鉄道旅行

飲んだら乗る、乗るなら飲む……。反社会的?いえいえ、列車の「飲み歩き」のことですよ。下の表中、飲みながら乗った路線は赤くしてあります。赤くしていない路線も、乗車前・乗車後に飲んでいることがあります。
 また、全駅ウォークを達成した路線は表を黄色くしてあります。

完乗した路線
 静岡・山梨・長野・富山・沖縄県内の鉄道路線(営業路線)は全線完乗。東海3県、滋賀県、関東地方(千葉県の成田線空港支線除く)のJR線も完乗。

JR線
路線名 完乗時期及びコメント
千歳線 2004年6月13日。1980年8月に家族旅行で一旦完乗するも、南千歳−新千歳空港の開業で、同区間が「落穂」となっていた。
(北海道)
陸羽西線 1995年3月2日。快速月山2号(キハ58)で余目から新庄へ抜けた。
(山形)
羽越本線 初乗りは1995年3月2日、「ムーンライト」とキハ47(ロングシート)で新発田−余目間。2009年5月、寝台特急「あけぼの」で夜間乗車ながら秋田→新津を完乗。
(新潟・山形・秋田)
仙山線 同じく1995年3月2日。快速仙山号(455系)で山形から仙台へ。愛子辺りで沿線火災のため抑止に当たる。
(山形・宮城)
常磐線 これも1995年3月2日。南半分はその2年前に乗っていたが、この日岩沼−いわき間を乗って完乗、いわきでは「うにめし」に舌鼓をうつ。2005年8月には上野−土浦間で「飲み歩き」。
(東京・千葉・茨城・福島・宮城)
磐越東線 1993年3月5日に完乗を果たすも、HPへの掲載をすっかり失念していた。キハ110系で、小野新町から単行となったが、それでも混まず快適な車中だった。
(福島)
水郡線 キハE130がとばしまくる過激な?ローカル線。2009年3月14日初乗り完乗。郡山→水戸方向で、上菅谷での接続が悪いなー、と思っていたら常陸太田行きはこの駅で長時間停車。雨風強い中救われた……。
(福島・茨城)
水戸線 2006年8月に友部→小山通し乗車で完乗。意外に乗り応えがあった路線。車窓の筑波山が美しい。
(栃木・茨城)
日光線 2008年8月に初乗り完乗。急勾配ぶりに驚く。これじゃ157系造るには相当神経使ったのでは。165系をタネに造られた107系がその性能をいかんなく発揮していた。
(栃木)
烏山線 2008年9月に初乗り完乗。ついでに烏山−滝間のミニウォーキングをして、龍門の滝の上を行く列車と、滝駅前の築堤を行く列車を撮影した。
(栃木)
白新線 やはり1995年3月2日。新宿からの快速ムーンライト(165系)で新潟から新発田、羽越線を村上まで通して乗った。
(新潟)
越後線 1993年3月6日。115系の普通列車で乗りとおした。当時は湘南色の165系もローカル運用で活躍。
(新潟)
只見線 2009年3月13日、初乗り完乗。青春18きっぷ族には人気の高い路線で、なるほどまだ雪の深い六十里はなかなかよい景色。キハ40(それも原型エンジン車)が頑張っている。
(新潟・福島)
上越線 1993年3月6日。新宿からの快速ムーンライト(165系)で高崎から宮内まで乗りとおした。また宮内→高崎を寝台特急あけぼの号で2009年5月5日に抜けている。しかしいずれも真夜中の話。 昼間の乗車は高崎−渋川間及び越後湯沢−越後川口間。あけぼのでは水上以南で「早朝」となったが。
(群馬・新潟)
飯山線 2003年6月7日、鉄道友の会創立50周年記念全国JR線乗車リレー東ルートの伴走で完乗。
(新潟・長野)
吾妻線 2007年9月8日完乗(往復乗車)。大前までは一日5本しかないが、それもそのはず終点大前には交換設備がない。その手前の万座・鹿沢口にも交換設備がなく、特急「草津」は長野原草津口か羽根尾で待機して、時間が来たら回送で万座・鹿沢口に入線している。大前から先に延伸の計画はあったらしいのだが。
(群馬)
信越本線 2003年6月7日、残っていた豊野−直江津間を乗りとおした。飯山線同様、鉄道友の会の乗車リレーに参加したことによる。篠ノ井−横川間は長野新幹線開業前に乗車。
(群馬・長野・新潟)
長野新幹線 2001年7月、鉄道友の会長野支部創立40周年記念行事に出席のため「あさま」を乗りとおしたことに伴い、高崎−長野間完乗。その後も時々利用しており、車中で飲んだことも。ただ、今後延長して「北陸新幹線」となると、完乗リストから一旦外れることになりそう。
(群馬・長野)
小海線 1994年9月4日。鉄道友の会静岡支部の「青春18きっぷ乗り歩き」例会の第3弾として完乗。その後も数度にわたり利用、夏場は小淵沢で駅弁とビールを仕入れて飲みながら旅行を楽しむのがいい。
(山梨・長野)
両毛線 2001年7月、鉄道友の会静岡支部の「青春18きっぷ乗り歩き」例会の下見で完乗。本番でも乗っているが、小山で飲んでから「酔い覚まし」のため線内では飲んでいない。
