光明電気鉄道廃線跡レポート


二俣口〜二俣町

二俣口駅のホームは草に埋もれながら残っており町のパンフレットも史跡として紹介している。
ホームのある方向を望む。カーブしているのがよく分かる。
反対側を望む。線路跡に合わせて家がカーブしている。
家の間を抜けると、川がある。護岸工事がされるまでは、鉄道の橋台が残っていたそうだ。写真のでっぱている所が、橋台の跡。
大きな遺物として、トンネルが残っている。ただし二俣町側のみで、二俣口側は、民家の中にあるため、見ることができない。
トンネルの中。途中でふさがっているように思える。
トンネルのある方向を望む。この辺りを走っていた。
二俣口駅跡。何も残っていない。

                              戻る トップへ