清水港線廃線跡レポート


清水〜巴川口間

清水港線の始発駅、清水駅は現在はJRの清水駅のみとなり、かつてあった貨物ヤードも、清水駅の再開発によってなくなった。      
清水港駅の跡も再開発ビルが建った。      
ちょうど清水駅には貨物列車が止まっていた。かつてはこの駅でも積み込みが行われた。      
清水港駅があった辺り。駐車場になっている。ここも再開発されると思う。      
清水港線の跡を転用したサイクリングロードの出発点。ここから清水埠頭駅跡までつながっている。      
サイクリングロードの所々に残っている 工 マークの杭。昔から撤去されずに残っていると思われる。      
サイクリングロードの途中、陸橋の下にある石垣。当時から残っていると思われる。      
清水埠頭方面を望む。この辺りから、左に工場への専用線が入っていた。      
工場内を望む。カーブをえがいて奥へ入っていった跡が見られた。      
国の有形文化財に指定されているテルファー。材木を積み降ろすために作られた。ドリームプラザが作られるさいに、再塗装された。      
清水埠頭駅があった辺り。今はスケートボード場になっている。

ドリームプラザができる前に清水埠頭駅ホームが解体されるのを僕は目撃しています。

     
清水埠頭駅の三保よりから、テルファーを望む。この辺りはすっかり再開発され線路跡は跡形もない。      
清水港線の廃線跡に建っているマンション。清水埠頭から、ここまでの線路跡は全く不明。      
マンションの前にある、フェルケール博物館。清水港に関する資料が展示され、時には清水港線を題材にした企画展も行われる。

フェルケールには、清水港線の各駅の駅名表示版など、多数の清水港線に関する資料が保管されている。

     
マンションの横から始まる線路跡。カーブをえがき、三保方面に行っている。      
駐車場になっている線路跡。ここから分岐し、清水港への引込み線と、本線に分かれる。      
左が引きの込み線、右に行くのが、本線になる。引込み線の方は、一部なんとレールが残っているところがある。      
工場の引込み線の、工場横に残っているレール。引込み線の跡はこれくらいしか残っていいないと思われる。      
戻って本線跡。カーブをえがいて、すすむ。この辺りは、ほぼ完全な形で残っている。      
ずっと進んでも、跡はきちんと残っている。工場や倉庫の間なので、使われる予定がないのか?      
全く手がつけられていない線路跡。レールをのぞいただけで、バラストも残っている。      
工場の間を抜ける。この辺りは草もあまり生えていない。      
うえの画面の少し行ったところの溝にある、レールを使った、横棒。      
清水港線の可動橋は撤去されたが、可動橋の橋台が、片岸のみ残っている。      
橋台のすぐ近くにある、可動橋の部品と思われる鉄の部品。      
橋台の近くにある古い柵。当時から残っていると思われる。      
巴川口駅跡近くにある、鉄道岸壁跡。かつてはここは貨車でいっぱいだったと思われる。      
岸壁の所に今も残る、日本国有鉄道の表示。消えずに今もある。      
復元され、保存されている巴川口駅ホーム。周りにあった貨物ヤードは全て下水処理場になり跡形もない。      
  巴川口を出てすぐにあった橋も、5年くらい前まで残っていたが、整備され今は跡形もない。      

巴川口〜三保間                        

巴川口駅付近から三保方面を望む。

実際にあった巴川口駅ホームと復元された物の場所は違うようで、線路後が一致しない。

 
上の写真の場所からまっすぐ行くと開けた線路跡に出る。昔に地図によるとこの辺りは引き込み線があり、写真の場所から左に曲がっていったとゆう。  
上の写真の近くにある古い柵。廃線当時からからの物ではないかと思う。  
まっすぐ行くと、サイクリングロードとして使われている道になり、それこそが清水港線の路盤を流用した廃線跡。  
サイクリングロードとして整備されている路盤を行くと工場地帯を抜ける。この辺りから開けたいい道になっていく。