(栃木・群馬)
八高線 こちらも2001年7月、例会の下見と本番で完乗。
(東京・埼玉・群馬)
高崎線 1991年4月、横軽訪問のため一気に乗りとおしたのが最初。以後何度か完乗している。
(埼玉・群馬)
川越線 大宮−川越は1999年10月に乗車、その先、八高線と組み合わせた八王子−川越は2006年7月の乗車。
単線で駅間が長い、いかにも地方路線といった風情。
(埼玉)
総武本線 初乗り時期不明、2006年夏、秋葉原と錦糸町の間を乗って完乗達成。つまり、戸塚乗換え→総武・横須賀直通快速利用(またはその逆)というパターンが多かったということ。
(東京・千葉)
鹿島線 近代的なラーメン橋が連続する線区。みどころは利根川橋梁と霞ヶ浦橋梁。鹿島−鹿島サッカースタジアム前の旅客列車は鹿島臨海鉄道持ちだが、117系ばりの内装のキハ6000で快適そのもの。2006年8月完乗。
(千葉・茨城)
東金線 1997年9月7日。鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」で完乗。
(千葉)
外房線 1995年3月4日、安房鴨川から千葉へ向けて乗り、完乗。その後も数度にわたり利用した。
(千葉)
内房線 1995年3月4日、千葉から安房鴨川へ向けて乗り、完乗。その後も数度にわたり利用した。
2009年9月5日には浜金谷―上総湊をウォーク。
(千葉)
久留里線 2006年8月初乗り完乗。往路は非冷房のキハ30に乗車。前に冷房つきのキハ38がついていて、冷風が貫通路を通ってくるのでさして暑くはなかった。上総亀山では亀山湖のほとりのソバ屋で昼食。G河高原ビールとの相性が絶妙だった。
(千葉)
京葉線 1997年9月7日、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」で完乗。
(東京・千葉)
武蔵野線 初乗りは2004年7月、新松戸−市川塩浜間。2006年8月、雷雨の中南船橋−西船橋及び新松戸−府中本町完乗。厳密にいえば府中本町−新鶴見が未乗だが、貨物専用区間なので除外する。
(東京・千葉・埼玉)
山手線 1993年3月6日、残っていた田端−池袋−新宿間を乗りとおして完乗。
(東京)
赤羽線 仕事で出張先の川口から新宿へ向かうため、1999年10月に乗りとおした。
(東京)
埼京線 2006年7月完乗。併走する新幹線には何回か乗っていたので、特に新鮮味なし。
(東京・埼玉)
横浜線 2005年9月完乗。初乗りは1992年9月の町田−長津田間で、その後1997年に八王子−町田間を利用したが、長津田−東神奈川間が未乗となっていた。
(東京・神奈川)
南武線 やはり1992年9月に川崎−武蔵溝ノ口間で初乗り。2005年8月に立川−武蔵溝ノ口間を乗車、2006年8月に雷雨であちこちウヤる中浜川崎支線を乗りとおして完乗。
(神奈川)
鶴見線 2006年8月完乗。大川支線は片道徒歩で引き返す。専用踏切に「踏切警手」を発見して妙に嬉しかった。海芝浦駅では冷房の効いた車内から行き交う船を眺めて時間つぶし。
(神奈川)
相模線 明確に記録が残っているのは2002年7月の例会下見だが、それ以前にも一度完乗している。但し寒川支線の乗車はない。
(神奈川)
横須賀線 2002年7月、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」の下見で、未乗となっていた逗子−久里浜間を乗りとおした。1987年に大船−北鎌倉間を乗ってから約15年経っての完乗。
(神奈川)
中央本線 2001年、未乗となっていた代々木−東京間(ほとんど「落穂」に近い)を乗りとおして完乗。飯田線ともども、乗るときには飲む場合が多い。
(東京・神奈川・山梨・長野・岐阜・愛知)
篠ノ井線 初乗りの時期ははっきりと覚えていないが、何度か利用している。にもかかわらずHPへの掲載を失念していた。明科の「旧線跡遊歩道」は2009年の年末に鉄道友の会長野支部行事でウォークした。
(長野)
青梅線 青梅特快なんかも出ているから、奥多摩に近いとはいえまだ都会なんだろうな、と思ったら青梅駅はかなり味の深い駅。奥多摩駅はいかにも登山の玄関口といった風情。登山届ポストや「クマに注意」が駅前にあるのにはたまげた。四季彩にも乗車、2006年8月完乗。
(東京)
五日市線 こちらはあまりにもインパクトのない路線。ただ武蔵五日市の駅の造りは終着駅らしからぬもので、かつては延伸計画でもあったか?と思わせる意味深長な途切れ方となっている。2006年8月完乗。
(東京)
