気道の確保

kido_hyo.gif (2818 バイト)

意識障害や呼吸停止、心停止が生じると下顎をささえている筋肉の緊張が失われ

舌根が沈下して気道の閉塞が生じる。このような場合は、下の要領で気道を確保する。

ky_2_1.jpg (7974 バイト)

片手を額に当てもう一方の手の人差し指と中指の2本をあご先

に当てこれを持ち上げ気道を確保する。

額に当てた手は人工呼吸時に鼻をつまみやすい位置に置く。

ポイント

・指で下顎の柔らかい部分を圧迫しない

・頭を無理に後ろにそらせない

 

ky_2_2.jpg (13514 バイト)

頭や頸にケガの疑いがある時は、頭の上側に座り両手で下顎のみを引き上げる(下顎拳上法)方法で行う

(引き上げるとは、下顎を髪の毛方向では無く、対象者の前方方向)

片手親指を口の中に入れ、これを持ち上げ気道確保すると頭部のケガには行いやすい。

次にすぐ呼吸の確認を行う。10秒以内で調べ、人工呼吸法に素早く移る。

  

INDEX