♪〜  モーターレーシングあれこれ   〜♪

               かつてモータースポーツが輝いていた時代がありました。            
               特に富士スピードウェイが出来た頃のTOYOTAと日産が火花を散した
               1960年代は凄かったらしいです。
               ミッタンの場合それから少し経った1973年からレースにハマッテしまい今に至っています。
               
               しかし、レースシーンが輝きを放っていたのは
1980年代の中ごろ迄だと勝手に思ってます。
               途中、いわゆる世界耐久選手権(Cカー)や鈴鹿でのF−1があり盛り上がった時もありましたが
               やっぱりグラチャン全盛、それも
2リッタースポーツカー(2シーター)の時代が一番良かった。
         
          
       グラチャンの消滅とともに他のレースも寂しいものになって行った気がします。

               以下想い出のレースシーンを愛読書であったオートスポーツ誌やプログラムを中心に
               自分なりの順位を付けて紹介してあります。

                     ※ 勝手な思い入れ、思い込みがかなり入っています。 ただ、実際サーキットで体験し自分の目で見たこと、
                        感じた事を載せてあります。 そこを踏まえてそれでも見たい方のみどうぞ (^^ゞ


 1位 富士TT(ツーリストトロフィー)500マイルレース                初めてのレース 「フォードワークス対マツダ
 2位 F−1デモンストレーションラン  夢にまでみたF−1が富士でデモ走行
 3位 富士F−1チャンピオンシップインジャパン  富士でタイトル決定  雨中の決戦
 4位 星野 タイレル初ドライブ タイレルに星野が  テストに同行
 5位 富士グラチャン(グランド チャンピオン レース) グラチャンの光と影
 6位 F−2(F−2000) 準備中 ヨーロッパでも隆盛を極めたレース。 
 7位 WEC (世界耐久選手権)new(久々です) ランチア対ポルシェ 迫力のCカー
 8位 鈴鹿初のF−1GP  準備中 ターボ時代のF−1
 9位 鈴鹿でセナ V10初ドライブ 準備中 雨の単独テスト
0位 ドラッグレース ナイトロメタンの衝撃&ジェットファニーカー
 
富士スピードウェイ・リニューアルオープン 新しくなった富士スピードウェイに行ってきました



TOPにもどる