◆トップページ    ◆松崎町議会・議案審議・一般質問
寿 通信   松崎町情報公開条例   ◆議会の仲間たち
    


  平成25年3月5日より 町議会第1回定例会
 会期ー3月5日より-22日まで --18日間
議長の諸報告
町長の行政報告
1町営観光施設状況について
2松崎町第5次総合計画について
3公営企業会計1月末経営状況について
4クリーンピア松崎について
提出議案36条例規約18補正予算7当初予算10
その他1
主なもの
 予算総額37億2、300万円  防災最優先

 平成24年12月11日より 松崎町議会第4回定例議会
   会期ー12月17日まで、7日間
    議長の諸報告
    町長行政報告
1、防災対策に係わる県への要望活動について
2、町営観光施設の状況について
3、冨貴野山21世紀の森事業についての報告
4、公営企業会計10月までの報告

議案ー第66号ー
松崎町廃棄物処理施設周辺整備基金の設置。管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例について

雲見区において実施された次の工事等について、事業財源に充てるため松崎町廃棄物処理施設周辺整備基金を取り崩すもの

1.千貫門遊歩道改修工事地元負担金(7,052,000円)
2.雲見区公民館改修工事(2,759,000円)
3.雲見区簡易下水道施設改修工事(1,560,000円)

これにより基金を「37,842,000円」から「11,371,000円」取り崩し、「26,471,000円」に減額するもの

議案ー第67号ー
平成24年度松崎町一般会計補正予算(第4号)について

歳入の主なものは、普通地方交付税の確定分差額として184,895千円、平成23年度決算による繰越金確定差額28,112千円をそれぞれ増額する。南郷橋耐震補強事業等に係わる国庫交付金の増などで、国庫支出金が13,931千円増、観光施設整備事業補助の増などで県支出金が7,452千円増を計上した。

歳出の主なものは、財政調整基金へ115,723千円積立(地方財政法による前年度剰余金の一部積立金として64,056千円を含む。積み立て後の年度末残高見込617,678千円)、次年度以降の公共施設整備への備えとして公共施設整備基金へ100,000千円積立、南郷橋耐震補強等の橋梁工事費16,000千円など。

議案ー第68号ー
固定資産評価審査委員会 委員の選任について

固定資産評価審査委員会 委員 石田博之氏が平成25年1月21日で任期満了となるため、再任するもの。

議案ー第69号 教育委員会委員の任命について
           山本正子氏
     第70号 同上 委員の任命について
           梅木左緒里氏
     全員賛成          以上
 


     24年9月松崎町議会第3回定例議会
         会期 24年9月11日〜24日迄
         議長報告
        町長行政報告
1、 町営観光施設入館状況について
  大変厳しい状況が続いている。

2、 企業会計7月までの報告

3、 那賀川水系河口周辺治水対策委員会について

委員会では水門の答申が出ましたが、これからが大変だ。
議会、県、ハーアドルが高い。なぜかといえば、以前水門建設は
反対で、再度建設申請は難しい。
 県知事はどちらかといえば、避難路、避難塔に、重点を置いて
 いる。とにかく急いで、高いところへ逃げましょう。

       一般質問に続いて議案審議
  抜粋 報告第4号ー財政健全化判断比率について

    「大変良い実質公債比率6、2% 」                     しかし良いのは町民に何もしないことだ、町の活性化を
    考え、元気で明るく楽しい街づくりを願うものだ。
 
第46号ー一般会計補正予算第2号
     歳入歳出に、87、219千円を増額とする
   歳入の主なもの町税が減500万、「個人住民税減
       600万、固定資産税、増1、000万円」
  町道星山線分担金削除、国庫補助金・高齢者医療精算金
  12、936千円等歳出総額に不足する71、867千円は
   地方交付税を増額するもの

   歳出の主なもの、雲見石部災害復旧事業費16、250千円
   林業再生事業6、378 千円重文岩科学校公衆トイレ
             4,068千円、
   区長会被災地視察1、864千円
   消防団本部被災地視察1、357千円
   防災ラジオ1、357千円、
   他等経費を盛り込んだ。


