キン・フー(胡金銓)

 1932年4月29日、北京生まれ。
文学と京劇に傾倒しながら少年時代を過ごし、1949年に香港に移住。
 翌50年に美術スタッフとして香港映画界入りするが、イェン・ジュン(嚴俊)に見出され、1954年に彼の監督作品『吃見光的人』で俳優デビュー。
その後も、イェン・ジュンの作品『金鳳』や、1959年にショウ・ブラザーズ入りしてからは、兄弟子的存在のリー・ハンシャン(李翰祥)監督作品『江山美人』、『武則天』など、多数の作品に出演。

 リー・ハンシャン監督の下で脚本家や助監督などを経験し、1964年、『大地兒女』でついに監督デビュー。
この作品に出演したのを最後に、以降は監督業に専念することになる。
翌65年、『大酔侠』を監督。この作品が香港・東南アジアで驚異的なヒットを記録し、一躍キン・フーの名を知らしめる。

 1966年、ランラン・ショウと衝突したためショウ・ブラザーズを離脱。
台湾へ渡り、67年に『残酷ドラゴン/血斗!龍門の宿』を発表。
 1971年には、キン・フー美学の集大成とでも言うべき、上下二部構成の大作『侠女』を発表。
この作品は、1975年のカンヌ映画祭高等技術委員会グランプリに輝き、アジアを代表する世界的な監督として注目される。
 その後も、二年周期で作品を発表していたが、1983年のオムニバス作品『大輪廻』以降、長い沈黙期間にに入る。

 1993年、10年ぶりに『ジョイ・ウォンの魔界伝説』で映画界に復帰しファンを喜ばせたが、1997年1月14日、心臓の手術が失敗し台湾の病院で64歳で死去。

監督作品リスト
制作年作品名
1964大地兒女【未】
1966大酔侠
1967残酷ドラゴン/血斗!龍門の宿
1970喜怒哀楽(4話オムニバス。『怒』を監督)【未】
1971侠女
1973迎春閣之風波
1975忠烈図
1977空山霊雨
1979山中傳奇
1981終身大事【未】
1983天下第一
1983大輪廻(3話オムニバス。第1話を監督)
1993ジョイ・ウォンの魔界伝説


香港映画の世界トップ 香港映画の歴史 香港スター名鑑