日本列島の形成と日本人の祖先

日本列島の形成

 日本列島が現在のような形に形成されたのは、今から約1万年前くらいらしい。
それ以前の30万年前〜20万年前日本は、北海道と樺太、九州と朝鮮半島がそれぞれ陸続きになっていて、日本海は巨大な湖となっていたんだよ。
この時期は、一般的には氷河期と呼ばれている時期に相当する。
氷河期って事は、当然、海も氷が張り巡らされている状況で、そのため海水面が現在よりも100メートルくらい下がっていたんだよ。
 地質学者の研究によれば、6万年前ころが最も厳しい氷河期だったらしく、ベーリング海峡も氷で覆われていた。
そのため、ユーラシア大陸とアメリカ大陸が陸続きとなって、多くのアジア人がアメリカに移動しているんだよ。
 つまり、アメリカのインディアンも、日本人と同じアジア人で、モンゴロイドの一種だという事になるんだよ。

 3万年前〜1万年前になると、大地震や海底火山の噴火などの地殻変動や、気温の上昇による氷河融解で海水面が上昇したことによって、世界は、ほぼ現在の大陸形成になっていく。
日本はアジア大陸から切り離されて、細長い島として形成され、現在に至るってわけだ。

日本人の祖先

 今まで日本で発見された化石人骨は、現在のところ日本人の祖先ではないとされている。
つまり、三ヶ日人だとか、牛川人が進化して現生日本人に至っているのではなくて、ユーラシア大陸から日本列島に移住してきた「二種類のモンゴロイドとの混血」が日本人のルーツという事になっている。
 日本列島がアジアと陸続きになっていた時に、ナウマンゾウやオオツノシカ等の哺乳類が大陸から移動してきたのと同様、人間も移住してきた。
シベリアから樺太経由で移住してきたのが北方系モンゴロイド、中国から朝鮮半島経由で移住してきたのが南方系モンゴロイドだ。

 彼らは食料を求めて移動したのであって、日本に定住するつもりは無かったと思われる。
しかし、最初に記したように日本がアジア大陸から切り離されて島国として形成された事で、日本に取り残される形となったわけだ。
 そして、日本の先住民族と、移住してきたモンゴロイドたちがお互いに交流し、その結果として「新しい混血民族=日本人」が誕生したんだよ。

年代測定法

 年代測定法にもいくつかの方法があるんだけど、一番一般的なのは「カーボン14測定法」と呼ばれているものなんだよ。
正式には「放射性元素炭素14測定法」というんだけど、要は、発掘された遺物や、発掘をした場所の地層に含まれている放射性元素炭素原子の残存量を測定する事で、年代を調べるってわけ。
 これは、「炭素14は放射線を出しながら窒素14に変わっていき、5730年で半分になる」という規則的に炭素14が減少する原理に基づいているんだよ。
つまり、炭素14の残存量が少なければ少ないほど、古い年代のものという事になるわけ。

 もう一つ、「熱ルミネッサンス法」という、これも放射線の特性を応用した方法のものもある。
具体的に説明すると、原子は放射線によって内部変化を起こし、それを数百度に熱すると元に戻るという性質がある。
しかも、その時に光を発するんだけど、その光の強さが天然の放射線に当たっていた長さに比例するわけ。
つまり、発した光が強ければ強いほど、古い年代のものという事になるんだよ。

 その他、「花粉分析法」「火山灰分析法」などの測定法もあるんだけど、どの方法を使用しても、かなり正確に年代をつかむことができるようになってきた。
20万年前とか、15万年前といった年代は、もちろん千年単位の誤差はあるにしても、ほぼ間違いのない年代として押さえることが可能なんだよ。


←戻る   次へ→


他の時代を見る
中世近世近代現代