ACADEMY 1/72
SR-71A
BLACK BIRD



お手付きキットばかり増えて、なかなか完成にこぎ着けません。
そこでヤフオクでAH-1Sコブラをゲットした時に、抱き合わせで付いてきたブラックバードを作ろうと思いますw
パーツ数が少なく、すぐ形になりますがそれなりに古いキットなので、反りやヒケ修正に手間が掛かります。H社のブラックバードと比べてアカデミーのは凹線になっているので
多少は工程が減るかもしれませんw
1/72ですが、完成するとやたらデカイので要注意!!


■ 着手日 2014
■ 完成日 2014
   
■ 撮影 桜酒
■キャノピーの合いが悪いです。完成を急ぐので無視しました(´д`)
パネルラインでのパーツ合わせ目が大きく隙間があいてしまうため、接着後にパテ埋め、あらためてラインをスジ堀り直します。これを全パーツ繰り返します。まあここらへんは古いキットですので、いたしかたなし。
ろくすっぽ調べないでピトー管を真鍮線で作り直したら十手みたいになっちゃった、、、
本物は機首根元に向かって径が太くなる円錐状のようです。

実機にあまり興味が無い(爆)とだいたいこうなる。

キャノピーの白、赤ラインは手書きなのでしっかり見ないでくださいw
この当時は透明部品にデカールという手段を考えなかったのかな?
今の水準に慣れてしまっているので、コーションデカールの精度が低くて、なるいw
■塗装は黒にグレー、ブラウンを混ぜてツヤあり塗装、デカール貼り付け後に半ツヤコートとします。
汚しはパネルラインごとマスキングしてグレー系をグラデ塗装、フィルターでブラウンなどもふんだん吹き掛けますw
実機はかなり汚れてるようですが、やりすぎは良くないのでほどほどにしました。空気摩擦を誇張したかったのでスパイクコーンや翼前縁などをメタルカラーのダークアイアンで
ドライブラシして「あります。
ランディングギアは反射的にホワイトで塗った後で、本物は黒塗装と気付く(泣)
脚まで黒かよ、、、渋々際塗装。

しかし大人数で雨風しのげそうですな
■完成後ただちに置き場所に困る
(´д`)