東海道本線 2004年9月3日、「落穂」の大垣−美濃赤坂間「赤坂線」を乗りとおして完乗。最も身近なJR線だけに飲み歩き回数も多いのだが、「赤坂線」ではやはり飲んでいない(っつーか、乗車時間10分足らずでは飲むに飲めない)。初乗りは幼少の頃、としか言えないが、実に30年近くかかっての完乗となった。
また歩いたのは偶発的に静岡−草薙間(学生時代に静岡市内で飲んで、タクシーがなくなってやむを得ず草薙駅近く清水寄りの自宅アパートまで歩いて帰った)と、ガラにもなく銀ぶらした結果の東京−新橋間のみ。
(東京・神奈川・静岡・愛知・岐阜・滋賀・京都・大阪・兵庫)
根岸線 2001年、「落穂」の横浜−関内間を乗りとおして完乗。初乗りは1979年の関内−洋光台、実に22年経っての完乗となった。
(神奈川)
伊東線 地元の路線ながら縁遠く、1990年4月にようやく初乗り・完乗を果たした。
(静岡)
御殿場線 明確に記録が残っているのは2003年10月の鉄道友の会創立50周年記念JR乗車リレーだが、それ以前にも一度通しで利用している。また松田−沼津間は利用回数が多い区間の一つ。SSE車の「あさぎり」や115系の6000番台(N編成)に乗車したこともある。
(神奈川・静岡)
身延線 1994年9月4日、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」の第3弾に参加、完乗。その後も度々利用しているが車の方が利便性がいいので、飲み歩きに利用するケースが多い。
なぜか鰍沢口−市川本町間と甲斐上野−東花輪間をウォークで踏破している……。
(静岡・山梨)
大糸線 2004年8月7日、糸魚川−松本間を乗りとおして完乗。初乗りは2000年の冬に松本−穂高をE127系で往復。ただ、乗っていなかっただけで撮るほうは何度も訪問していた。 オリジナル途色に戻されたキハ52115
(糸魚川、2004.8.7)
(新潟・長野)
北陸本線 1993年3月6日、初乗りで一気に完乗した。記憶がいたって怪しいが、ほとんど「食パン電車」の厄介になっていたと覚えている。その後は区間利用にとどまる。そのうち、2009年9月6日には敦賀で缶ビールを仕入れ、疋田ループを堪能しつつ飲んでいた……。
粟津−動橋間を2009年9月19日に踏破、この路線初のウォーク記録である。
(新潟・富山・石川・福井・滋賀)
富山港線 LRT化前に乗っておこう、と2005年9月23日初乗り完乗。既に「さようなら富山港線」と銘打った写真展が行われており、廃線間近の雰囲気。北陸線からの貨物用短絡線も今は既にない。(LRT化後は後記)
(富山)
氷見線 2005年9月24日初乗り完乗。高岡−伏木の貨物輸送は継続している。この線のハイライトといえば雨晴海岸、波打ち際すれすれを走る。
塗色変更されているもののキハ58+28の2連。長年の使用がたたって高岡出発時にはギアのトラブル発生。さらに窓が完全に閉まらない。この冬を越すのはかなり厳しそう。
(富山)
城端線 2005年9月24日初乗り完乗。高校生の利用が多い。沿線は単調な田園風景が続く。五箇山とのリンクをもう少し活かせれば、と思う。高岡−二塚間貨物輸送継続中。
(富山)
高山本線 1995年3月3日、初乗りで一気に完乗した。富山からキハ58、高山からキハ47(だと思う)を利用。撮るほうは5回くらい訪問している。
(富山・岐阜)
飯田線 1995年3月1日に完乗。その後も数次にわたり利用、2001年7月の鉄道友の会長野支部創立40周年記念列車では、クモハ12の車内で延々と飲んでいた。また2003年の鉄道友の会創立50周年記念全国JR乗車リレー西ルートでは、平岡−中部天竜で正走者を務め、その前後ではしっかり飲んでいた。
(長野・静岡・愛知)
武豊線 完乗時期が不明確だが、90年代の前半だったと覚えている。
(愛知)
太多線 2004年9月3日、初乗り完乗を達成。単行だろうとタカをくくっていたのだが、2連とは立派。平日30分間隔で運行。 発車待ちのキハ11
(多治見、2004.9.3)
(岐阜)
関西本線 2003年7月、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会特別版」の下見で、残っていたJR難波−王子、木津−柘植を乗りとおして完乗。ところが本番では王子での踏切冒進によりダイヤが乱れ、木津から先は利用せずじまいとなった。
(愛知・三重・京都・奈良・大阪)
参宮線 1993年7月、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」第2弾の下見で完乗。
(三重)
名松線 2000年7月、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」の下見で往復。本番も利用。
(三重)
