アリキューカ

魂の部屋に戻る

 早いもので、あっという間に一ヶ月以上たってしまっています。その間に相変わらずいろいろなことがあってなかなか大変です。で、何が大変なのかというと、まあ、いろいろとあるんですよ。(笑)

 今回は前に少し書いた、会社のことを書きます。アリキューカとはその会社の名前なんですが、いったいどういう意味のある言葉なのでしょう、良くわかんなかったりします。でもまあ確かに言えるのは、向こう側(霊界)から決めてきた社名のようで、なんか非常に良い響きの言葉のようです。まあ言ってみれば社名もついてるって事ですね。

 で、本題に入ります。前に新しい企画の会社でおそらく世界中で同時進行で話が進んでいると書いたのですが、正直に本音を言うとちょっと違っていました。というのも、本当はどっかの国でもう始めていて、それと同じ仕様で追随するのなら簡単で良いななどと考えていたのですが、やっぱ世の中はそんなには都合良くいかない物ですね。まだよその国では経ち上がっては来ていないようです。結局は人の物まねで済ましてしまうというようなことは、私の指導霊も許してはくれないようです。(笑)

 まあそんなこんなで、まだ途中ではあるのですが、ホームページがある程度かたちになってきたので、ここで宣伝しておこうという考えであります。とはいっても唯の宣伝というわけにも行かないので、このコーナーらしき解説をつけておきます。

 まず仕事を始めるいきさつを、書いておきます。簡単に言うと私が今回の人生で生まれてきた第一の目的はこの会社を作ることにあったわけなのです。いわゆるバースビジョンというやつで、生まれる前に一生のうちでやることの設計図を書いて来ていて、いまこの時期になったら、新しい会社を始めるということを、自分自身も参加しながら多くの精霊達や今回の人生で私と深くつながりを持つ予定の人間(魂)と打ち合わせのうえで生まれてきたということです。

 そこでちょっと意外と言うか、容易周到というのか、会社の後継ぎとして生まれてくる予定の霊(生まれた直後は子供だけど)まで決められていたのです。この人(順調に行ったなら私の子供になるのだけど)が無事にこの世に生まれてこれるかどうかは、予定通りに会社が建ち上がって稼動を始めていることと、母親の予定者の決断にもよるのですが、何にせよ将来のことはあくまでも予定であってどうなってしまうのかは判らないのだけれど、私としてはここまで来たんだからもうやるしかない。予定通りに全て順調に行って欲しい。という感じです。だっておおぜいの人や霊がこの件に携わっているのですから。

 ということで、会社の内容なのですが「アリキューカの設立趣旨書」とでもいったら良いのでしょうか、この文章が出来てくるまでが最初のステップでした。内容を読んでみたら判ると思いますが、まあ普通のこの世の人間の発想だとちょっと思いつかないですよね。この後で「魂の癒し」の部分に重点を移動したのが現在の会社の趣旨になっているのです。とりあえずその文章をここに入れてしまいましょう。わかりやすいように色を変えておきます。

来世の自分へのメッセージ

輪廻転生により貴方はまたこの地球(現世)に戻ってきます。貴方が今生の記録を残すことにより、 来世においてより価値のある人生を送る為の手助けになります。
記録は100年残されます。