     「一部修正議案の動議なされ、動議成立」

   区長会・消防団 被災地視察の予算は否決した。
  震災後1年7ヶ月もたって何の検証になるのか。
  町税の約322万円は無駄使いになる。
  議会の震災視察研修費は、自費(約7万円)+一部補助で
  行きました。(昨年7月)
  
  区長会と消防団は自費で行ってはいかがでしょうか?
  昨今、ボランティアも少なくなっているようです。

   今後町も、国保税、水道料金等の値上げが迫っていること
  や、地域の防災避難塔など早急にやらなれればならないこ
  とを、手付かずでいる状況である。   
  無料旅行券の予算が取れるなら、万が一の災害時のため
  に、松崎町災害基金条例を創設し、積み立てておくべきでは
  ないか。 以上の理由から、予算を修正して予備費へ
  まわしました。
  


                     
   後期高齢者・介護・集落排水・等補正予算可決

   51号ー松崎町決算認定ー可決認定する

   52号ー国民健康保険特別会計決算認定ー可決認定
     もう少しで基金もなくなり大変になっている
 
   3地区集落排水決算認定    可決決定
  しかし滞納している方がいる。努力すること。

   58号ー小型動力ポンプ付き積載車購入
     第B分団1小隊と第5分団1小隊

    教育委員会委員の任命
       松本一男氏     全員賛成可決
    9月定例会主なもの抜粋してあります。


 24年6月12日より
      松崎町議会第2回定例会
議長諸報告
町長行政報告 町長入院の為 職務代理者 松本忠久副町長
会期  6月12日
1、消防公域化の状況について
2、町営観光施設について
3、花のさく町推進事業について
4、松崎町振興公社の法人移行について
5、伊豆トレイルランニングについて
6、公営企業会計4月末現在状況について
7、町道星山線について
8、那賀川水系河口治水対策委員会について
9、県代行事業山口雲見線埋蔵文化財出土について

議案第33号ー24年一般会計補正予算について
歳入歳出に55、908千円増額し主なものでは大雨による町道の
災害復旧工事、町道星山線調査測量、不足額は財政調整
基金取り崩し充当する

  24年3月松崎町議会第1回定例会

議長報告     会期  3月6日〜3月23日

町長行政報告
続いて一般質問

主な議案の抜粋します・

議案第6号ー松崎町税条例の一部改正する条例について
賛成多数
議案第8号ー松崎町介護保険条例の一部改正する
条例について
  
全員賛成
議案第9号ー共立湊病院組合規約の全部を変更する契約
全員賛成
補正予算については年度末による精算調整

議案第19号ー平成24年度松崎町一般会計予算について
予算総額33億4000万円 前年比5000万円減
主な事業,南郷の橋耐震補強整備、テニスコート改修、
津波監視カメラ、伊豆とれいるランニング大会助成
マスコットキャラクター制作費他     全員賛成

第20号国民健康保険特別会計予算について

21号後期高齢者医療保険特別会計予算について

22号介護保険特別会計予算について

23号水道会計予算について

24号24年温泉事業会計予算について

25号24年松崎町営宿泊施設「伊豆まつざき荘」事業会計
予算について




   24年2月8日
報告協議事項
1、後期高齢者医療保険料の改定について


町議会第1回臨時会     24年1月30日 9時より
 議案第1号ー松崎町立幼稚園統合に伴う関係条例の
整備に関する条例の制定について

目的
 第1条 この条例は松崎幼稚園の防災対策に関し、
1園に統合されるまでの間、津波被害防止対策を
講じることにより園児の安全を確保することを目的とする。

 1園に統合する文言が明記され、今後は早急に安全
な場所を考え園舎を新築されることを願うものです。
      合意にいたり  全員賛成になった。
 前回は十分に議論もなかった、 当局も議会も子供の安全
願うのは同じことだ、議会も切磋琢磨、意見具申するのは
当たり前だ批判、けん制、監視、チェック機能を発揮しなければ
ならない、その中で一番いい条例制定を求めていくのです。
行政は、無駄をなくし町民の税金を有効に使っていただきたい。