東海道新幹線 もっとも身近な路線の一つ。完乗は1988年3月、残っていた京都−新大阪間を乗って果たした。ただ東京−新大阪通しの乗車経験は今に至るまでない。
(東京・神奈川・静岡・愛知・岐阜・滋賀・京都・大阪)
湖西線 1999年9月5日、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」で初乗り完乗。
そして10年後の2009年9月6日、再び「青春18きっぷ乗り歩き例会」で訪れ、敦賀駅で買った缶ビールを湖西線内でも飲み続けていた。
(京都・滋賀)
草津線 1995年9月3日、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」で初乗り完乗。
(滋賀・三重)
奈良線 1993年3月8日、残っていた京都−黄檗間を乗って完乗。その後しばらく乗っていなかったが、2003年には関西線のダイヤ混乱のあおりで急遽通しで乗っている。
(京都・奈良)
山陽新幹線 初めて乗ったのは岡山→新大阪、1988年3月のこと。完乗は22年経った2010年4月。長らく小倉−博多が落ち穂となっていた。東海道に比べるとトンネルが多いせいか、乗っていて飽きが来やすい。
(大阪・兵庫・岡山・広島・山口・福岡)
伯備線 1996年3月4日、倉敷−伯耆大山を初乗り完乗。
(岡山・鳥取)
宇野線 1988年3月、岡山−宇野間完乗。この時宇野−茶屋町間ではクモハ84に乗車。その後も数次にわたり利用。
(岡山)
瀬戸大橋線 1990年1月、寝台特急「瀬戸」で乗りとおしたのが最初の完乗。その後何度か利用している。2004年3月には2日間で2往復半している。
(岡山・香川)
筑豊線 2010年4月4日、初乗車で一気に完乗。福北ゆたか線としてまず桂川→折尾、若松線で若松、渡船で戸畑へ出て西小倉、田川後藤寺、新飯塚とまわり桂川→原田で仕上げ。
(福岡)
後藤寺線 上記筑豊線全線乗車に付帯して完乗。
(福岡)
篠栗線 やはり筑豊線全線乗車に付帯した完乗。
(福岡)
久大線 1993年夏に有志で九州旅行、特急「ゆふ」で通し乗車した。
(福岡・大分)
豊肥線 こちらも1993年夏に通し乗車。SL「あそBOY」車中でビールを飲んだ。
(熊本・大分)
肥薩線 2009年11月21日、初乗り完乗。特急「はやとの風4号」車内で薩摩地ビール「金」を喫し、人吉からの「九州横断特急8号」でも車内販売のスーパードライを飲んでいる。ただ、吉松−人吉の「しんぺい」では、ちょっとワケあって飲めずじまい。
(熊本・鹿児島)
私鉄・公営・三セク
札幌市電 2004年6月12日、酔狂&酔い覚まし&腹ごなしで初乗り完乗。
(北海道)
札幌市南北線 これも2004年6月12日の完乗だが、初乗りは1980年8月のさっぽろ−中島公園間なので、24年経っての完乗となった。
(北海道)
鹿島臨海鉄道 赤字ローカル線を引き継いだのではなく、未成線を引き継いだだけあって設備が立派。転換クロスの車両で、名物「ジ〇〇ジアMAX」を飲みつつ一気に乗りとおした。2006年8月完乗。
(茨城)
真岡鐵道 2009年8月12日初乗り完乗。しかも茂木―多田羅間のウォーキング&撮影付。
(栃木)
関東鉄道常総線 2004年7月24日、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」の下見で完乗。8月29日の本番では缶ビール2本で乗りとおした。 キハ102の車内
(2004.8.29)
(茨城・千葉)
つくばエクスプレス 開業後最初の日曜日、2005年8月28日に鉄道友の会静岡支部「乗り歩き例会」として全線初乗り完乗。最高130km/hとは思えない上々の乗り心地に一同大満足。
(茨城・千葉・東京)
東京臨海高速鉄道 これも2004年7月24日に完乗。
(東京)
いすみ鉄道 1998年9月6日、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」で完乗。
(千葉)
小湊鉄道 これも1998年9月6日に完乗
(千葉)
わたらせ渓谷鉄道 2009年4月に初乗り完乗。足尾銅山の見物もし、復路はトロッコ列車に乗車。元京王5000系電車のトロッコ客車という変わり種だが、乗り心地はすこぶる良かった。ただまだ桃の時期だけあって寒かったが……。その前後にスハフ12をつないでおり、高齢のお客さんはみなそちらで温まっていた。車内放送のチャイムは種車の関係か「ハイケンスのセレナーデ」
(群馬・栃木)
秩父鉄道 2008年8月に鉄道友の会静岡支部の行事で三峰口→熊谷を乗車、その1週間後に残る羽生→熊谷間を乗車。羽生の駅では東武の4番線と秩父の4番線が隣り合って並んでいるのを発見、これってアリなの?
