志賀草津道路

日本を代表する温泉地草津と、リゾート地志賀高原を結ぶ道路です。と書くとまるっきり観光道路だと思われますが、実は渋峠を越えて北信と上州とを連結する生活道路・産業道路という一面も併せもっています。
ただ、冬季は途中の陽坂〜殺生河原の間が閉鎖され、長野から草津方面へは上信越道とR146を組み合わせるか、浅間山が活発な場合はさらに上信越・関越・R353・R145の組み合わせで遠回りになります。
群馬側は料金所が撤去された程度でほぼ原型をとどめているようですが、長野側は冬季オリンピックに関連して曲線改良工事を実施した箇所があります。

湯の花沢−渋峠

湯の花沢から尾根一つかわすと、絶壁に通したような区間があります。全体としては緩斜面、ところどころに切り立った岩がある、それがアクセントになって風景全体を引き立てています。火山地帯はやはり魅力的です。
さほどかからずに再び緩斜面、緑の高原となります。駐車場もあります。
かと思うと植生が減って岩がゴロゴロしている一帯に差し掛かったりします。これは高度の関係と、
白根火山の山頂に近づいていることが影響しています。
白根火山駐車場入口。駐車料金は普通車410円です。
上の写真の位置から長野側を撮影。
万座温泉方面への分岐付近。法面をコンクリートで固めてあるのも志賀草津道路ですが、黄色い線で囲ってある辺りの稜線も志賀草津道路です。
上写真で黄色い線で囲ってある辺り。正面に見える草津白根山はちょうど涸釜のあるあたり。
上写真の位置から万座温泉方面への分岐を撮影。写真中央の三叉路から右手に行くのが万座への道。写真奥から手前にのびるのが志賀草津道路。
山田峠付近。写真左下の山田峠から稜線を縫い、日本国道最高地点を経て渋峠に至る。
山田峠付近から上写真の撮影位置方向。左手の山は草津白根山。
雲が近い、空が近い。
日本国道最高地点。晴れていれば眼下に芳ヶ平を望むことができますが、あいにくの霧。
富士山富士宮口新五合目より200m低いところですが、六月でも冷えます。
渋峠です。まだこの地点は群馬県側ですが、道は下りにかかります。

志賀草津道路(渋峠−上林)へ

西伊豆工芸のWeb Siteへ

志賀草津道路(草津−湯の花沢)へ