Fate/stay night お手軽舞台訪問

 2007年8月13日〜14日

 神戸三宮付近はWindowsゲーム『Fate/stay night』の背景に使われた風景が多数ある、という事で訪ねてみました。
 既にいくつかのレポートが上がっているので、それを辿るお手軽訪問です。
 本当は、最近「魔法少女リリカルなのは」の同人小説家として燃えまくっているkitさんに会いに行くついでだからねッ!ついで!

 

 静岡県を抜けて、一時、名古屋の特殊喫茶で昼食を摂り、13時過ぎに再び名古屋を出発。
 永遠の青春18歳きっぷだからね(ぉ
 ダイヤか少し乱れていまして、約5分遅れの運行のため、駅に着いた時予定より1本早い電車に乗れました。大垣〜米原間は1時間に2本しかないので早く着いても仕方ないのですが、乗り継ぎ列車の『席取り合戦』には、早く着いていた方が当然有利ですから。

 と思ったらこれが正解。
 5分遅れっていう事は、予定の電車だと乗り継ぎに遅刻。発車ベル鳴らしっぱなしで待ってたけど、乗り継ぎの皆さん全力ダッシュでホームの上り下り、大変だった模様。

 米原の乗り継ぎの席取り合戦(ほら、そういうシーズンだから)で無事に勝利したので、kitさんに到着時刻の確定mailをするの。それにしても、米原で乗った客、席に座っている客の動きが大阪まで全く無いの! 長距離移動族、多いですね。

 三宮、17時06分頃到着。
 どうやら西口にいるらしいんですが、改札出ちゃうと、ちょっと行きにくいので迷いました。
 西口の改札口付近でkitさん発見。挨拶をすると、何か有無を言わさず三宮の特殊喫茶「KANON」へ連れて行こうとしますの。ああ、そういえば到着時刻の打ち合わせした時にKANONの閉店時間を心配してましたっけ…(ぉ

 そんなkitさんを説得して、まず今の時間に神戸大橋に行っておこうかと。
 kitさん、地元なのに神戸ポートライナーに乗った事がないという!なんてこったい!

 駅を探しているうちに、ポートライナーが発車して行ってしまったんですが、かなりの短時間の間隔で運行されているんですね。帰りも乗り遅れたんですが、次発が僅か2分!

 どこの駅で降りるか少し悩んだ末、中公園駅で降りました。大失敗。
 自動車用の道路しかなくて、横断歩道も無くて、渡る予定の歩道橋もビルから生えていて下の歩道からは上がれないの! 使えねー!!


 劇中の風景は冬なので、木が枯れてないため雰囲気がちょっと違いますね。

 地元民のkitさん、
「敷石の隙間から草が生えているようじゃ、大した管理はされていないな…」



 有名なシーンです。
 橋をそっくり「抹消」した景色も、公園の背景として使われている所です。

 今回はお手軽に、Canon IXY DIGITAL 900 ISだけというお手軽装備で来たんですが、DIGIC 3のせいか、CGみたいな描写で写って雰囲気ぴったり(笑

 KANONに最初に行きたがったkitさんを説得して今来たのは、明日に回すとスケジュール上逆光になりますの(ぉ



 それにしても人気がない公園ですね。
 (暑いし!)

 この周辺の道路構造が、車優先で人が出歩く構造になっていない気がします。



 マンホールは? って探しながら。
 kitさんは「まさか反対側(東側にも通路があるっぽい?)じゃないよね?」と心配してました。

 正面に有名なフェリー「さんふらわあ」号
 こっちが新都へ向かう方ですか。



 こちらが深山町方面。
 ホントはこちらが埋め立てて作られた新しい方の街ですよね?


