上のリンクをクリックすると各ページへ移動します。

藍染め

01

草木染めの多くは媒染剤を用いて定着させます。が、数少ない例外としてあげられる草木染めの代表格が藍染。媒染剤を必要としません。大気中や水中の酸素による酸化によって、色素が不溶化します。
また綿でも麻でもよく染まります。
というか繊維の表面にべたべた付きまくります。

以下、簡単に説明。
藍を使った染めの仕組みや方法はちょっと検索すればいくらでも引っかかってくるので、詳しく知りたい方はよそのサイトを参照していただくか、お近くの書店や図書館へどうぞ。たくさんあります。

タデアイが生きてる状態では、葉の中にインディカン
indican(グルコースとインドキシルIndoxylの脱水縮合)という無色可溶性の化合物が存在します。葉っぱが摘み取られたり傷ついたりすると、植物中の酵素によって加水分解しインドキシル(オキシドールの構造異性体)になり、空気中の酸素によって酸化されてインディゴIndigo(暗青色)となります。

インディゴは水やアルコールには溶けず、藍として手元に保存されているときはインディゴの状態になっています。この状態でも、顔料として絵画や陶芸などに用いられています。
いわゆる「すくも」もこの状態。
染めに使うときにはこの不溶性のインディゴを再び可溶性にしなくてはならない…。


インディゴは還元するとロイコ体(ロイコインディゴ、黄緑色)というアルカリ性水溶液に溶ける状態になる。伝統的な手法として有名なのは、すくもに石灰などを加えてアルカリ性にし、天然の還元菌によって還元させ、いわゆる「建て」た状態にする。
(ここから、酸化還元による染色を建染めと言うみたい)。
薬品を使えばずっと簡単。水酸化ナトリウムとハイドロサルファイト(亜ジチオン酸ナトリウム)を加えた溶液にインディゴを溶かしてできあがり。

ロイコ体となり溶けている状態の藍液に生地を投入、引き上げて空気にぱたぱた(水の中で泳がせてもいい)、あっという間に黄緑色から暗青色へと変化します。

いろいろと面倒くさそうな事を書きましたが、今では市販の合成インディゴを買ってくれば誰でも藍染めができます。合成も天然もインディゴ自体は全く同じもの。不純物があるかないかの違いだけです。その違いが大きいとも言えなくもない…。

藍染にはいろいろな染め方があり、また国によっても違いがあります。次回、いくつか紹介。

参考
Wikipedia

次へ

藍染の絵本 つくってあそぼう


藍は生きてる 九条寝藍座


藍染おりがみ絞り 新版

市場染色工房・雑記
染色と科学

市場染色工房では富士の自然・光・風をテーマに型絵染め、富士山麓の恵みをいかした草木染め、紅型、手描き等いろいろな染めを研究、創作しております。
ご意見ご感想等はこちらへ。

本ページ以下の本文、図、写真の無断での転載等はおひかえください。ぜひ事前にご一報ください。
市場勇太