議案第2号ー幼稚園通園バス使用徴収条例の制定について

バス使用料は、月額1、000円とする。賛成多数
子育て支援もふくめ、保護者の負担も軽減し、こちらも前回2、000円のところ、減額された。

議案第3号ー松崎町一般会計補正予算について
予算は660万円追加補正
バス購入代金560万円、他100万円
      全員賛成

以上で、臨時議会終了

             迎春
昨年はいろいろとお世話になりました、選挙もご支援いただき心より
お礼申し上げます。本年も議会活動に頑張っていく所存であります。
皆様の健康とご多幸をお祈り申し上げます。
平成24年元日  一瀬寿一   後援会

松崎町議会第4回定例会 

     平成23年12月14日  会期14-19日
      議長報告
      町長 行政報告 
1、町営観光施設入館状況について
 どの施設も20%近く減収、政治も経済も大変厳しい折
   地震・津波・原発、散々な一年であった。

2、第4次総合実施計画について
24年より3年間 新規10件合計73件3ヶ年ごと見直し

3、公営企業会計23年10月末経営状況について
水道事業・温泉事業は、今の所異常なし

続いて一般質問7人が壇上に上がり質問する
        議会だよりに掲載
議案数10 条例改正6 規約改正1補正予算1その他2

議案第56号ー職員の給与に関する一部改正する条例
0、15%引き下げ、特に40歳以上が多いい、400円から2、000円
        全員賛成
57号ー消防団員等公務災害補償条例について
58号ー税条例一部改正する条例
59号ー社会教育委員一部を改正する条例
      いずれも問題なく全員賛成

議案第60号は、町立幼稚園統合に伴う条例制定について
条例は4園を2 園に改めるものー中川園と岩科園
  議論伯仲   議会としては、安全第一として1園計画で
進んできている、今回の地震津波によりできるだけ高台へ建設
し統合させるべき、そこで中川は、海抜22、5 m何とか安全が
保てる 議論が足りない・将来見据えた考えも、通園バスも無料
にしていただきたい父兄も多い、アンケートでは75%近く1園で
賛成
   意見として結果も出ている 最後まで話し合うこと。
   当局は、希望園を話しているが父兄から中川園に
   希望者多いとのこと
議会として7名により申し入れ書を提出している。
賛成少数  否決  次回に持ち越し

 61 号は、議案の取り下げ
 62号ー加茂地区障害者推進協議会一部規約改正について
    全員賛成

議案第63 号ー一般会計補正予算について
  歳入歳出に179、202千円を増額して補正後の額を41億
 22、059 千円したものとする。普通交付税確定分159、581
千円繰越金確定差額分31、081 千円その他・
歳出では1億48、000千円積立る.積み立て後5億22、567
千円になる 江奈門野線工事20、000千円、太陽光発電補助
3、500千円・その他  幼稚園統合関係予算経費は、削除
    賛成可決
64号ー図書館システム売買契約再度審議の結果  
全員賛成

諮問第1号 人権擁護者の推薦について
山本正子氏  全員賛成
         12月定例会終了

   町議会第3回臨時議会   23年11月25日               議案55号−22年繰越地域活性化。住民生活に光を注ぐ交付金
 松崎町立図書館図書館システム売買契約について
 契約金額 10、096、800円
 日興通信株式会社
              議会は否決  
否決の内容は契約に記載ミスがあり、正しい契約がなされて
いないためもう一度契約する事、当局の大失態、今後この
様がないように謝罪すること。

  松崎町議会第3回定例会
 平成23年9月13日      会期13〜26日               議長報告
町長行政報告
1,町営観光施設について報告
2、公営企業会計について報告

      続いて一般質問

1,報告2号3号
財政健全か判断比率について。公営企業資金不足比率
について、実質公債比率7、2% 県下第2位

議案第36号ー暴力団排除条例について

議案37号ー特別職の職員で非常勤の報酬を及び費用弁償
について
   那賀川河口治水対策委員会の内特別な知識の方
       報酬を20、000円にする・  反対否決
    決めないでその都度考えて支払う
   又考え方が、片寄ってもいけない、
第38号ー税条例の改正   全員賛成

