かみちゅ!舞台訪問

後半戦(ぉ

 ▲Page 1 ◆Page 2 ▲トップページ

 


 タイル小径(小路)

 大林映画と非常に名所が被るんですよね。こちらは「時をかける少女」で一躍有名スポットに。当時入る場所が判らず暴れる寸前でした(ぉ)

 有名になりすぎて、訪問者が持ち込んだタイルは全部撤去された、と入り口に書いてあります。かく言う私も当時に一枚置いたんですが。しかし面影は残っていて安心。というより「時をかける少女」のひっそりとした撮影時代に戻った、という事でしょうか。

 今回、原田知世が夜道を襲われる?非常にマニアックな裏道から突入したので、しんたろさんも驚いていた模様。
 さらに壁の柱にある「白い模様」がアニメと同じだ!と、いたく感動していました。
 


 


 かみちゅ!オープニングタイトルから、御袖天満宮。

 この神社は大林映画「転校生」で登場する、もっとも有名なスポットです。
 当時ロケ地巡りをする場合、初心者は「神社」「学校」「渡船乗り場」しか見つけられない、と言われていましたが、かみちゅ!の現代でもそうらしいです(笑

 この石段のてっぺんから、頭上の門めがけてジュースの空き缶を蹴り、それが落ちる間に男女が抱き合って、例えば俺が志摩子さんと抱き合って石段を転げ落ちると、俺が志摩子さんで、志摩子さんが俺で、っていう寸法になる訳です!


 

 

 

 

 途中、西国寺経由で、大林映画「時をかける少女」のヒロイン宅に寄り道しつつ、ゆりえ宅へ
 時をかける少女のヒロイン宅は、訪れる人もなくなったのか、こちらも廃墟同然。

 ゆりえの家に行く前に遅い腹ごしらえ。尾道ラーメン。
 もう、尾道にあればどこのラーメン屋にも「尾道ラーメン」の看板やのぼりが立っていたりします。行列はなかったけど、結構美味しかったー。腹ごしらえのついでに、しんたろさんはデジカメのバッテリ充電。ラーメン屋さん、充電OKありがとう。
 


 ゆりえの家。

 何だかアニメの設定そのままに向島を捜しまくっていた方々も多かった模様ですが。

 こちらは大林映画「ふたり」で映画のタイトルバックにもなり、またヒロインの姉がトラックに轢かれて死亡する事故現場であり、新尾道三部作の中でも最重要ポイントなので、ネットで尾道ロケ地関連を検索すれば、割と容易に見つかる筈なんですが。

参考引用画像:(C)ギャラック/P・S・C/NHKエンタープライズ


 
 ここまで、ほぼ全ての道をレンタサイクル無用の狭い道ばかり、最短距離で歩いて来ました。
 最短距離と言っても、高低差が激しいから大変なんですがorz
 かみちゅ!で行き始めた人々と違って、こちとら十数年来からの尾道マニアですからね、しんたろさんには、尾道の道の醍醐味を体験してもらったつもり(ぉ

 さて、駅前まで歩いていこうか? なーんてとんでもない事を言うしんたろさん。ゆっくりとは言え3時間強歩いた距離をバカにしてはいけません。確かに30分くらいの距離だけれど、疲れている上にただひたすら歩く30分は長いのよ! という訳でタクシーです。時は金なり。我々に残された時間は少ないのです。

 タクシーで駅前渡船に横付け。(というより半分乗降口に侵入してもらった)

 そして、「男たちの大和」ロケセットへ…… ←それが敗北のカギだッ!
 


 


 大和ロケセットで致命的な時間ロスをしてしまった我々。

 もう日が暮れかかってきました。
 乗ってきた渡船ではなく、そのまま福本渡船の向島乗り場へ。大和ロケセットの正門正面の橋を渡り、運河沿いに進めば着けます。(途中ショートカットの道があります)

 大人60円。

 昔、自分がパジェロロングボディで乗ったときには130円くらいだった気がする。嬉しくて、何度も乗りました(ぉ


 

 

 


 福本渡船の尾道側。

 福本渡船も、アレだよなぁ…。
 大林映画「さびしんぼう」でヒロインが通学に使う渡船です。

 たぶん、「喫茶こもん」さんあたりでロケ地として紹介された物件ゆえに、かなり過去の尾道の舞台と重複するんでしょうね。


 


 商店街アーケード内にある、もと銭湯(今はみやげ屋)

 …実は、ここには私、銭湯として入ったことがありましてよ?
 ロケ地巡りの後、ここで汗を流すのが通例でした(笑
 かみちゅ!を見ている人には、尾道に住んでいても入った事がない方もいるかも知れません(笑


 


 第2回「神様お願い」で、八島様を捜す時に出てくる稲荷神社です。左側にポールが無い…とか思ったんですが、ポールに見えたのは雨樋らしいです。

 手前に見えるのは、魚売りの台車。路地でオバチャンが魚並べて売っているのが尾道の風景。。


 

 第2回「神様お願い」でもののけがいる鉄塔。

 


 オバケのQ太郎

 これもねー、実は尾道風景百選とか、そういう観光案内にちゃんと載っているんですよ。
 なので、探すまでもなく場所を知っていたりして。

 っていうより、ほとんど知ってる場所ばかりだったので、実際にあるかどうかの検証だっんですが。


 

 アニメと同じアングルで撮影したかったのですが、どうしても邪魔くさい路上駐車の車が。

 


 今回、純粋にかみちゅ!の場所だけ回れば、もっと多くの場所を回れたんですが、つい懐かしくて大林映画のロケ地も混ぜてしまいました。

 時間切れ!

 なので、計画していた千光寺からの下山2ルートや、尾道水道側の風景が全滅_| ̄|○
 もっと案内したかったんですが。

 同行のしんたろさん、すまん。


 
 ▲映像特典(笑):大林映画の尾道ロケ地の現在  ▲映像特典2:尾道の坂道  ▲大和ロケセット

 ▲Page 1 ◆Page 2 ▲トップページ