JR富士川駅周辺の専用線(白石工業専用線他)


白石工業専用線

富士川駅構内から出ている線路跡。少し進んだ所まで路盤が残っている。
上の場所から少し進んだ所から富士川駅を望む。ここの発見は容易であった。
上の写真の路盤が崩れている辺りから工場方を望む。ここで一時的に路盤がなくなる。
路盤の途切れている所から工場方を望む。写真の中央から路盤が確認できる。
上の写真の路盤を少し行った踏み切りがあったと思われる場所から先ほどの場所を望む。ここも路盤がきちんと残っている。
上の写真の場所から専用線の終点の方向を望む。しかし、まっすぐ行った所を見るとタンクかなにかでカンペキに線路跡は寸断される。
しかし反対側に回ると路盤は残っていて、写真では分からないが上の写真の場所も確認できた。
上の写真の反対側、専用線の終点方向を見るとなんと当時から使われていたと思われるレールが10mほど残っていた。
レール部分の拡大写真。

<終>

おそらく上の場所で専用線は終わっていたと思われる。最後にレールが残っていたりするので行ってみると面白かもしれません。

※この専用線の詳しい廃止日は分かりません。

  この情報は18年6月4日現在の物です。

その他の専用線(本州製紙、ノダ)

富士川駅付近の踏切からノダ工場方を望む。専用線があった所は何かの施設の駐車場になった。
上の写真の反対側を望む。専用線などが多くあった頃のヤードはなくなり、富士川駅の東西連絡通路の長さが当時を物語っている。
富士川駅から見える、貨物ホームの跡。板で閉じられていて当時の様子は推測できなかった。

<終>

たいした距離がなかったので二つの専用線はまとめさせていただきました。

※この専用線の詳しい廃止日は分かりません。

  この情報は18年6月4日現在の物です。

戻る トップへ