 橋渡ってみれば、やっぱりポートターミナル駅からの方が近かった感じです。
 三宮〜ポートターミナル駅 200円
 三宮〜中公園駅 240円

 三宮に帰って来ましたので、お約束通りKANON。
 えっとね、何か未だにだらけてないっていうか、そういうのは立派だと思いました。

 後は三宮のヲタロードをkitさんに引率されて翠の子や銀の子に夢中になってkitさんに迷惑かけたり(ぉ)、再度ちゃんとご飯を食べて解散。

 で、素直にホテルに向かう訳がないです。


 性悪神父のアジトです。
 この先へ進むと危険だと言うのは、ゲームをヤッた皆様はご存じでしょう。

 実際、この先はフロントが待ちかまえているのですが。

 しかし手ブレ補正って、すごい効果ですね(笑

 昼間撮るとこんな感じ。

 同ホテルの祭壇です。

 ホテル内の撮影ですが、一般的にはホテルのフロントを通るロビー等までは公共スペースとされています。
 基本的には大勢で押しかけたり騒いだり、何枚もしつこく撮影したりして、本来の宿泊客様に迷惑をかけない限りは大丈夫な筈ですが、ホテルの格式が下がるとむしろロビーも「個人経営の店の一角」の色合いが強くなりますので要注意でしょう。
 祭壇のスペースですが、意外に意外、このロビーの延長線と考えられます。
 実はこのホテル、入り口が2つありまして、東急ハンズ裏側に、レストラン等を利用するための入り口があります。この入り口から入ると、フロントに行くための通路上にこの祭壇があるのです。
 

 その後、異人館方面のホテルへ向かいます。
 ホテル近くに「教会へ向かう坂」があるんですが、「やっちゃえバーサーカー!」に会うと怖いし(ぉ
 …っていうのは冗談で、すさまじい蒸し暑さにやられちゃっていまして、坂なんか見たくもない!って感じでした。
 ホテルについた時、あまりにもの汗だく加減に、フロントの方がタオルを差し出してくれたほどです。
 

 翌朝。
 7時にホテル出発。

 ホテルから「教会へ向かう坂」へ向かうと、すぐ近くにロープウェイの駅があります。新神戸ロープウェイ。
 敢えて書きますが、このロープウェイの中腹の駅に、「イリヤの森の廃墟」があります。
 廃墟マニア垂涎の的、通称『マヤカン』
 実は自分もそうなので、凸したいのはやまやまですが、明確に立ち入り禁止にされている上、常時ロープウェイの駅から監視されていまして、内部に人の動きがあれば、即!通報! って事です。
 Fateの聖地だから侵入しよう…って程度の覚悟だと、逮捕されちゃいますよ、と。
 まあ、廃墟マニアさん達の写真で満足していて下さい(ぉ
 ※写真を掲載しているって事は不法侵入の証明をしている事になるのですが……。
 


 教会へ向かう坂。

 カーブの雰囲気が良く出るよう、工夫しました。

 一方通行のため、車は前から来るのみなので、意外と撮影はしやすかったのでした。



 お知り合いの板橋区の方が大好きな、桜さんの家に向かう坂です。
 なので、『桜坂』とでも呼びましょうか?(ぉ

 実際、この先の「イタリア館」の内部が、桜さんの家のダイニングとして使用されている様ですが、開館前なのでパス。

 さらにこの坂から凛の家に向かう途中に、「凛の部屋」がある「うろこの家」があるんですが、皆さん、その部屋の撮影だけのために千円払っているらしいです。自分はパス。その辺りがお手軽と言えます。


 それで凛の家。

「風見鶏の家」
 

 劇中は中央の塔の省略と、画像反転されているようです。

 この時点で、相当暑さにやられてます。

 よせばいいのに、明石まで……。
 快速だすぐだと思いきや、案外遠かった…。


 シロウの家です。

 塀だけです。
 中は草ボウボウの廃墟でした。


 それこそよせばいいのに、明石城趾公園を南の果てから北の果てまで歩くのです。
 今日のような天気(猛暑日の炎天下)では、公園と言えどもちっとも涼しくないです。

 辿り着いた先は、弓道場。

 これのために……これだけのために!

 皆さん、熱心に練習をされていました。
 射場に人が入っていましたので、内部の天井とか撮りたかったんですが、残念。
 自分も実は昔々、Q道部員で一応有段者ですの(ぉ) 写真部だと思ってる人が多いんですよね、圧倒的に(ぉ


 この後、撤収。
 ただ、さすがに歩いて帰るのはイヤだったので、ちゃんと下調べはしてありました。
 弓道場入り口側(明石城趾公園北端)に、歩行者用の小さな公園出入口がありまして、住宅街を5分ほど突っ切って歩くと、「神姫バス・東玉津橋」というバス停があるんですねぇ……。おっと、到着したらすぐにバスが来るじゃん。

 ………バス来ないよ。

 お盆で、休日ダイヤorz

 今日は、このくらいにしといてあげるわ!

▲もどる