氏姓制度

氏姓制度

 大和朝廷は、日本を統一し、天皇家中心による中央集権国家を築くことを目指していた。
それを実現させるためには、当然、中央・地方の諸豪族を支配体制下に組み入れる必要がある。
そこで、大和朝廷が導入した制度が氏姓制度(しせいせいど)だ。
昔、中学の歴史の授業で、氏姓制度のことを「氏と姓で整えられた諸豪族支配体制」と教えられた記憶があるけど、これでは何の事だかさっぱりわからないので、分かりやすく説明する。

 まず、「氏(うじ)」について。
もともとは、共通の祖先をもつ血縁関係にある人たちの集団を「氏」と呼んでいたんだけど、氏姓制度においては、血縁関係のない被征服者も「氏」の構成要員に含まれるようになったんだよ。
「氏」の構成要員と、その上下関係を図にすると、次のようになる。


 どんな集団にも、それを統率するためのリーダー的存在の人がいると思うんだけど、「氏」のトップに立っている人は「氏上(うじのかみ)」と呼ばれていた。
その下に位置している「氏人(うじびと)」は、氏上以外の「氏」の一般構成員のことで、基本的には氏上と血縁関係にある人たちがここに入る。
 ここまでは、現代の親戚関係と同じようなものだから、理解出来ると思う。

 わかりにくいのは、氏人の下に位置している部曲(かきべ)だろう。
この時代、天皇家や諸豪族には、部(べ)とか部民(べのたみ)と呼ばれていた半自由民の労働集団が隷属していたんだよ。
天皇家に隷属していた人たちは、与えられた職業によって、品部(しなべ/ともべ)子代(こしろ)名代(なしろ)田部(たべ)という4つに分けられていたんだけど、豪族に隷属する部民は、職業に関係なく部曲と呼ばれていた。
 氏上はもちろん、氏人も直接労働はあまりやらないで、ほとんどの仕事を部曲がこなしていたらしい。
だから、「氏」の経済的基盤は、部曲の働き具合にかかっているということになる。
「氏」の私有地を田荘(たどころ)と言い、ここが部曲の仕事場になる。
田荘という名前から水田を連想すると思うけど、すべてが水田というわけではなく、畑や牧畜地も含めた私有地を意味している。
 部曲は半自由民だから、勝手に他の「氏」のところへ移動したりするのは駄目だけど、結婚も認められていたし、家も持てたようだ。

 一番下の奴(やっこ)奴婢(ぬひ)は、氏人の家に隷属していた家内奴隷だ。
奴隷だから、財産として譲渡や売買もされたけど、古代ギリシアやローマに見られるような奴隷とは違って、人格が認められていたんだよ。

 さて、天皇家の部民についても触れておこう。
品部というのは農民以外の隷属労働者たちの総称で、それぞれの技能にあわせた部に別れていた。
主なものに、宮廷官的な馬飼部(うまかいべ)史部(ふひとべ)や、生産に携わる鍛冶部(かぬちべ)錦織部(にしごりべ)陶部(すえつくりべ)などがある。
 この品部を管理統制していたのが伴造(とものみやつこ)だ。
世襲的職業で朝廷に奉仕する官人の団体を伴(とも)と言い、その首長が伴造ということになる。
 大和朝廷の直轄地のことを屯倉(みやけ)といい、そこを耕作する農民が子代、名代や田部だ。
子代、名代、田部も、厳密に言えばそれぞれ違いがあるんだけど、どれも「天皇家に隷属する農民」という解釈だけでいいと思う。

 次は姓(かばね)について説明する。
これは、大和朝廷から諸豪族に与えられた政治的地位や家柄を表す称号で、天皇家を中心とする身分秩序を示すものだ。
姓は世襲制で、中央豪族には臣(おみ)連(むらじ)、地方豪族には君(きみ)直(あたえ)などが与えられていた。
また、特に有力な豪族には、大臣(おおおみ)大連(おおむらじ)といった姓が与えられ、中央の政治に参加することができた。
 主な姓を表にまとめてみたので、参考にしてほしい。

臣(おみ)天皇家から分かれたという皇別氏族の姓。
葛城(かつらぎ)、平群(へぐり)、蘇我(そが)などの豪族に与えられた。
連(むらじ)天皇家とは祖先の違う神別氏族の姓。
大伴(おおとも)、物部(もののべ)、中臣(なかとみ)などの豪族に与えられた。
君(きみ)天皇家から分かれた地方有力豪族に与えられた姓。
造(みやつこ)国造(くにのみやつこ)や、品部、子代、名代の首長に与えらた姓。
直(あたえ)5〜6世紀に服属した国造に対して統一的に与えられた姓。
首(おびと)地方の伴造や渡来人の子孫など、地方村落の首長に与えられた姓。
村主(すぐり)渡来人の子孫に与えらた姓。
史(ふひと)渡来人の子孫で、文筆の職能に優れた氏族に与えらた姓。
大臣(おおおみ)臣のうち、蘇我氏ら最有力者が任じられた姓。
大連(おおむらじ)連のうち、大伴氏や物部氏などの有力者が任じられた姓。

 大和朝廷が日本統一を実現するためには、地方の支配を早急に行うことが重要なポイントになってくる。
そこで、朝廷に服属してきた地方豪族に対し、国造(くにのみやつこ)県主(あがたぬし)稲置(いなぎ)などの地位を与え、大和朝廷の地方官として支配させた。
これにより地方豪族たちにも、「自分は大和朝廷の役人なんだ」という自覚が生まれることになる。


←戻る   次へ→


他の時代を見る
中世近世近代現代