(埼玉)
西武鉄道新宿線 1999年10月、特急「小江戸」に通し乗車して完乗。
(東京・埼玉)
西武鉄道秩父線 2008年8月、鉄道友の会静岡支部の乗り歩き例会で完乗。0キロポストは吾野駅にある。
(埼玉)
都営荒川線 こちらも1999年10月に初乗り完乗。
(東京)
東急世田谷線 今日〜もいい天気〜!と晴天の下、2010年3月14日に全線ウォーク&完乗。併用区間は無いに等しいのですが、車体はトラムという300型が下高井戸と三軒茶屋の間を行き来しています。沿線には豪徳寺や松蔭神社といった見どころもあり。また焼き立てパン屋さんが多いところ。
(東京)
小田急小田原線 時期不詳ながら1996年かそこらに、「落穂」の新松田−開成間を乗って完乗。その後も何回か利用している。とくに新松田−新宿間は主要な上京ルート。
(東京・神奈川)
小田急江ノ島線 1996年7月29日、相模大野−片瀬江ノ島間初乗り完乗。それも各駅停車で。
(神奈川)
小田急多摩線 2005年9月初乗り完乗。いかにもベッドタウンといった風景の中を走る路線で、高架・掘割・トンネルが多いのも特徴です。唐木田から延伸されるとリストから外れますが、予定はないようで……。ちなみに多摩線の完乗を以って、小田急線完乗達成となりました。大手私鉄では阪神電鉄に次いで2番目です。
(東京)
多摩都市モノレール 2005年9月、小田急多摩線とセットで初乗り完乗。多摩センターでは小田急&京王、多摩動物公園・高幡不動で京王、立川南−立川北間でJR(中央&南武)、玉川上水では西武の駅を下に見ることができます。上北台では西武ドームも遠望できます。
(東京)
東急東横線 2005年7月初乗り完乗。カーブが多いという印象。横浜−桜木町旧線廃止後なのでちょっとズル(?)横浜→渋谷の乗車です。つぎはMMで中華街行きか?
(東京・神奈川)
京急逗子線 1992年9月、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」(当時そんな呼び名はなかった)第1弾で完乗。
(神奈川)
横浜新都市交通 これもやはり1992年9月に初乗り完乗。
(神奈川)
湘南モノレール これも1992年9月の初乗り完乗。
(神奈川)
江ノ島電鉄 1992年9月に初乗りの時は鎌倉高校前〜鎌倉間。その後江ノ島〜鎌倉高校前と区間を延ばし、残る藤沢〜江ノ島間を含め2008年12月27日全線完乗。さらに「完歩」しちゃいました。
(神奈川)
箱根登山鉄道 長いこと撮ってばかりで乗っていないという状態でしたが、2007.10.28、全線通して(ただし、鋼索区間除く)歩いた帰りに完乗。
(神奈川)
北越急行ほくほく線 2003年6月7日、翌日の用事のため直江津18時10分発の「はくたか」&越後湯沢経由で帰宅の際に初乗り完乗。
(新潟)
長野電鉄長野線 2001年・2002年にはながでんビアトレインに乗車。2002年には往路の須坂で生ビールが品切れした。
2007年秋には完歩。
(長野)
長野電鉄河東線 2002年に「屋代線」区間の全線を乗りとおして完乗。須坂−小布施間ではながでんビアトレインに乗車。廃止前の木島線区間には、2001年度中何度も足を運んだうえ、最終日には木島−信州中野間を撮影しながら自分の足で歩きとおした。
(長野)
長野電鉄山ノ内線 2001年の冬に完乗。その後は乗るより撮る方が多い。
(長野)
上田電鉄別所線 2001年夏に完乗。2003年秋には鉄道友の会長野支部の撮影会でも訪問。
(長野)
しなの鉄道 信越本線時代に一度完乗、三セク化後も2002年に完乗している。
(長野)
松本電鉄上高地線 2000年の冬に初乗り完乗。まだ5000系が新島々に留置されていた。
2008年初冬に完歩。
(長野)
富士急行 2006年7月29日初乗り完乗。フジサン特急で車販の缶ビール飲みながらの贅沢旅行。普段は併走する中央道を車で、というのがパターン化していたので、乗り歩きはここまでずれこむことに。これでようやく山梨県内完乗。
