ひぐらしのく頃に 舞台訪問(ロケ地探訪)

さくらのく頃に 2005年4月30日

AIR舞台と、どちらを先にするか迷ったんですが、距離的近さと高速道路の利便性からとりあえず、まず一度は行ってみよう、と。
自宅からは、木崎湖とほぼ同距離ですが、行きやすいのは雛見沢ですね。

さて、ゴールデンウィーク中の襲撃ということで、混雑が予想されます。
公式によると、公営の駐車場が200台前後と心許ないので雛見沢入りを最優先事項。
『道』のロケーションは人が出てくるとどうしようもないのでなるべく早めに。
と、いうことで一般観光客と関係ない『学校』や『ダム』は雛見沢到達前に出現しますが、『前原屋敷』と共に後回しとします。
 
 
 

 Page:1 ◆雛見沢村内  ◇雛見沢郊外  ▲ひぐらし舞台訪問メニュー
 
 

雛見沢は各所至る所で桜が満開の状態で迎えてくれます。

そこそこ標高は高いし、山の中なので涼しいかと上着も準備してきたんですが、朝8時の時点でTシャツに羽織ったシャツだけで全く寒くない。と言うよりお昼ぐらいになると暑い! 日陰にはいるとそれなりにひんやりとはするんですが。
 


桜に誘われ近づくといきなり妙なものが?
オヤシロさま?

って言うより、EVANGELION伍号機の成れの果てがこんな所に?

雛見沢にもサードインパクトの名残が…

 
まずは体力があるウチにと、展望台に向かいます。
集落内部からの展望台登り口に二つの大きな物件が。

にーにーハウス(=北条家=沙都子の家)
 

リカちゃんハウス(=梨花と沙都子の家)
この写真を撮るのはチョット躊躇したり(お墓が…)

にーにーハウスとリカちゃんハウスの、掲載分の写真はいずれも15時頃撮影分。午前中は逆光です。
 

まだ9時前なので人はほとんどいません。
 


展望台から。

ベンチがあって一般観光客(笑)が普通に粘着していますので、厳密なアングルは難しいです。

観光地的な展望台は、売店がある、もう一段上にあります。

 

 

実は、この風景を撮るのは3回目。
つまり既に雛見沢へは過去2回。そろそろ消される…?

探せば、雛見沢村連続怪死事件真っ最中の時代のこの風景の写真を持っている筈なんですが…(ぉ


 

秘密の場所なのです。

わずか一週間で、雪の囲いが取れました。
(※参照:かずぴー@〜さざなみ壊変〜さん
そして短い春から一気に夏へ…

 

 

 
 
北海道までmailして「嘘だッ!の道がわからねーよ!嘘だッろー!」と暴れる寸前だった所。

嘘だッ!の道です。

にーにーハウスとリカちゃんハウスを見つけて浮かれていると見逃します。
だって、写真に写ってる左側から2軒目って、にーにーハウスだし(ぉ


 


大臣の孫監禁ハウス。

はやく記録しないと崩壊が進んでいます!

 

園崎の家へ向かう道
 

 


園崎の家は、屋根の葺き替え中で入れませんでした。

村内の長瀬家に入ると、屋根の葺き替えが人海戦術による一大イベントだった事がビデオ映像に残され、長瀬家内の居間で見られるんですが、こちらはクレーンを何基も使って近代的。さすが雛見沢随一? んー、人を使うことこそが権力ステイタスな気もしますが(ぉ


さすが雛見沢。どの家にも拷問具が?(長瀬家)
 

手首を素敵にカットするギロチンでしょうか?

 レナの愛用品?も、ほら…
 

 


園崎家庭園。

ここを見る為に入ろうとすると、
「ここのは所詮寄せ集め。本物は展望台の眺めだよ、逝かないかい!」
と、展望台へのシャトルバスに誘われます。そんな事を言っていて園崎家に睨まれないのでしょうか?

 
 


診療所。

土曜日の午前中ですが、休診ですか? 全く人気がありません。

 


古手神社。

合掌集落の中心部からは微妙に外れているんですが、敷地内に『お酒の会館』があって、これまた微妙に観光客が押し寄せるんですよ。ゴールデンウィーク中の午前11時、奇跡的に観光客に荒らされていないひととき。

だけど、意地でも粘着しているっぽいオバサンがいて(しかも赤い服を着て)、あちこちで邪魔をしてくれて、鳥居とかのアングルが微妙に変なのは、鳥居でオバサンを神隠しするため(ぉ

巫女さんだったらヨカッタのに……

 

 ◇雛見沢郊外  ▲ひぐらし舞台訪問メニュー  ▲トップページに戻る