サーキットへ
 行こう!

このコーナーでは、まだサーキットに行ったことがない人のために、私自身の経験からサーキットに行くに当たって役立つ情報を紹介するコーナーです。レース観戦に行ったことがない人でも、このコーナーを見てサーキットに足を運んでくれれば嬉しい限りです。また他にも「これはどうなってるの?」等の質問、「こんな物持っていくといいよ!」等のアドバイスがありましたら掲示板にでも書き込んでおいてください。もちろん、メールでもOKです。

持ち物・服装

山を歩ける格好・・・レース観戦に行く時におしゃれな格好をしてはいけません。なぜならほとんどのサーキットは山を切り開いて作られたような場所にあるからです。レースのスタートからフィニッシュまで同じ場所で見るならいいのですが、色々な場所で見るには山の中を移動しなければなりません。そのためには移動しやすい服装がいいでしょう。男性の場合はほとんど問題無いのですが、女性はスカート、ハイヒールなど履いていくとえらい目にあいます。最初におしゃれな格好はいけないと書きましたが、動きやすいおしゃれな格好なら◎です。

帽子・・・もし夏場のレース当日、快晴になった場合、これがないとたぶん日射病&熱射病になって医務室に運ばれることになるでしょう。屋根付きスタンドがあればいいのですが、コーナーにはほとんど無いです。ただ、ほとんどのレースでスタンド裏にショップが出ていて、そこでレース関係の帽子も売っているので持っていかなかったら、格好いいやつを買いましょう。

タオル・・・タオルは暑いときは汗を拭く&日よけ、寒い時は膝にかける等、色々使える万能品。絶対持っていきましょう。

カッパorポンチョ・・・レース中に雨が降ってくる場合も当然あります。そんなときにはカッパかポンチョを使用しましょう。傘は場所を取るし(持ち歩く時も開いた時も)、後ろの人が見えなくなるので迷惑です。カッパやポンチョならリュックに入れておけば煩わしさは無いし、着ても迷惑になりません。個人的には動きやすいポンチョがお勧めです。

FMラジオ&イヤホン・・・大きいレース(全日本クラス)になると”E−WAVE”という、場内FM放送が流れます。普通の場内放送もありますが、レースが始まってしまうとマシンの轟音でほとんど聞こえなくなります。放送なんか聞かなくても観てるからいいじゃん、と思ったあなた、甘いです。サーキットに行くと、テレビのように各コーナーを見るのは不可能(オーバルコース除く)。煙は見えるけどクラッシュなのか、エンジンブローなのかわからないなんてことが多々あります。そこでこのE−WAVEにお世話になります。イヤホンを片耳にして(競馬オヤジスタイル)、放送を聞きながらレース展開を把握して観戦を楽しみましょう。ちなみに忘れてしまった場合は、スタンド裏のブースでレンタルがあります。

リュックサック・・・持ち物はこの中に入れときましょう。手に持つものは、移動の時に邪魔になります。また、サーキットではただで色々なもの(新聞、ステッカー等)がもらえます。それを入れる時にも使えます。

レジャーシート・・・座る時に下に敷く、敷き物。コーナーによって草むらのところが観戦場所だったりするので持っていった方がいいでしょう。

サーキットにて

パンフレット・・・入場ゲートで売っています。お金が全く無い時以外は必ず買いましょう。その日のスケジュールや参加選手などわかるので、レースをより一層楽しめます。1000円〜2000円位。

食べ物・・・ほとんどのサーキットで、色々な店が出るでしょう。富士スピードウェイならカツ丼、ラーメン、焼きそば、ハンバーガー・・・。この事に関しては極端な好き嫌いが無ければ、心配は要らないと思います。

トイレ・・・結構混みます。レースが始まる前に必ず済ませましょう。また、移動するときも、移動先にトイレが無かった場合のことを考えて済ませておきましょう。

各サーキットの情報

富士スピードウェイ
富士スピードウェイ
富士スピードウェイ
鈴鹿サーキット
ツインリンクもてぎ
MINEサーキット
SUGO
TIサーキット英田