(山梨)
岳南鉄道 時期不詳ながら、2003年9月に全線利用したほか、それ以前にも数次にわたり利用している。
2009年8月7日にはビアトレインに乗車。「ふじやまビール」をたらふく飲みました。
(静岡)
伊豆急行 1990年4月に完乗。こちらの初乗りは1984年夏の伊豆稲取−伊豆急下田間。その後も何度か利用している。
2007年秋には「伊豆急全線ウォーキング」で完歩、2008年3月に再び完歩している。2008年秋には6日間で伊東〜伊豆急下田を往復。そして2009秋〜2010春にかけ、やはり6日間で往復完歩。
(静岡)
伊豆箱根大雄山線 1995年春に完乗。まだMc165が現役を張っていた。
(神奈川)
伊豆箱根駿豆線 完乗時期は最も古いのだが、特定は難しい。1973年頃には既に親に連れられて乗りとおしていたと思われる。「飲み歩き」となると必ずといっていいほど利用する。
(静岡)
静岡鉄道静岡清水線 完乗は大学が沿線にあったことから、1989年の夏ごろ。
(静岡)
大井川鉄道本線 SL列車に揺られながらのビールはまた格別。鉄道友の会の行事のほか、個人で乗ったり、旧土肥町の文化協会の研修で乗ったことも。
(静岡)
大井川鉄道井川線 雪の井川線で「マッコリ」を傾けたのはいい思い出。
(静岡)
天竜浜名湖鉄道 完乗は2003年4月の新所原−西鹿島間で果たし、これにより静岡県内の鉄道路線完乗を果たした。
(静岡)
遠州鉄道 時期不詳ながら、4回ほど完乗しています。また新浜松−遠州病院前と助信−曳馬間はウォーク済です。
(静岡)
明智鉄道 2008年9月27日、鉄道友の会静岡支部&長野支部合同行事として岩村−恵那−明智−岩村の行程で乗車。途中恵那−明智は特別イベント「ワンコイン列車」として運賃なんとたった100円。
(岐阜)
神岡鉄道 2006年10月22日、鉄道友の会静岡支部行事として往復乗車。
(岐阜・富山)
富山地方鉄道本線 2005年9月に初乗り完乗。この時も飲み歩きましたが、再訪となった2010年5月2日も、電鉄富山→宇奈月温泉の往路で飲んでいました。ちなみに元京阪3000系。復路は元西武5000系で、自販機でおとなしくお茶買って飲んでいました。
(富山)
富山地方鉄道立山線 2005年9月24日初乗り完乗。前々日の立山ロープウェー駅で岩峅寺−千垣間の復旧を知り、岩峅寺折り返しの旅程を急遽組みなおし、立山まで足を伸ばしました。寺田から立山まで特急アルペン号利用のため、ノンストップ。復路は各駅停車で岩峅寺まで。
(富山)
富山地方鉄道
不二越・上滝線
2005年9月24日初乗り完乗。もともとはこちらが富山−立山のメインルートだったそうな。
南富山で路面電車に接続、稲荷町で本線に合流します。車両運用は共通化されているようで、吊り掛け車はありません。
(富山)
富山地方鉄道市内線 2005年9月23日初乗り完乗。富山駅前−南富山の系統と、さらに西の大学前から来る系統があります。環状線は厳密には地鉄ではありませんが、便宜上ここに含めておきます。2010年5月1日環状区間を完乗・完歩しました。
(富山)
富山ライトレール・富山港線 JR富山港線時代に一度完乗(先述のとおり)。そして2010年5月1日、全線完乗・完歩しました。
(富山)
万葉線 旧加越能鉄道を引き継いだ第三セクター鉄道。「アイトラム」導入で意欲的とも思えますが、地上設備は改修の余地がかなりあります。2010年7月19日再訪、高岡駅前から越ノ潟まで炎天下をウォーク。「アイトラム」の増備が進み、旧型車は1両のみ運用に入っていました。また停留所設備の改修も進んでいました。
(富山)
黒部峡谷鉄道 2005年9月23日初乗り完乗飲み歩き!紅葉の前とはいえさすが連休、すれ違う列車は鈴なりのお客様。全リラックス車の列車でラクラク欅平往復。乗車前に宇奈月の地ビール、乗車中は缶ビール、いや飲んだ飲んだ!
