桜島フェリー

 第十五櫻島丸です。チェリークイーンの愛称がついています。ファンネルの装飾や軒の形状が特徴的で、外輪船をイメージしたものになっています。
 船内です。短時間の乗船には十分すぎるほど設備は充実しています。

 うどん・そばコーナーもありますが、乗船してすぐ注文しないと、食い終わらないうちに到着してしまいます。

 売店の名物は何と言っても「焼き芋」。一皮むけばトロットロのホックホクが顔をだします。ただ焼いただけのサツマ芋のはずが、無添加健康志向のとびきり上等なスイーツ。やはり本場モノは違うんですね。

 うどん・そばより芋にとびつきました(笑)。

大型船に移行する前の時期に造られた第五櫻島丸です。
そのうどん・そばコーナー。チェリー・クイーンのと比べるとかなり小ぶりで、駅の立ち食いソバスタンドを彷彿とさせます。
 こちらも小型の第十三櫻島丸です。第五と比べると心持ち大きめです。
 (右写真)桜島をバックに入港する第十六櫻島丸「ドルフィン・ライナー」です。こちらはオーソドックスなつくりになっています。防波堤の向こうにもう一隻見えるのは桜島行きの僚船。
(上写真)出航する第十八櫻島丸「プリンセスマリン」です。客室2階頭部の造りや赤帯などに違いがあります。

西伊豆工芸のWeb Siteへ

海上交通へ