東海道本線沼津港臨港線(通称蛇松線)廃線跡レポート


蛇松線のJRと接続していた部分の線路が未だに蛇松緑道の反対側の工場の構内に残っている。事業用に残された物か。
蛇松線の跡を利用した緑道がある。蛇松緑道と言い、終点の沼津港までだいたいつながっている。
道なりにしばらく歩くと踏み切りの跡にレールがのこっている。半分だけだがそれなりに価値がある。
またしばらく道なりに歩いていくと、何と2本のレールが足元から姿をあらわす。枕木もありこの辺りからしばらくレールが続く。
コンクリで埋められているがレールは続く。
二本のレールがきれいなカーブをえがいて残っている。
こんな説明板もあった。
線路付け替え前に使っていた駅跡にあった腕式信号機と鉄道車両の車輪。
二つ上の場所辺りから反対側を望む。
先ほどの場所から沼津港側を望む。ここからもレールがのこっている。
先ほどの場所から少し進んだ所から先ほどの場所を望む。手前に踏み切りの跡がある。
道路を渡って先ほどの場所を望む。タイルが枕木をイメージさせる。
上の後すぐに線路は途切れ沼津港の中に入る。プラットホームらしき物が残っているとゆう。ここで蛇松線は終わる。

                            戻る トップへ