第39号ー23年一般会計補正予算第2号について    
第40号ー国民健康保険補正予算
第41号ー後期高齢者医療特別会計補正予算
第42号ー介護保険特別会計補正予算
第43号ー雲見集落排水特別会計補正予算
第44号ー松崎町水道会計特別会計補正予算
第45号ーまつざき荘事業会計補正予算
第46号ー平成22年度一般会計決算認定について

会計管理者の説明に続き監査報告する。
        
      質疑になる
第47号ー国民健康保険特別会計決算について
第48号ー介護保険特別会計決算について
第50号・51号・52号は、岩地、石部、雲見集落排水事業
決算認定について 
議案第53号ー消防ポンプ車の契約について
         意見書案
    浜岡原発の永久停止・廃炉を求める意見書案
        賛成多数・可決
以上9月定例会

   松崎町議会第2回定例会
 平成23年6月24日    会期14〜24日
        議長諸報告
       町長行政報告
 1、町営観光施設の入館状況について
 2、花の咲くまち推進事業の実績について
 3、公営企業会計4月末経営状況について
 4,指定金融機関事務取扱契約更新について
 
  続いて一般質問
 藤井要・鈴木源一郎・関唯彦・高柳孝博・一瀬寿一。

 報告第1号ー平成22年度松崎町一般会計繰り越し
 明許費の報告。

 議案第27号ー松崎町消防団条例の改正について
 組織法・団長、副団町は、町長の任命となっていたが副団長
 の 任命は、団長の任命とする。全員賛成
 
 議案第28号ー税条例の一部改正について
 個人住民税の雑損控除の特例、住宅ローン控除の特例
 被災住宅用地の特例等の改正  全員賛成
 
 議案第29号ー松崎町国民健康保険税条例の
 一部改正について 特別会計の運営が大変厳しくなった
 ため 改正し収入の確保を図るもの、低所得者層に配慮
 して 6割4割だった軽減を7割5割2割にする。 賛成多数
 詳しくは国保の窓口へ

 議案第30号ー平成23度一般会計補正予算について
   歳入歳出に22、369千円を増額するもの
 利子補給10、000千円、災害対策費6、287千円福祉
 センター トイレ改修3、000千円海上交通利用促進
 事業1、600千円、
 不足する18、271千円は財政調整基金を取り崩した。
 その後の残金7億61、567千円になる。全員賛成

 議案第31号ー水道事業会計補正予算について
 水道メーター器の基準変更により予算の組み替え
 全員賛成
 
 議案第32号ー22年度老人保健特別会計について
  今年で終わり9月決算ですが精算分の処理を行う
 もの   全員賛成
 
 議案第35号ー松崎町営宿泊施設「伊豆まつざき荘」
 事業会計について
 総収益は、前年比15,4%減  収益における純損失は、
 46、992千円 赤字 当年度未処理欠損金は、61、537
 千円 となった。 宿泊利用率は、
 20年度 57%  21年度 49% 22年度 39,1%の
 結果 毎年こんな状況だと大変なことになる、今後当局も
 大改革 しなければならない、指定管理者も考えて?
  
 以上6月定例会です。



   平成23年松崎町議会第2回臨時会
    選挙第1号ー議長選挙について 5月2日

 斉藤重 5票  土屋清武 4票  白票 1票
  斉藤重新議長 に当選

 副議長 選挙について
 関唯彦 4票 鈴木源一郎 3票 土屋清武 3票
  関唯彦君 当選

 議案第24号ー監査委員の選任について
  一瀬寿一氏 当選
 農業委員の推薦について
  福本栄一郎氏

 議案第25号ー専決処分の承認を求める事について
  松崎町国民健康保険条例の一部を改正する。
  350、000円を390、000円に改める
  出産育児一時金の額です。
 
 議案第26号ー23年度パッカー車売買契約について
 指名競争入札の契約について
 7、871、600円で  有限会社、一瀬モータース
              代表 一瀬英樹 
    に決定する。

 議会全員協議会報告協議事項

 1,東日本大震災への対応について
 職員派遣2名 健康福祉課  岩手県へ 東野市
 物資援助 非常食1200食 毛布200枚 ハッサク225キロ
 義援金 日赤1845千円 共同募金468千円

