雲のダイアログ

雲の詳細は大気ファイル (Atmosphere files)の一部として保存することができる。ファイルの操作に関するもっと詳しい情報。

image of clouds dialog

大部分の設定は説明しなくてもわかるだろう。ここではそうではないもの、または特別な意味をもつものを説明する。

レイヤーの俯瞰図は自動的に更新されない。表示をアップデートするためのボタン (Update View) がある。

空の大きさ (Sky Size) ここで空の大きさを指定する。この数値を大きくするとレンダーにかかる時間がいくらか長くなるが、地平線状に黒いエリアが表れる問題を回避するために使うことができる――これは空が地面に届いていないためである。

3−D 2Dの雲が Terragen の「本来の」雲である。3Dの雲はこれをいくらか改良したものだ。しかしながら、3Dの雲から最大の効果を引き出すには レンダーの設定のダイアログ・ボックスの「雲の陰影の精度 (Cloud Shade Accuracy)」を最大まで上げなければならない。ほとんどの目的には2Dの雲で十分であるし、じつは多くの場合3Dの雲は2Dの雲よりもより不自然に見えるだろう。

雲の色の編集 (Edit Cloud Colour): この設定を変えるともや (haze) の色も変わってしまうので、ここを変えるときには注意が必要。

密度のコントラスト (Density Contrast) 雲の密度のコントラストを変える。雲の端の「シャープさ」を変える効果があり、また通常の設定では雲が暗くなる。設定を低くすると、雲はよりソフトになる。

密度の推移 (Density Shift) 雲が空のどのぐらいの割合を占めるかを決める。マイナス値が大きくなるとほとんど雲がなくなり、正の値が大きくなると空いっぱいを灰色の雲が覆う。

雲の生成 (Cloud Genesis)

images of cloud genesis dialog

連続性 (Persistence) どれだけ多くの「小さな」雲が生成されるかを調節する効果がある。大きな負の値にするほどなめらかな雲になり、大きな正の値にするほど「散らばった」感じの雲になる。

雲の大きさ (Largest Cloud Size) 地形の生成の「地形の大きさ」と同じような働きをする。



レンダー・コントロール

地形



大気

光源

画像
メニュー・アイテム - ファイルについて - FAQ - ポストプロセス - ユーティリティ - ホーム
©December, 2002 John McLusky