チョギャム・トゥルンパ著

『シャンバラ――勇者の道』

めるくまーる

1600円

 

  チョギャム・トゥルンパはアメリカに初めてチベット仏教を伝えた教師のひとりです。1970年代、日本でも、中央線沿線の学生たちに読まれていたミニコミ紙「名前のない新聞」に『精神の物質主義を断ち切りて』というトゥルンパの著作の翻訳が連載されていました。当時、東京で青春時代を過ごした人たちのなかには、覚えている方もいることでしょう。
  この『シャンバラ』ですが、トゥルンパの他の著作とは一線を画し、チベット仏教の立場からではなく、 市井の世俗の生活の立場から、「いかにして人生をよりよく生きるか」ということをテーマに書かれています。日本の武士道精神にも通じるような、内面的な規律ある人生を送るにはどうしたらよいか、ということに焦点があります。宗教的な枠組みにとらわれず、自分の人生をもう少しよいものにしたい、と考えている人には多くの参考になる点があることでしょう。人生の指南書として読んでみることをお勧めします。


© 1997-2001 SAWANISHI Yasufumi