 2,経済対策について
 町内企業経済の影響や、対応等について意見交換。

3、松崎新港防波堤の釣り利用について
 5月1日〜5月5日  午前9時〜17時まで
 水上バイクは、禁止です。
 大変好評であった。約2、500人来た。以上報告あり


東日本大震災  死者・不明・千数百人 国家の一大事
  被災者の皆さんにお見舞い申し上げます。3月11日
   日本にも、世界にもこんな大津波あるだろうか。

    平成23年松崎町議会第1回定例会 

        平成23年3月8日より 9時より

        議長の諸報告

        町長行政報告

 1・町営観光施設の状況について

   23年2月末現在7施設の状況・累計22年度
 まつざき荘 宿泊 18、785人  前年対比87、8%
 美術館  入館者 45、472人   =    102、6%
 岩科重文 入館者 27、136人   =    101、9%
 中瀬邸   入館者 21、411人   =    110、7%
 民芸館   売り上げ 14、957千円  85、9%
 三聖苑  利用者23、016人 売り上げ 27、378千円
       前年対比 95、7%         93、1%
 かじかの湯 入浴者 29、365人  94、3%
 収支・利益は、非常に厳しい状況が続いている。
    まつざき荘が特に赤字が続いている
    みんなで知恵を出し、今まで以上に頑張りろう。
 公営企業会計
 水道事業会計23年1月末・差引純利益25、845千円
 温泉事業会計           純利益6、460千円
 水道、温泉事業は、順調に進んでいます。

 2・富貴野山21世紀の森、分収育林現況調査の
   結果について
 杉、檜 26年〜30年生、1口〜50万円 総口数315口
 平成27年から契約期間満了になる。約1億6千万円・
 現況査定により、収益差額がだいぶ出る予想である
 当初は、大変良いことでしたが30年近くもたつと変化生じる
 株価と同じか、景気の関係で木材も左右されてしまう
 調査結果を見てオーナーと町にとって最良の分収方法を
 模索していくことになる。
 
 3・平成23年国政調査について
   22年度の国勢調査結果は人口7、642人
        世帯数  3、018世帯
 残念だけど、勤める場所もなく若い人が都会へ出てしまう
 松崎へ残ることを考え、知恵を出さなくてはならない。

 4・公営企業会計23年1月末経営状況について
 水道・温泉企業会計、上記の通りです。
 
 一般質問・7名登壇します・次回広報議会だよりで

 議案第3号ー松崎町廃棄物処理施設周辺整備基金
 管理及び処分に関する条例等の一部を改正する条例に
 ついて
 雲見地区ふれあいパーク整備事業に係わる地元負担金
 相当額分として 4、050千円取り崩し 
 残金37、842千円にしたものです。   全員賛成
 
 議案第4号ー平成22年度松崎町一般会計補正予算
  「第4号」について
 歳入歳出に30、488千円増額して、総額を38億2、764
 千円とする。
 歳入では、地域活性化交付金56、059千円地方交付税
19、303千円計上し、町税20、000千円を増額し
伊豆の長八美術館を始めとする入館料、売店売り上げ
41、257千円災害復旧補助金15、043千円・
災害復旧債6、700千円を減額した。

 歳出では、地域活性化交付金事業として、消防車両の購入
等10事業で67、918千円、自立支援給付14、250千円・
入札見積による、差金不要額58、000千円指定管理料の
減額22、540千円とし減額補正が多くなり
歳入歳出の差額を93、000千円を公共施設整備資金へ
積み立てる。積み立て後の基金残高4億4、300万円とした
もの 全員賛成

 議案第5号ー松崎町国民健康保険特別会計補正予算
「第3号」について
  年度末による精算的なものです。
 3、513千円追加し、総額を12億34、173千円とした。
   全員賛成

 議案第6号ー松崎町老人保健特別会計補正予算
 第2号」について
 2、231千円追加して、総額8、533千円とし特別会計
 廃止に伴い 返納金分を一般会計繰り出し金で精算する
  もの。 全員賛成

 議案第7号ー松崎町後期高齢者医療特別会計補正予算
 第2号」について
 歳入歳出から1、274千円を減額し補正後額を1億6、947
 千円としたもの、静岡県後期高齢者医療広域連合会納付金
 を減額するものです。  全員賛成

