-The supply of data- BIKI JAPAN LTD
exclusive licencee for Japan.sann freres S.A   distributer of Japan.BIKI JAPAN LTD.



イタリア陶芸界の鬼才ジュゼッペ.ピッコーネはナポリ湾に浮かぶ小さな島、イスキア島に初めての陶器工房を開きました。
イタリアンブルーの海、古い家並みの白壁と赤レンガ、ぬくもりのある木肌、太陽の輝き、映画「太陽がいっぱい」「リプリー」の舞台にもなった南イタリアの自然そのもののイスキア島。
ピッコーネのトレードマーク「小さな神父アルチビオ」とピッコーネの独特のカラーリングはここ、イスキア島で産声をあげたのです。

ピッコーネ.ブランドヒストリー

オリジナリティー溢れる
“Archivio”(アルチビオ)というニックネームの司祭のキャラクターがトレードマークとして使われているピッコーネは、上品で遊び心を感じさせるイタリアンカジュアルを展開しているブランドです。

そのピッコーネの基本テイストを生み出しているのがイタリアのアーティスト
“GIUSEPPE PICONE”(ジュゼッペピッコーネ)が創造する画や陶器です。ピッコーネのブランドマーク「アルチビオ=小さな司祭様」は、ナポリの陶芸作家の息子ジュゼッペ.ピッコーネが陶器に絵付けを始めたことから誕生しました。

土の温もりの様な暖か味のあるこのイラストは白いTシャツにプリントされると、南仏のリゾート地を皮切りに大評判となりました。
ナポリの自然のような明るい色で陽気なアルチビオのモチーフは、ローマでのブティックオープンから長い歳月を経た今も、毎シーズン発表される新作Tシャツを始めとするリッチなオフタイムウェアとして多くのファンを魅了し、彼のテイストは素朴な優しさを感じさせ、多くの人々の共感を得ています。




左写真、左より「GIUSEPPE PICONE」、「PICONE shop in Italy」、「PICONE shop in Japan」


もどる