静岡県の廃線跡レポート


清水港線(国鉄清水港線)

清水港線は、清水駅と三保駅間を結んでいたかつては国鉄一の黒字路線でした。

しかし貨物中心の路線だったため貨物輸送がトラックに変わった時から苦しくなり、廃止になりました。

今も跡は自転車道になったりしているので跡はたどる事は可能です。ここではそれをレポートします。

清水市電(静岡鉄道清水市内線)

清水市電は、港橋〜横砂間を結んでいた静岡鉄道の路線です。

清水を襲った、昭和49年の七夕豪雨で庵原川の橋梁が流され、それが原因で廃止になりました。

港橋から、清水駅付近までは大きな道路になっていて、その後は歩行車道になっていて、横砂駅まで

容易にたどる事ができます。

東海道本線沼津港臨港線(通称蛇松線)

蛇松線は静岡県で最初の鉄道で貨物輸送が盛んな線でした。

線が廃止になった現在でも貨物船跡は蛇松緑道として整備されており歩いてみるのもいいだろう。

沼津港に近い方では、レールも残っており面白い。

佐久間線(未成線)

佐久間線は、遠江二俣駅(現天竜浜名湖鉄道天竜二俣駅)から飯田線の佐久間駅を結ぶ

鉄道として計画されました。しかし、路盤が半数以上完成した辺りで工事が凍結し

今も放置されています。佐久間線の橋脚を使った夢の掛け橋が近年開通した。

光明電気鉄道

光明電気鉄道は、新中泉(現JR磐田駅)〜二俣町間を結んでいた鉄道で、昭和11年廃止された。

現在でも天竜浜名湖鉄道が、一部トンネルを使用しており天竜二俣駅付近には二俣口駅のホームもある。

終点には何もないが、手前にトンネルも残っている。

関東自動車工業専用線

関東自動車工業専用線は、御殿場線から伸びていた引込み線で、今はもう使われていない。

しかし、まだ一部の区間に、レールがのこっている。その他、橋なども、当時のまま残り、草生している。

坂政合板専用線(1500ミリ)

旧清水市内にある、工場の専用線。すでに使われなくなっていて、車両は通らない。

しかし、巴川を渡っていた、通称トロッコ橋は今も歩道として使われている。

専用線を使っていた、坂政合板は、工場が壊されていたのでもう二度と車両が走ることはない。

※ここで使われていたのは、資材を運ぶためのトロッコだけみたいです。(詳しい事は不明)

巴川製紙用宗工場専用線

東海道本線用宗駅から伸びていた専用線で、もう何年も前に廃止になった。(詳しい廃止日は不明)

路盤跡はしっかり残っていて容易にたどれる。築堤も橋もありかなりのものがある。

一部巴川製紙の駐車場になっているが路盤は確認できる。

東海道線の車内からも見ることができる。

JR富士川駅周辺の専用線

富士川駅の周辺には多くの工場があり、国鉄時代は多くの専用線が工場へ伸びていた。

しかし今は使われなくなり、富士川駅から伸びる専用線はなくなってしまった。

かろうじて付近の地図に白石工業専用線がかかれていたのでそれを追ってみることにした。

東海道本線旧線(用宗〜焼津)

現在用宗〜焼津間を結ぶ石部トンネルは新しく掘りなおされた物で、旧線は一度海岸線に出て、

またトンネルに入っていた。新線になるとき、旧線は破棄され海岸線に残っていた旧線は、

アイオン台風の影響で崩れ今も放置されている。ここではそれを紹介する。

新線に切り替えられる前に新幹線の石部トンネルと現在線を結んでいた跡も紹介する。

静岡鉄道静岡市内線(現在実地調査中)

静岡鉄道静岡市内線は静岡駅と安西を結んでいた鉄道で途中新静岡駅で静岡清水線と合流し、

以前は直通運転も行われていた。しかしバスなどの輸送機関ができたため、廃止された。

線路跡はいずれも道路になっているが、道筋がはっきりしているのでたどる事ができる。

静岡鉄道静岡清水線旧線(現在実地調査中)

静岡鉄道静岡清水線の旧線は、現在の複線化された路線のできる前の軽便鉄道時代の物。

清水から狐ヶ崎辺りまでは線路後がはっきりしているが、途中から南幹線に吸収されている。

なおこの線には太平洋戦争前に廃線となった清水波止場線も含んでいるので、それも一緒に紹介する。

静岡鉄道駿遠線(一部区間)

静岡鉄道駿遠線は藤枝と袋井を結んでいた線で、全国でも一番長い軽便路線でした。

しかし、車社会には勝てず廃線になりました。

ここでは、まだ全ての跡を見に行ったわけではないので一部を紹介します。

JR静岡駅周辺の廃線跡

静岡駅の近くには、かなり昔に専用線があったらしく今もその遺物が残る。

ただしここでは詳しい場所は明記しない。

身延線旧線

東海道本線旧線(富士〜富士川)

東海道本線旧線(金谷〜菊川)

遠州鉄道奥山線

庵原軌道

島田軌道


                           トップへ