◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

                       技術講座開催のご案内

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

          講座名 1Dシミュレーション活用のためのエンジン講座

 

◆開講の主旨

 

最近は1Dシミュレーションによるエンジン最適設計が広く行われています。

 

1Dシミュレーションを単に最適解を得るための便利ツールと見るならば解析は使用マニュアルにしたがいエンジンモデルを作成し、

 

計算結果を出力するだけの作業になります。

 

 一方シミュレーションは多くのセンサを設けたバーチャルエンジン計測であり、入手したデータ情報を元に内部の物理現象を洞察し

 

改良案を見つけるのに役立ちますが、そのためには吸排気や燃焼に関する基礎的知識が必要になります。 

 

 本講座は日頃1Dシミュレーション解析業務に携わりながら、エンジン内の流れや燃焼に関するさらなる知識が必要と感じておられる

 

技術者を主な対象に

 

@内燃機関の教科書の解説では不十分な内容を実務に応用できるレベルまで掘下げている。

 

A一般に解説されていないが1Dシミュレーションにとっては重要な内容を取り上げている。

 

Bテキストの図やグラフには1Dシミュレーションによるデータを用いており、受講者は自身が使用している1Dコードを用いて

 

テキスト同様の事例学習、検証ができる。

 

など実践的内容となっております。本講座はメーカで解析業務に携わる方のほかベンダで技術サポートを担当されている技術者の方々にも

十分役立つ講座として企画開催いたします。この機会に是非受講いただきたくご案内申し上げます。

                                                 MECWARE松尾技術士事務所

                                                                           〒436-0062    静岡県掛川市旭ヶ丘1-15-12

                                                                        TEL/FAX: 0537-24-8240

                                                                        E-mail:  mec-matsuo@mail.wbs.ne.jp                                        

                                                     URL:    http://www2.wbs.ne.jp/~mec

 

                                                                                     

◆開催要領

 

◇主催者:MECWARE松尾技術士事務所

       〒436-0062

      静岡県掛川市旭ヶ丘1-15-12

       TEL/FAX: 0537-24-8240

       E-mail:  mec-matsuo@mail.wbs.ne.jp                                        

       URL:    http://www2.wbs.ne.jp/~mec

 

◇日時:  次回開催決定次第、本Webサイトに掲載いたします

       10:0017:00 12:0013:00昼食休憩)

 

◇場所:  次回開催決定次第、本Webサイトに掲載いたします

 

・講座当日他社との同席を望まれない場合は1社様向けのクローズド形式での開催やお客様事業所でのオンサイト講座(内容はご案内のものと同じ)も開催いたします。

 

詳細は別途お問合せください。

 

 

◇受講料:  お一人様 100,000円(税別) 昼食付

 

◇開催人数: 2名〜 (静岡、浜松、または掛川での開催の場合は1名から)

 

◇申込み方法:  受講申込みフォーム画面からお申込みください。

 

◇申込み締切り: 開催日7日前 ただし受講申込み人数が会場受け入れ上限に達し次第締め切りとします。

 

◇キャンセル: 準備の都合上、受講のキャンセルは開催日の3日前までとします。

         

◇使用教材: パワーポイントスライド(印刷冊子1部を配布) 講師によるPC実演

 

 

◆講座の主な内容

 

1. エンジン吸排気の基礎

 

 (1.1) 管部の流れ

 

     @ 非定常流れの解析手法

 

      ◇1D解析登場前 周波数分析(FFT変換、WAVELET変換)とその限界

 

      ◇現在の主流 1D非定常流解析

 

           1D非定常解析をサポートする手法 圧力波形解析(音響解析+カーブフィット)

 

        ・管長方向位置による圧力波形の分析比較から波の成分を知る

 

        ・波の成分の中でも重要な意味をもつ「定在波」 

 

     A管内圧力と流量の分布

 

       ◇吸気管/排気管内の分布をアニメーションで見る

 

       ◇1D解析の精度検証のために計測を行う場合の適正位置

 

     B吸排気動的効果

 

       ◇吸気/排気慣性効果の意味

 

       ◇吸気脈動効果の意味 排気脈動効果に関する誤解   

 

(1.2) 管端境界部の流れ

 

      @吸気バルブ/排気バルブ

 

      ◇流量係数

 

         ◇バルブ隙間流れのマッハ数

 

     A吸気管入口

 

      ◇入口流量係数と損失係数

 

      ◇管入口形状 

 

・プレーンカットとベルマウス(エアファンネル)

 

     B排気管出口

 

     ◇管出口での温度・新気濃度変化と物理量保存性

 

     ◇管外部の雰囲気条件(大気温・新気濃度)と排気管内流の関係

 

(1.3) 空洞内の流れ

 

@   空洞の管モデル化(内部を平面波が伝搬する)可否の目安

 

A   3D状の圧力・流量分布をもつ1D管ネットワークモデル(擬似3Dモデル)

 

(1.4) エンジン内の物理量保存性

 

       質量保存・新気量保存・エネルギ(全エンタルピ)保存・カーボンバランス

 

2. エンジン燃焼の基礎

 

 (2.1) 燃焼圧解析とWiebe関数モデル

 

   @1Dシミュレーションと表裏関係にある燃焼圧解析について知る

 

    ◇筒内圧力計測方法と筒内圧力計測結果事例

 

       筒内圧のサイクル変動の実態をアニメーションで知る

 

       自動車エンジン中負荷時   二輪エンジンアイドリング 他

 

    ◇筒内圧のアンサンブル平均の意味を考える

 

   A熱発生率の演算

 

    ◇筒内圧力カーブから熱発生率を求める

 

    ◇筒内圧の零点やTDC補正が不可の場合Pmaxから熱発生率カーブを予測する

 

    ◇燃焼圧解析と1Dシミュレーションによる熱発生率の相互検証

 

   B熱発生率のWiebe関数近似

 

    ◇ガソリン・ディーゼルの近似事例

 

    ◇関数のパラメータ設定方法

 

 (2.2) 熱発生率予測モデル

 

 (2.3) 燃焼のサイクル変動を考慮したモデル 

 

     ◇確率密度関数と乱数を用いて熱発生率にサイクル変動を与える方法

 

◇燃焼変動が筒内圧や吸排気脈動のサイクル変動さらには体積効率・EGR率に及ぼす影響

 

 

講師プロフィル

 

 松尾 典孝 技術士(機械部門)

   (主な経歴)

 

  ▼19741997(23年間) ヤマハ発動機

 

   ・実験計測を中心としたバイク・自動車用エンジン研究・先行開発

 

   ・内製1Dシミュレーションコード開発と開発への応用

 

  ▼1997〜 松尾技術士事務所 URL: http://www2.wbs.ne.jp/~mec

 

   ◇技術開発コンサルティング 

 

メーカ排ガス対策技術開発指導

 

CAEと実験計測の両分野に通じた技術者養成

 

ベンダ1D-CAE製品開発指導

 

   ◇エンジン1Dコード関連業務

 

・海外商用1Dコードの国内販売技術サポート(〜2007

 

      ・オリジナル1Dエンジンコード・燃焼解析ソフトの開発・販売

 

   ◇技術講座講師

 

      ・CAE技術者向けのエンジン講座

 

      ・シミュレーションプログラミング講座