花応院の紹介

 花応院は、ぼくの母の実家で曹洞宗のお寺です。
神奈川県藤沢市の西俣野にあります。
花応院には、閻魔大王像や、地獄変相十王図、閻魔宝印、小栗判官縁起絵、実説小栗判 官一代記等が保管されており、毎年1月と8月の16日には、十王図、小栗判官縁起 絵の絵解きが行れます。
 右の写真は、花応院の参道に通ずる表門です。ぼくは、この先の参道で、ハチに刺さされたことが、あります。






 左の写真は、本堂です。昭和56年に祖父の尽力で改築されました。本堂の中に文化財が、保管されています。
 このお寺ができたのは、慶長9年(西暦1604年 江戸時代の初め)だそうです。今から393年前です。
 庭には、六地蔵をはじめ、地蔵、馬頭観世音菩薩、水子地蔵があります。