小児の心肺蘇生法

shin_hiy.gif (10852 バイト)

小児(10才以下位)の心肺蘇生は、成人と要領は基本的に同じです。

次の部分が成人と異なります。

ky_5_1.jpg (5610 バイト)

人工呼吸

吹き込みに1〜1.5秒かけて行い
その後は3秒に1回の割合で行う。


心臓マッサージ

片手で圧迫しします。


圧迫のスピード:1分間に100回

圧迫の回数:片手で5回

圧迫の深さ:胸の厚さのおよそ1/3くぼむ迄

心マッサージを5回行い、人工呼吸を1回行います。これを繰り返します。

救助者が1人の場合は1分間心肺蘇生法を行った後、119番通報します。

心肺蘇生法を約1分位行った後、循環のサイン(呼吸、咳の有無、体の動き)を調べ、繰り返します。