呼気吹き込み人工呼吸法

jink_hyo.gif (3119 バイト)

最初の1回は静かにそっと息を吹き込み、肺の膨らむ様子を見る。

・呼気がスムーズに入らない場合はもう一度気道確保後、異物除去を行う。

呼吸が無ければ人工呼吸を開始する。

気道を確保したまま額に当てた親指と人差し指で鼻

をつまむ。鼻をつまんだ手の肘は床に着いてしまう。

口を開け相手の口を覆い静かに息を1回吹き込む。

ky_3_2.jpg (7124 バイト)ky_3_3.jpg (13370 バイト)
ky_3_4.jpg (13121 バイト)ky_3_1.jpg (7278 バイト)
吹き込んだ後、顔を胸部側に向け、胸の動き呼気

を確認してから、さらに1回吹き込む。

500〜800mlの息を2秒かけてゆっくり2回吹き込む。

胸が軽くふくらむ程度、体重1Kg当たり10ml。

胸がふくらまなかった時は、もう1度、気道確保する。

人工呼吸は呼吸が完全に回復するか、救急隊員に引き継ぐまで止めない。

脈拍がふれなくなった時は、直ちに心臓マッサージと併用する。

INDEX