そして2010年5月2日にも再訪しましたが、やはり往復飲みました。往路は全リラックス車両でしたが、復路は普通客車をチョイス。欅平では「普通客車は初めて」という方々が、横に広がらずに並んで待っており、駅員さんに「横に広がってください」と促される場面も。
ここの全線ウォーキングというのは……われわれ一般人には許されていません(関係者は冬季、否応なく全線歩き通しています)。
(富山)
北陸鉄道浅野川線 炎天下の2010年7月19日、北鉄金沢から内灘まで一気にウォーク。そして帰りは全線通し乗車。印象としては、貨物のない岳南鉄道といった感じでした。
(石川)
北陸鉄道石川線 あいにく加賀一の宮−白山下の部分廃線後なので、野町−加賀一の宮間の乗車。全線ウォーク踏破を企図したものの、悪天候のため加賀一の宮−中鶴来と西金沢−野町の両端区間にとどまる。いずれ西金沢−鶴来と、鶴来以南の廃線区間を歩いてみたい。
(石川)
豊橋鉄道東田本線 長らく落穂となっていた駅前のペデストリアンデッキ下延伸部分だが、2010年3月28日に乗車して完乗。あわせて、駅前→赤岩口までウォークして、15年くらい前に歩いた井原→運動公園前の支線と合わせ、完歩も達成。
(愛知)
名鉄名古屋本線 2008年8月に豊橋→神宮前、熱田神宮参拝をはさんで神宮前→名鉄岐阜と乗り継いで完乗。
(愛知・岐阜)
名鉄豊川線 1995年に鉄道友の会静岡支部の撮影会で完乗。
(愛知)
名鉄常滑線 中部国際空港からの帰りに利用。
同空港の爆発的な人出でこちらも大混雑。高架化工事が行われているところもある。
(愛知)
愛知環状鉄道 1996年7月28日に完乗。
(愛知)
名古屋臨海高速鉄道 愛称はあおなみ線。名古屋でのJR在来線からの乗り継ぎは一苦労。途中南荒子までは貨物ファン垂涎の路線。終点金城埠頭はRORO船ファン垂涎の地。
(愛知)
三岐鉄道北勢線 2007年夏に、途中の麻生田まで乗車後、バス代行で終点阿下喜へ。そして2年後、2009年9月7日に完乗達成。
762mmゲージの完乗は黒部峡谷に次いで2例目。
(三重)
三岐鉄道線 現在旅客営業を行っていない朝明信号場―富田間を除く。2009年9月7日、北勢線阿下喜から伊勢治田までウォークし、元西武701系の801系で西藤原へ。すぐ丹生川に戻って撮影し、元西武401系の101系で近鉄富田まで乗りとおした。
(三重)
伊勢鉄道 1993年7月、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」の下見で完乗。
(三重)
近鉄名古屋線 1987年、高校の修学旅行で近鉄名古屋−伊勢中川完乗。この時の団体列車は、短絡線を通らず伊勢中川で方向転換した。
(愛知・三重)
近鉄大阪線 1996年、アーバンライナーで完乗。伊勢中川の短絡線経由である。
(大阪・奈良・三重)
近鉄京都線 1985年、中学の修学旅行で橿原特急に乗り、京都−大和西大寺間完乗。
(京都・奈良)
近鉄橿原線 1985年、中学の修学旅行で橿原特急に乗り、大和西大寺−橿原神宮前間完乗。
(奈良)
信楽高原鉄道 1995年9月3日、鉄道友の会静岡支部「青春18きっぷ乗り歩き例会」で完乗。しっかり狸の置物を土産に買って帰る。
(滋賀)
京阪石山坂本線 京阪電鉄の路線で初めての完乗となったのは2010年3月27日の石山坂本線。石山寺→坂本完歩も一緒に達成。
(滋賀)
阪神本線 1996年夏、姫路直通特急で梅田−元町完乗。三宮の豪勢な駅に比べ元町の寂しいこと……。
(大阪・兵庫)
阪神西九条線 1996年夏、尼崎−西九条完乗。この路線は西九条−難波の延伸が決まっているので、一旦リストから消えそうである。が、第3セクターの鉄道路線となったため、西九条線についてはリストに残している。
(大阪)
阪神武庫川線 1996年夏、武庫川−武庫川団地間完乗。あまりに短いので復路は線路沿いの道を歩いてしまった。
(兵庫)
阪急神戸線 2005年8月、初乗り完乗。特急で行くとあっという間についてしまう。阪神に比べると駅が少ない。
