レツゴー10周年にあたって… 15th.Jun.'04



1994年06月15日 その作品は『コロコロコミック』で連載開始しました

このページを覗いて下さっている方はご存知の方も多いと思います。そう…その作品とは

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』

今から10年もの昔に産声を上げたこの一つの作品。少なくともオイラの暮らし…いや
人生の流れを結果的に決めてくれた作品となりました。後悔はしていません(笑)
正直言うとオイラは1996年1月から放映されたアニメ版でこの作品を知りました
ただ地域性の関係上、放送キー局であるテレビ東京系の放映が無い為『気になっている』程度の
作品でした。しかしその1ヵ月後に2週間遅れで放映している事を知り見始めました。
そして運命の5月…とある方からレツゴーの同人誌を分けていただいたのです…
このジャンルを知っている方にとって『神』とも言われる程の作家さんが描いた本でした
初代アニメOPに映る彼の笑顔、冊子の中で動くその兄弟の虜になっていきました
その日から数日のうちに単行本(当時7冊)を集め、初めて『ハマる』という現象に包まれました
まだこの頃は『読む』だけだったのですが、その年の秋に始めて『描く』側になったのです
今だに変わらないけど、やっぱり自分の思っている事を『描く』事が出来ませんでした
でも『何かを作る』という事に何かを感じ、それ以来思った事を『書く』という方法で
表現をする事にしてきました。今現在、実際のところ『エロ』系が大半を占めているんですが
これもこの作品の中に出てくるキャラ達に対する愛情だと思って笑って許してくださいσ(^^;)
確かにちょっと(?)ゆがんだ愛情かもしれませんがσ(^^;)
翌年には『書く』という事に加え『演じる』という表現方法を知ってしまいました(笑)
学生時代の同窓会で某アニメ製作会社に就職したというクラスメイトに会い…

コスプレって楽しいよ…

という、今となっては悪魔の囁きを聞いてしまったのです(笑)
この身体を生かして(爆)黒澤とおなじみのホワァンのコス…初めて人前に出たときは
その反応が怖かったんですが、すんなりと受け入れてもらうことが出来ました(^^)
もともとレツゴーというジャンルは女性の園だった上に、ゴーレツというジャンルで活動する
男性作家ってことで、地元イベントではちょっと浮いた存在でしたが…σ(^^;)

まぁいろんな事を体験してきましたが、それ以上にいろんな方と出会ってきました
これはお金では買えない『何か』だと思います(笑)<某CMよりσ(^^;)
今ではイベントの主催やスタッフ、裏方に回って同じ仲間達との時間を楽しむのも
なんか楽しみの一つになってきました(笑)しかも最近ではこの10年という時間が
当時、彼等と同い年だった少年少女たちを同じ仲間と輪の中へと招いてくれてるんです
最盛期の頃を知っているオイラにとって、今の状況はかなり厳しいものがあります…
でも今でもこの作品を愛している人、新たに好きになってくれる人達がいる限り
十分に活動していけると思ってます。おいらも年は取りましたがまだまだ現役です!(^^;)

元々あまり自分を表現する事がなかったオイラがここまでしてこれたのは
やはり今でも継続する作品に対しての愛情だと思ってます
『元気・勇気・友情』この少年作品基本3原則でもある言葉を忘れる事無く
これからもずっと年を取っても少年の心を忘れないよう、気持ちはできるだけ若く
そして後悔しないよう、楽しく過ごしていきたいと思ってます

そんなこんなで、レツゴー10周年の日に思った気持ちです…m(__)m

15th.Jun.'04 れじすと