乳児・新生児に行う心肺蘇生法

shin_hiy.gif (10852 バイト)

      1、異物の除去

  乳幼児に対しては背部叩打法を行う。

・片腕に腹這いにする。

・顎を手にのせ、突き出すようにする。

・もう一方の手で背中の中央を5回叩く

ky_6_1.jpg (5543 バイト)

ほとんど、一発必中を狙う。

相当強く叩く位が丁度良い。

2、人工呼吸

呼吸を10秒以内で確認する。
頬を口と鼻に近づけて調べる。

呼吸がなければ、まず2回吹き込む。

・割合:1〜1.5秒かけて2回 (乳児)
       1秒かけて2回 (新生児)

・吹き込む量:胸が軽く膨らむ位(ちょっと)

乳児の鼻と口を同時にふさぐと行いやすい



3、心肺蘇生法

・圧迫の速さ:1分間に100回
     新生児の場合120回

・圧迫回数:2指で5回

・圧迫の深さ:胸の厚さの約1/3くぼむ迄

心臓マッサージと人工呼吸を繰り返す。

心臓マッサージ5回に人工呼吸1回 (乳児)

心臓マッサージ3回に人工呼吸1回 (新生児)

ky_6_4.jpg (5179 バイト)

2本の指で圧迫する

 

心マッサージ時の乳幼児の圧迫部位は

両方の乳頭を結ぶ線の指1本分下の部位

ky_6_5.jpg (5786 バイト)


およそ1分ごとに循環のサインを調べる。(呼吸、咳の有無、体の動きを10秒以内で)

救助者が1人の時は、1分間、心肺蘇生法を行った後、119番通報する。

 

ky_6_2.jpg (4950 バイト)

脈拍の確認をしたい時は。
乳児は首が太いため、頸動脈では分かりにくい 

腕の動脈か股の動脈で調べる

  (大人にあてはめると筋肉の間の痛い所)

ky_6_3.jpg (5969 バイト)

上腕の筋肉の間 又は

 太股の付け根

 

INDEX