清水から今紹介した所までは工場地帯で大型トラックの頻繁に出入りするのでたどってみようと思う人は注意してください。

 
まっすぐ続く線路跡。路盤跡と、ほかのスペースには段差があるので分かりやすいと思う。  
上の写真の場所から少し進むと緩やかなカーブをえがく。ここも僕が小さい頃は、まだ舗装されていなかった。  
カーブの終わった辺りに保存されている清水港線や静岡鉄道清水市内線で活躍した車両たち。保存されている場所は清水港線を路盤を少しずらして移設したところ。

保存されている車両は、清水運送NO18スハフ422015 静岡鉄道清水市内線65の三両。

 
保存車両がある辺りから中央に花壇があるサイクリングロードとなる。この辺りから旧三保駅まで何キロとゆう看板が出る。  
進んでいくと橋が見えてくる。橋自体は平成3年に架け替えられえているが...  
橋台は当時の物を流用している。この辺りは、築堤も残っている。  
進むともうひとつ橋があり、それも架け替えられてはいるが、これも当時の橋台を流用している。  
二つ目の橋が終わった辺りから三保方面を望む。この辺りの花はきれい。  
緩やかなカーブをえがき左に曲がっていく線路跡。この辺りから折戸駅でスイッチバックする形で、日立工場の専用線があった。詳しくは一番下を見てください。  
カーブの終わり辺りから分かれる専用線跡。正面方向に伸びていた。  
カーブの終わりから三保方面を望む。自転車道になって線路跡は続く。  
少し進と、道路と平行して走ることになる。昔からこうだったのではないかと思われる。  
この辺りから道路から離れ清水港線跡は続く。  
折戸駅跡。現在はマンションなどが建っている。もしくは公園。  
折戸駅跡に建っている看板。

看板には「国鉄清水港線は昭和19年に開業し、折戸駅は同年12月に営業(旅客・手小荷物・貨物)し駅長以下6〜7名勤務していた。当時は貨物が主であったが、朝晩の通勤・通学で客車は満員であり、混合列車(旅客・貨物兼用)も珍しかったが、開業から40年後の昭和59年3月末はかなく廃止となった。」と書かれている。

 
遊歩道としても整備されているため、途中ハーバーブリッチをゆう橋が架かっている。  
進むと所々道路と交差する。踏み切りの跡は跡形もない。  
上の場所以降ずっとまっすぐ続き写真のように線路跡を掘り崩して遊歩道としている所もある。  
紹介する事もないくらいまっすぐ進む。  
三保駅のところから日本軽金属に伸びていた専用線の入口。コンクリでふさがれている。  
残されている三保駅ホーム。両端は切り取られている。

この写真は夏に撮影。その他は18年3月20日撮影。

 
三保駅に保存されている清水運送BD152タキ8453。清水港線を語るうえで大切な車両だ。  
  清水港線本線はこんなところです。  

清水港線日立工場専用線 折戸〜日立工場

折戸駅から西にまっすぐ行き道路を渡ると現れる専用線跡。道路を渡る踏み切りは廃止されてからも何年か残っていたそうだ。
狭い路地となって線路跡は続く。敷いてある石はバラストと思われる。
線路跡はほぼ完全な形で残っていて、カーブなどがよく分かる。
住宅も建てられていない線路跡をたどっていくと写真の左側の所に・・・
この専用線で使われていたと思われる枕木が置かれている。
線路跡をそのまま行くとカーブがある。それをぬけると・・・
川があり、そこを渡っていた橋の橋台が両側に残っている。
橋の延長線上にある壁。この辺りから専用線が入っていた。
工場の日立工場側出口。分かりやすい。

この工場内にはなぜか国鉄コンテナなどがいくつもあった。

上の写真の場所から日立工場方を望む。手前には昔橋が架かっていた。
上の写真の延長線上から、折戸方を望む。手前の道路が専用線跡。
先ほどの場所を延長線上から望む。専用線跡は、会社の道となっていた。
上の場所から少し下がり踏切があったとされる場所をみる。左側に見える門が日立工場へ入る入口だった。
  日立工場の終点部は敷地内のため確認できませんでした。

戻る トップへ