宗教について(その1)

魂の部屋に戻る

内容を考えて、雑話から引っ越して来ました。

 私は以前新興宗教に変なところがあるから気を付けた方が良いと書いたのですが、この事は裏返すと既存の宗教なら良いと解釈されそうです。でもそれも良いとは必ずしも言えません。

 私が思うのには、今の日本の問題の多くの原因に教育の問題がありますが(これは現代人の誤った価値観の原因に教育が関係していると言う意味です。)それと同じように宗教にも大きな責任があるのではないかと思っています。

 この雑話のコーナーでも、「正義」というものについて、何度か話題にした訳なのですが、あらためて考えるとこの「正義」というものはその人の宗教観によるところがかなり大きいと感じました。もちろん、この場合の宗教観というものには「無宗教」というものも入るとおもいます。

 この事は国民の多くがどのような宗教観を持つかが、その国の正義を決める可能性が大きいと言うことになります。もちろん現在の日本の場合「無宗教」と言う人が多数派であるわけなのですが。そのことの善し悪しも含めて日本における宗教の問題を書こうと思っています。内容を大雑把に言うと「宗教批判」と「信心のすすめ」という一見矛盾したような内容になります。(もちろん本当は矛盾していない)

 宗教の話などは色々な問題がありそうで、どうも気持ちに引っかかるものがあります。でもまあ私の性格を考えるとどうせいつか書くのなら、早いとこ書いてしまえ。と言うのが正直な気持ちです。実は日本では宗教の話はタブー視されている傾向があるように思います。これには色々な理由があると思うのですが、同時に今の日本人の宗教観の結果でもあると思います。(宗教が何度も戦争の原因になっていることを考えると、何となくそれも解ります。)

 さてまず最初に、今の日本の「お坊さん」について書きます。

 もちろん全員がそうであるとはないのですが、今の日本の「お坊さん」は職業として「お坊さん」をやっている人がけっこう多いようです。真面目な「お坊さん」とそうでない「お坊さん」とのギャプはかなり多いような気がします。ここで書くのはもちろん後者のケースです。

 日本の場合、多くの場合仏教式の葬式をします。その点で言えば日本は「仏教国」なのですがその実体はどうでしょう。どうも「お坊さん」のなかでも「魂」の存在を信じていない人が多くいるのではないかと思ってしまうのははたして私だけでしょうか?

 仏教の大本の基本は、「お釈迦さん」が悟りによって見つけたものを自らの修行や信心を通して、より自分の身近なものにすることにあります。そしてそのものの中の重要な要素として「輪廻転生」の考え方があります。そしてそれを考えると当然「魂」のことも重要な要素になるのです。

 で、私が何を言いたいのかと言うと、世の中にごく一部ですが「くそ坊主」と言って良いと思えるような人がいると言うこと、そしてそれがある意味で日本の宗教の悪い面を象徴しているように思えることです。(過激な発言だ)

 でなぜそうなっているかと言うと、おそらく坊さんでありながら、信仰心を持っていないからではないかと思うわけです。別な言い方では、信仰心があるのならとても出来ないであろうということを平気で行っているということです。おそらくそのような人は、「魂」とか「輪廻転生」なども信じてはいないと思います。それなのに何故「坊さん」をやっているかと言うと単に職業で「坊さん」をやっているだけなのでしょう。そうとしか考えられません。

 魂の存在を信じない「坊さん」は、お葬式も唯の儀式としてとらえているでしょう。本来の死者の魂を慰め、成仏させるというようなことをはたしてどれくらいの人が真剣に考えているのでしょうか?あくまでも私の個人的な意見ですが、そのような「坊さん」にお経を唱えてもらってもいっこうに有り難いという気になれないように思えます。

 この事を逆に言うと、私はしっかり修行した僧侶の経には様々な効果があると思っているということです。おそらく高僧の側にいるだけで色々な恩恵さえもあるのではないかとも思っています。(この事に懐疑的な人は多いと思いますが)

 さて仏教での「悟り」とは、本来言葉で説明できるものではありません。ましてや頭でああだこうだと考えても理解できるものではありません。その点では本来言葉を中心に真理を考える哲学とは本質的に違う筈なのです。しかし「宗教哲学」などという言葉があるように、言葉により「悟り」を理解しようとするため結局何も本質を理解できず、むしろ誤った考え方を持ってしまうのです。実は「宗教哲学」などという言葉があることすら大きな謝りなのです。哲学と一緒にして「真理」を言葉でしか理解しようとしないことに問題があるのです。ことわっておきますがこの話は「僧侶」の場合の話です。一般の人間にこのようなことまでは要求されるわけではないし、おそらく無理なことだと思います。

 自分の能力やレベルもわきまえず、かなり過激な内容のことを書いてしまいました。これは私の考えというよりも、むしろしっかりと修行した僧侶ならそのように思っているであろうことを私が代弁したのです。細かなことに私の考え違いが入っているかも知れませんが、私のレベルではせいぜいこんなものでしょう。

 現在の仏教(特に昔からの宗派)はあまり布教活動に熱心ではありません。どうしてでしょう? 自分が本心から信じていないから布教しないのでしょうか? 仏教の教義など一般人にはとうてい理解できないと諦めているのでしょうか? それともヨガなどのように、自ら門を叩かない人間には教えを伝授する必要などないと思っているのでしょうか? 檀家制度にあぐらをかいているのかも知れません。正直言って私には不可解です。その点では新興宗教の方がはるかに熱心です。また信じる心も強いのかも知れません。(信者も熱心)私自身今まで、いろいろな宗教から布教の声が掛かったのですが、古くからの仏教の熱心な布教活動は見たことがありません。

 本当は今の仏教に全ての責任を負わせるわけにはいかないのですが、日本の無宗教化の原因の一因に現在の仏教の姿勢に問題があるのではないかとも思ってしまいます。(布教に熱心な宗派がないわけではないけど)

 ややこしい話なので整理しておきますが、どの宗教でも(もちろんオウムのような偽物は別)信心があるといわゆる「神をも恐れぬ悪行」は出来ません。そして自分の行動は誰かが見ていることを知ります。(そのように考える)その結果、その人が悪事を働くこと、私利私欲に走ることが少なくなります。通常の場合、信心のある人は悪いことはしないのです。(もちろん例外もある)

 例えは、国会議員を例に出すと、信心があるのなら恥ずかしくてとても出来ないようなことを平気で行っています。その行動を見ると信心があるようには見えません。そのくせ靖国神社にやけにこだわっています。そんなおかしなことがこの日本でまかり通っているのです。これは日本が無宗教国家になっていて、その弊害が出ていることの一例だと思います。

 だから、まっとうな宗教で布教活動に熱心でないということは、世の中に貢献出来ていないということになると思うのです。(もちろんまっとうでない宗教を布教することは罪悪です。基準は実に不明確だけど)

 もっと過激にいうと、「オウム真理教」などというげてもの宗教が興ったりするのも、既存仏教の(もちろん仏教だけではないけど)ふがいなさの象徴でもあるのです。

 おまけで書くと、お布施の金額で戒名のランクが変わるなどというのはちょっとどうかと思います。もちろんそれなりの理屈もあるのでしょう。しかしすでに粗方失われてしまった信仰心を取り戻すために、襟を正す必要がある宗派もけっこうあるのではないのでしょうか。

 ちなみに私の家のお寺の和尚さんは真面目な人なので良かったのですが、なぜか突っ込んだ話はしたことがありません。

(1997/06/15)


魂の部屋に戻る