連絡の電車を1本見送ることになった。
おかげ?でゆっくり本を読む事が出来た。時間のプレゼントと言っていい。空腹を除けば・・
1/8
冷たい雨が降り始めた。雪にならなければ良いがと、その心配ばかり。
成人式に影響はなかっただろうかと、そちらの心配も・・・。
1/7
頑張らなくてもいい。それはスポーツに限らない話だと思う。が、頑張らなくていいという話でもない。
納得できることなのか、その判断も重要になってくる。正解は、本人が握っている。
1/6
冬だから無理もないが、天城卓球の初打ちはとても寒いスタートとなった。
それを熱くしていくのは今後の練習と、個人の熱意だ。きっと熱くなる・・・と思う。
1/5
野球選手やサッカー選手になりたいと言う子供は、いつも多い。卓球選手になりたいとは
聞こえてこない。思うようにプレイできないその難しさ、楽しさは、どの競技も一緒のはずだ。
1/4
しゃべり始めた子供が散歩中の犬を見て興奮してる。戌年とわかっているのだろうか?
正月であろうと青空の下、犬の散歩をしてる日常に普通の大切さを感じる。
1/3
ニュースによると帰省のラッシュで道路や交通機関は大変なようだ。お疲れさまと思いながら炬燵で
ゆっくり年賀状などを眺める。正月の風景だが、お酒を飲みながらとなると、これはこれで疲れる。
1/2
昨日元日は、陽の出ている間中(陽が落ちてからも)お神酒と称して、飲み続けていた。
おかげで今日は1日辛い。この1年を予感するようなスタートになった。
1/1
『何となく、/今年はよい事あるごとし。/元日の朝、晴れて風無し』。
・・・石川啄木・・・。

過去の気まぐれ日記へ