 議案第8号ー松崎町介護保険特別会計補正予算第3号」
 について
 9、832千円を減額し、総額を8億10、095千円にし
 年度末の精算するものである。  全員賛成

 議案第9号ー松崎町水道事業会計補正予算第2号」
 について
 給水収益が見込めるため3、948千円を増額し、消費税
 など の減により946千円減額したため純利益3、043千円
 増額して 23、957千円にすること。 全員賛成

 議案第10号ー松崎町温泉事業会計補正予算
 第1号」について
 当年度純利益2、335千円追加して、6、557千円にした
もの。     全員賛成  順調にいっている。

 議案第11号ー松崎町営宿泊施設「伊豆松崎荘」
  事業会計補正予算第2号」について

 事業収益を宿泊利用者の見直し29、500人〜21、980人
 に7、500人減にする。それにより95、712千円減額し
 事業費用を55、269千円減額したため、当年度純利益を
 40、416千円減額したため、マイナス24、059千円とする。
  賛成可決     

 最終決算の数字は出ておりませんが、およそ3、500万〜
 4、000万の赤字になるかもしれません。・
 今後まつざき荘については、このような方法が考えられます
 民営化か別法人か売却か、売却の意見は町民の方からも
 お聞きしています、良く考え議論を深めて、指定管理者の
 期日があと3年あるうちに検討していかなければならない
 「委託費」は町民の税金無駄にしてはいけない。
       私の意見
 
 議案第12号ー平成23年度一般会計予算について
 自主財源385% 依存財源615%
予算総額33億9千万円  前年比0,1%増
主な新規事業・海洋センター大規模改修50、000千円・役場
付近浸水対策20、000千円小学校運動場芝生化7、000千円
・住宅りホーム助成6、000千円地域おこし3、500千円農業
後継者2、680千円 他質疑応答 賛成多数可決

議案第13号ー松崎町国民健康保険特別会計予算について
予算総額12億

議案第14号ー松崎町後期高齢者医療特別会計予算について

議案第15号ー松崎町介護保険特別会計予算について

議案第16号ー松崎町水道事業会計予算について

議案第17号ー松崎町温泉事業会計予算について

議案第18号ー松崎町宿泊施設まつざき荘」事業会計
予算について
議案第19号ー岩地集落排水事業会計予算について
議案第20号ー石部集落排水事業会計予算について
議案第21号ー雲見集落排水事業会計予算について
議案第22号ー松崎道路線の認定について
議案第23号ー固定資産評価審査委員会の選任について

以上が3月議会に審議されます。
 一瀬寿一より


  23年の輝かしい新年を迎えられ、誠におめでとう御座います。
 今年は、統一選挙が御座います、町議会議員選挙が
4月24日に行われます。松崎町は、議員定数10名です、
また選挙戦になり皆さん方にご迷惑をおかけしますが
ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。混迷される国会、
政治経済も大変疲弊して、円高、デフレ、景気対策が送れてい
ます、伊豆の観光は今までにない状況です、年金、福祉、
医療制度、教育施策なと゛住民の意向を沿えて強く国県へ
要望して行きます。一瀬寿一後援会今年力一杯頑張ります
のでご支援ご協力をお願いいたします。

    平成23年松崎町議会臨時会「第1回」 23年1月31日 

 議案第1号ー漁港施設災害復旧事業21年災査定第5号
雲見漁港防波堤請負契約の変更について

議案第2号ー漁港施設災害復旧事業21年災査定第10号
石部漁港北防波堤請負契約変更について

       以上2議案です
 終了後

     議会全員協議会  10時より 協議報告事項

「1」地域活性化交付金について
「2」伊豆半島ジオパークについて
「3」平成の花とロマンのふる里づくりへの取り組み
「4」平成23年度予算概要について
「5」クリーンピア松崎に関する今後の対応について
「6」その他  当局より説明

議会勉強会について  11時20分より
1,町民税特別徴収について
2、議員年金制度廃止について
3、一部事務組合の報告、
  消防署、衛生プラント、共立病院について

  各委員から報告される。
   以上      内容は後日報告。1月30日pm9時



松崎新港湾について一瀬議員調査にのりだす。8月22日