魚種名をクリックすると「WEB魚図鑑」のリンクに飛び、説明と写真が見られます。

 浜名湖で釣れる魚は、全体的に見ると小物(主に幼魚)が多い。サビキ釣りで釣れるアジやイワシ、サバ、サッパ、コウナゴ等も、
平均して10cm代。チョイ投げ釣りでは、キスやハゼ、チンタ、セイゴ、カレイ、ベラ、メゴチ等の小物が中心である。成魚では大型
に成長するマダイやヘダイ等の魚も、浜名湖では幼魚が中心で、成長するに従い、外洋の遠州灘に出て行ってしまう魚種が多い。
 外洋から回遊して入湖してくるメッキやアブコ等も同様である。浜名湖は、多くの魚達にとって、「ゆりかご」のような存在である。
  しかし 今切口周辺や舟釣りで澪筋の深みを攻めれば、数十cm代のクロダイやキビレ、スズキ(マダカ)、ヒラメ、マゴチ等の
   大物を釣ることもできるし、堤防や岩礁でメバルやカサゴ、クロソイ、アイナメ、タコ等の根魚を狙えるのも魅力の一つである。
    奥浜名湖の都田川の流入がある河口周辺では、ウナギやテナガエビも狙えて、秋口はハゼ釣りの一級ポイントでもある。
    全体的には湖岸からのファミリーフィッシング向けの小物の五目釣りが主体ですが、大物も含めて多くの魚種と出会え、
     多彩な釣りのスタイルで初心者からベテランまで熱くさせる浜名湖の主な釣魚を、以下に記して分類してみました。


           
                    <魚種名は、浜名湖で一般に使われている簡単な和名で記してあります>

                                 
                                  【ブラウザの「戻る」ボタンでお戻りください】 
★「浜名湖の主要釣魚」は、浜名湖での対象魚や人気魚種
        
          (注)
★「浜名湖の釣魚」は、普通に釣れる魚種や対象魚の外道、大型魚の幼魚等 
         
         
      
 
★「浜名湖の危険な釣魚」は、体内に猛毒&鰭、尾に毒の棘を持つ魚種  【フグ毒関連:「東京都市場衛生検査所」のHPへリンク】
     
 <注意>* フグの仲間は体内に猛毒を持っています。素人料理で食べるのは厳禁です。
      
* 稚鮎は静岡県漁業規則で、10月〜翌5月まで海水面で捕獲が禁止です。