このサービスを始めるにあたって

 このサービスはスピリットたちの導きにしたがって開始します。最初の段階では、単にそれぞれの人の思い出を預かっていくだけのサービスを考えていたのですが、そのころから盛んに霊界よりメッセージが来ていて「輪廻転生」というキーワードを送ってきていました。正直に書くとそれに気づいた段階でも、まだ私にはこのサービスの目的が理解できなかったので、それからあらためて輪廻転生の勉強を始めました。もちろんその間もいろいろ必要なアドバイスが来ていました。
 ようやくこのサービスの意味が理解出来るようになったので、とりあえずサービスを開始します。ただ少しだけ心配なこともあります。このサービスが完全に軌道に乗ってしまえば、魂の成長のきっかけとして、大変大きな意味があります。しかし真にこのシステムを有効に活かすためには、世界的な規模でのネットワークが必要になります。それは来世において今回と同じ国に生まれるという保障はないからです。私自身でわかっているだけでも、古代ギリシャ、ローマ(イタリア)、ネイティブアメリカン、スイス、インドに住んでいたイギリス人など様々な場所に生まれているのです。とりあえず英語での表示は用意はしますが、やはり(株)アリキューカだけで世界的な規模にすることは、とても手に負えないのです。しかしそれについては、神は世界中で同時に同じような企画を進行していると予想しております。おそらくそう遠くない将来に同じ使命をもった人たちとネットワークを組めると考えております。

輪廻転生について

 すでに多くの人たちが輪廻転生について理解をしております。もしもまだ疑問に思えているようでしたら、ブライアン・L・ワイス氏のベストセラー前世療法などを読んでみることをお勧めします。

 魂は現世に、経験を積むという勉強にきております。そのときにはいくつかの課題をもって現世に来ているのですが、必ずしも毎回その課題をクリア出来る訳ではありません。もしも今回の人生でその課題を達成できなかった場合、来世においてもまた同じ課題に取り組まなければなりません。最悪の場合、同じ失敗を何度も繰り返してつらい思いを繰り返さなければならないこともあるのです。

 また魂は前世ではたせなかった希望をかなえようとして生まれてくる場合もあります。それは課題であると同時に魂の夢なのです。

 ひとつとても重要なことを確認しておかなければならないことがあります。魂が人間に生まれ変わるときにそれまでの記憶をほとんど忘れてしまいます。それは様々な経験をするために必要なことなのですが、ある時期に思い出す必要が出てくるのです。また夢をかなえるためにも思い出す必要があるのです。

霊的な開眼について

 霊的な開眼において、自分がスピリチュアル(霊的)な存在であることを理解して、納得することが最初のステップになります。そのときに自分の前世の記録を見ることは霊的な開眼に向けて大きなきっかけになることは間違いありません。そして来世における課題のクリアにむけて重要な参考になるのです。また自分に向いた職業などを思い出したり、魂の夢を確認したりすることにも役立ちます。
 また既に魂が開眼していてある程度のことを理解し、実践できるのであるなら、何を知っているのか、何が出来るのかを記録しておくと来世での成長の目安になります。
今生の記録を残しておくことは、来世の自分自身への大きなプレゼントになるのです。

もうひとつの意味

 私たちが死んだときそれまでの人生で経験したことを一瞬のうちに思い出します。そのときの相手の気持ちも すべて感じ取ることが出来ます。私自身子供のときにひょんなことでこの経験をしました。子供ながらにたいへん多くの反省と感謝を感じたことを覚えています。たった十数年の記憶で大変多くの反省があったわけですが、これが長生きした場合どれくらいあるのでしょうか。死んだ後ですべての人がこの体験をするわけなのですが、その多くの反省や感謝の気持ちなども残念ながら魂に戻ってからでは遅すぎになります。多くの反省はまた生まれ変わって償わなければなりません。しかしまだこの世に生きている段階で自分の人生を振り返り、反省すべきことは心のそこから反省してしまえば来世での負担はずっと減らすことが出来ます。来世の自分へのメッセージを文章にして残す過程で現世での失敗などを深く反省し、文章に残すことは大変意味のあることなのです。

来世の貴方にどのようにしてメッセージが届くかについて

アリキューカでは、インターネットを利用してだれでも情報を見れる状態にして保存していきます。
 私たちはガイドスピリットや守護霊に守られ、導かれながら生活しています。知らず知らずのうちに実に様々な形で私たちに信号を送ってきています。ガイドスピリットなどは来世の貴方にとって前世の情報が必要になって、それを消化できるようになったとき、あなた自身が残したメッセージに来世の貴方を導きます。おそらくかなりの確立であなたは自分のメッセージを見ることが出来るでしょう。
 このスピリットたちが貴方を導く方法は、私にこのサービスを始めさせたのと同じように働きます。貴方が普通に生活している限りまず問題はありません。貴方が来世に生まれ変わって、通常の意識、無意識のレベルでは忘れてしまいますが、貴方の魂は、貴方がメッセージを残していることは忘れないのです。

