インチキ占い師

魂の部屋に戻る

 私は易占いが出来るようになったと第22話で書きました。なぜ当たるのかについてと、世の中にたくさんいるインチキ占い師について説明をします。

 世の中に大勢いるインチキ占い師はいったい何ででしょうか。決して本人達は悪気ではないのです。詐欺をしようとしているのではないのです。ただ問題なのはたまにしか当たらない。(笑) おかしいのは本人達はおおまじめで正当な占いだと信じているのです。本当に占いが出来る人にとってはいい迷惑でしかありません。おそらく世の中にいる占い師のうち9割が偽者でしょう。

 それでは説明しましょう。これは自分で占いが出来るようになったので解ったことです。まず占いの目的は未来の情報を引き出すことにあります。もともと魂には未来の情報を見る力があるのです。これは本来全ての魂が持っている力なのですが、現世にいる間にはその能力を発揮するのはそれなりの理解が必要になります。この理解というのは真理をどれくらい理解しているかということです。これは感覚的にいうとその人の「魂」が神の近くにあるということです。全ての占いで魂のこの能力を使います。まあ言ってみれば占いのエンジンのようなものです。

 通常の占いでは、このエンジン以外に道具が必要になります。この道具は魂の奥の方にある情報を意識のレベル、もしくは物理レベルに伝えるためのパイプが必要になります。このパイプは実に様々で、私のやる周易などでは、筮竹(ぜいちく)とかサイコロを使います。タロットカードなども同じものです。実をいうと偶然性を演出できるものとそれなりの取り決めがあれば、占いは何でも出来るのです。ですから、あみだくじなども立派に占いの道具として使えてしまうのです。

 もちろん、この占いの道具には物体でないものも使われます。これは一部の人が持っている能力です。まあ霊視能力(意識のイメージ化能力)と言ったようなものです。チャネリングもこの分類に入ります。(この能力については、今の私はからっきしだめなので、良くわかんない事もあるのですが)

 さて、ここで大事なのはたとえ霊視能力(意識のイメージ化能力)があっても占いが出来るというわけではないのです。大事なのはパイプがどこにつながっているのかと言うことなのです。たとえば意識のイメージ化能力がある人が、水晶球を覗きこんだとします。何かしらの映像がそこに映ってくるのですが、そこに問題があります。その映像はその人の潜在意識の映像であるかも知れないのです。かも知れないという書き方はちょっとやさしすぎかも知れません。レベルの低い占い師の場合そこからしか見えてきません。大事な情報源の「魂」までパイプがつながっていないのです。だから占いは当たらないのです。結果的に口からでまかせを言っているのとたいして変わらないのです。

 困ったものです。実はそういうインチキ占い師は、自分では立派に占いしていると思っているのです。なぜって本人には画像が見えているんですから。それが自分の潜在意識の浅い部分からの物であっても、まるで神のご神託とでも思ってしまうんです。チャネリングなども、本人の潜在意識からしか引っ張ってきていないケースが9割だと本に書いてありました。これとまあだいたい同じことです。

 先日ある人に聞いたのですが、その人はおもしろ半分にタロットをやってみたら、あまりに良く当たるので怖くなってやめてしまったといっていました。占いに詳しくなくても魂のレベルが高いとよく当たるんです。いくら占いの勉強しても魂のレベルが低いと当たらないということなんです。それにだいたいテレビに平気で出てくるような占い師は、魂のレベルが高いわけはありません。そもそも占いの意味を理解してないからそんなとこに出てくるのです。ちゃんとした占い師はそんなところには絶対に出て行きません。

 実は占いをつかうことで、未来を作り変える事も可能なんです。まあ使い方しだいなんですけど。レベルの高い占い師はそんなことはよくわかっていますから、迂闊に人の運勢に干渉するようなことはしません。当然テレビなどにも出るわけがないのです。(ちなみに未来を作る能力は全ての魂が持っています。)

 意識のイメージ化能力を持っている人が魂のレベルを上げていくと、他の人の前世透視などもできます。今はインチキ占い師でも、本人の勉強しだいでは将来本物に成れるかも知れません。もちろんその勉強とは、イメージ化能力を上げることではありません。神のことを理解し実感することが大事なのです。そうでなかったらいつまでもインチキのまま(笑)

 ついでに、易やタロットと霊感による占いの違いを書いておきましょう。易やタロットは、(私は「導き」といってはいるのですが)いわゆる意味のある偶然の一致を意図的に発生させるものです。厳密にいうとちょっと違うのですが「共時性」とよばれたりすることもあります。これの利点はイメージなどは見れないので、占う内容に制限は出ますが自分自身の無意識や意識のレベルの思考を使わないので、そういう物に邪魔されないですみます。私が易をやるとき、リラックスさえしていれば、精神集中などしてなくてもできます。それでいて、占ってもらった人が意図的に未来を変えなければ、ほぼ100%あたります。そういう意味では楽ですね。

 霊感占いをレベルの高い人がやれば、もう占いのレベルは超えています。前世まで見えるんですから、ただそこまでのレベルに行っている人はかなり少ないです。前に書いたような理由でインチキ占い師が多いのもこっちの方です。あと低級な霊などの干渉も考えられます。同時に無意識レベルの思考に影響されたりするのでなかなか難しいのが現実です。ちなみに本物の霊感占いの人は、当然タロットとかも出来ます。本人が霊感占いは出来るけど、タロットは出来ないなどと言ったら、まず間違いなくその人は偽者です。

 くれぐれも、インチキ占い師に惑わされないように、ご注意ください。(笑)
(2002/04/06)


魂の部屋に戻る