(兵庫)
岡山電軌東山線 2004年3月6日、鉄道友の会長野支部「BL賞受賞車両・候補車両乗車会」で完乗。MOMOで岡山から東山まで乗りとおした。
(岡山)
琴電琴平線 1988年3月、琴電琴平−瓦町、瓦町−高松築港と分けて乗車。その後も何度か利用している。
(香川)
筑豊電気鉄道線 九州で初めての完歩路線です。軌道線用の車両使っている割に駅間が長いのが特徴です。2010年4月3日、ポカポカ陽気の中、桜と菜の花を眺めながらの快適ウォークとなりました。
(福岡)
福岡市交通局1号線 1993年に初乗車、17年おいて2010年4月、落ち穂となっていた博多−福岡空港を乗車して完乗。ICカード「はやかけん」、SUGOCAはもちろんのことSuicaも利用できます。
(福岡)
熊本市電 2009年11月22日に完乗。
現在、田崎橋−健軍町の2系統と上熊本−健軍町の3系統があって、途中の辛島町−健軍町は両者が乗り入れている。
2系統の熊本駅前−辛島町間は、運行回数が制約を受けるうえに、中心街とJR駅間を結ぶことから、いつも混み合っている。
VVVF車や低床車を導入したり、早い時期から軽快電車を導入するなど、積極的な反面、昔ながらのツリカケモーター、木床の車両も現役で頑張っている。中にはセ○スイホームや、○ジドリームエアラインズのラッピング電車などもある。
田崎橋−市役所前間は細切れにウォーキングしている。
(熊本)
鹿児島市電  これで日本最北の路面電車と最南の路面電車を制覇!
 現在は鹿児島駅前−交通局前−郡元−谷山の@系統と鹿児島駅前−鹿児島中央駅前−郡元のA系統で運行されている。6〜7分毎の運転頻度は札幌よりは多いようだが、静鉄と同じレベル。(静鉄は17m車2両)
 とはいえ市内の移動には便利。料金は一律160円(子供80円)で、鹿児島駅前から谷山まで通しで乗ろうが、天文館と鹿児島中央駅の間でちょい乗りしようが、同額である。
 @系統は郡元の次の涙橋(お里が知れる……って、それは泪箸。ジョー!……ってのはトシが知れるちょっとミーハー)から谷山までは専用軌道となる。都電荒川線と同じパターンである。
熊本市同様、VVVF車や超低床車の導入には積極的。アルナ製車体が多い中で、JR工場製のモノもある。
(鹿児島)
沖縄都市モノレール  日本最南端の駅(赤嶺)と日本最西端の駅(那覇空港)の両方を一度に訪問できる路線。古島〜首里間の急勾配は見もの。
撮影するには奥武山公園〜壺川〜旭橋間がよい。
3日間乗車券(¥1,400)で十分堪能させていただいた。初乗りが200円なので、3回/日以上乗る予定なら1日乗車券(¥600)が便利だし、滞在中何度も乗るつもりなら3日間乗車券が便利。
ウォークはおもろまち→首里、那覇空港→赤嶺、赤嶺→おもろまちの順で分割して2011年1月9日踏破達成。ただ、浦添までの延伸が決まっているようなので、開通の暁には再訪したい。
(沖縄)
海外
韓国国鉄京釜線 セマウルで往復。
(京畿・忠清北・忠清南・慶尚北・慶尚南)
韓国国鉄中央線 ピトゥルギと夜行トンイルで乗りとおした。
(京畿・江原・慶尚北)
ソウル地下鉄1号線 20mの車体が市庁前の交差点地下の90°カーブを曲がるさまは、中から見ていても圧巻。
(ソウル特別市)

落穂 理由はいろいろありますが、もうちょいというところまでは乗ったわけですね。

未乗となって残っている区間
成田線 成田−成田空港(海外旅行してないもんなー。)
豊橋鉄道渥美線 新豊橋駅付近改良部分。
阪急京都線 烏丸−河原町間 新幹線−地下鉄−阪急乗り継ぎのため。
紀勢線 和歌山−和歌山市間 紀勢線夜行で通過したため。
阪和線 羽衣支線・関西空港線 紀勢線夜行で通過したため。
大村線 早岐−ハウステンボス間 職場の旅行という団体行動による。
唐津線 唐津−西唐津間 
長崎電軌 長崎駅前−出島間
山陽本線 和田岬支線
九州新幹線 川内−鹿児島中央 団体行動による。

西伊豆工芸のWeb Site