メッセージ作成の上での注意事項

 写真もお預かりいたします。顔写真や家族と一緒の写真などでも良いでしょう。jpeg形式で保存してください。デジカメでとることが出来ます。(写真でも可)

 貴方がもしもその前世の自分に質問できるとしたら何をききますか。まずどこに住むどんな人間であったかという情報が一番必要になるでしょう。家族のこと、仕事のこと、いろいろとあるはずです。どこに住んでいたのかと言うことは、もしかしたら非常に役立つかもしれません。なぜなら来世の貴方が、今貴方の住んでいる場所に来て、何か非常に重要な気づきを得れるかもしれないのです。それがきっかけで大きく霊的な進歩が起こるかもしれません。本人であることを確認するために、いろいろな事への興味、趣味なども重要になります。生まれ変わっても趣味などは変わらない場合が多いようです。
 人間関係に関する情報も重要だと思われます。その中に来世の課題となるものが含まれていることが考えられるからです。
 さて、情報は多ければ多いほどいいのですが、最も大切なことは「想い」です。一緒に暮らした人たちに対する正直な気持ちを書くことが必要です。感じていた愛情、感謝、もちろんその他の気持ちも出来るだけ書いたほうが良いと思います。また、果たせなかった夢、人に迷惑をかけたことや、失敗してしまったこと、人生の中で悔いが残ることなどは特に重要です。来世の自分が上手に人生を送れるように出来るだけ貴方の魂の声にしたがって重要だと思うことは是非書いておいてください。

アリキューカメイトについて

 輪廻転生への理解、メッセージの作成の方法などについて、アリキューカメイトが説明およびお手伝いいたします。しかし出来るだけ全ての作業をご自分でなさることが大事です。それによって来世に持ち越す荷物を減らすことが出来ます。コンピュータ、ワープロなどが使えなくて、TEXT文章の作成が出来ない場合などはアリキューカメイトに原稿をお渡しください。

システムの継続および料金制度について

 私たちは100年にわたってお客様のデータを預かるわけです。100年後には当然私もこの世にはいないわけです。当初このシステムをどのようにして維持していくかは非常に難しい問題だと考えておりました。契約によって自らの会社を縛り、会社存続とサービスの継続を図る方法なども当初は考えましたが、このサービス自体が神の意思であることを考えると今ではあまり心配しておりません。必要になったときにはそのつど、このシステムの後継者が導きにより現れることを私は強く信じております。またこれに携わるメンバーの全員がスピリチュアルであることも重要なことだと考えております。

 100年間メッセージをお預かりするアリキューカ料金は、8万円です。これには英文に翻訳する費用も含まれております。

 とまあ、こんな具合になっているんです。ちなみにまだまだいろいろな作業の途中で、いまはスタート台から一歩足を踏み出したばかりなのですが、つくづく思うことがあります。今までの私の人生での経験のかなりの部分が、こんどの会社設立の為の準備というか、そのための練習であったと言うことなのです。この「魂の部屋」や「商売のすすめ」なども、将来やる予定であった新しい会社の準備の一環であったのです。別な言い方をすると、私自身で気がつかない間に、40年以上かけてアリキューカという会社の設立の準備をしていたのだということです。あらためて思うのは、霊界とこっち側では時間の経ち方が違うということなのですよね。こっち側の感覚だけだと40年以上かけて準備をするなんて、気が重すぎますよね。まあ、終わったことだから良いですけどね。(笑)

というわけで、株式会社アリキューカのHPへのリンクをはっておきます。ぜひご覧になってください。(現時点ではまだ工事中が混ざってます。)

(2002/05/22)


魂の部屋に戻る