光源のダイアログ

このダイアログで Terragen の光源の各種設定を完全にカスタマイズすることができる。このダイアログ・ボックスでは太陽の直接光 (Direct Sunlight)、背景光 (Background Light)、太陽の形状 (Sun's Appearance)、大気の明るさ (Lighting of Atmosphere) などの設定がタブごとに分けられている。

image of full lighting dialog

Terragen のライティングについて

Terragen は現実の世界の光の状態を忠実にシミュレートする。そのために、ひとつの設定を変えただけで、場面の多くの局面にさまざまな影響が出るかもしれない。例えば、太陽光線の色または明るさを、あるいはその両方を変えたら、それは地形に当たる光 だけでなく、空の明るさや色合いにも影響を与える。特に注意してほしいのは、背景光 (Background Lighting) の設定は地形だけでなく空や雲の見た目にも大きな影響を与えるということだ。

太陽の直接光 (direct sunlight) - 背景光 (background lighting) - 太陽の形状 (sun's appearance) - 大気のライティング (lighting of atmosphere)

一般的なライティングの設定

image of general lighting settings

これらのオプションはどのタブが開かれているときでも設定できる。

太陽の向き/高度 (Sun Heading/Altitude) 太陽が空のどこにあるかを決める。このライティング・マップでは地形のどの部分に光が当たっているか、陰になっているかをプレビューできる。

地形が影を落とす (Terrain Casts Shadows) 地形が影を落とすかどうかを選択できる。これをオフにする理由はほとんどないが、オフにすれば地形のレンダリングのスピードが上がる。

雲が影を落とす (Clouds Cast Shadows) 雲が影を落とすかどうかを選択できる。この設定を使えばある種の壮観な太陽光線の効果が得られるが、レンダリングは遅くなる。

大気のなかの影 (Shadows in Atmosphere) 地形がもやのなかに影を落とすようにさせ、もやのなかに「太陽のビーム」が現れるようにさせる。この効果はカメラが太陽の方向を向いているときに最も顕著であり、地形の手前の大気が輝きを放つようになる。これはシーンのリアリズムに大いに貢献するので解除するべきではないが、これをオフにすればレンダリング、特に地形のレンダリングのスピードが上がる。 demonstration image
大気に影がない場合
demonstration image
大気に影がある場合

効果/アクセサリ (Effects/Accessories) インストールされている光源のプラグインを選ぶことができる。もっと詳しい説明は ファイルについて を参照。

太陽の直接光タブ (Direct Sunlight tab)

image of direct sunlight tab

 太陽光の色を指定 / リアルな太陽光透過システム (Specify Sunlight Colour / Realistic Sunlight Penetration System) シーンを 照明する二つの異なった方式。太陽光の色を指定 (Specify Sunlight Colour) システムではオプションの多くが使えない。リアルな方式は太陽光が大気のなかを通過するときのリアルな色と明るさ(夕焼けのシーンを描いたときに最もはっきりと表れる)をシミュレートするために、太陽の高度や大気の状態も考慮に入れている。 demonstration image
太陽光の色を指定
demonstration image
リアルな透過システム

大気の効果 (Effect of Atmosphere) 大気が実際にどれだけ太陽光に影響を与えるかを調整する。これは夕焼けその他にもっと「厚み」を与える。ほとんどのシーンにはデフォルトの 100% で十分であり、大気の状態を変えることによって適切な太陽光の効果が得られる。

雲が覆う分量 (Percent Cloudcover) 雲が影を落とす効果が使われていないときに、雲のレイヤーの下の影の分量を決める。雲が影を落とす効果は現在の Terragen のバージョンでは使われていないので、この設定が雲のレイヤーの下の地形ともやがどれだけ深く陰のなかに入るかをコントロールすることになる。

背景光のタブ (Background Lighting tab)

image of background lighting tab 単一色ライティングモード another view of the background lighting tab 多方向ライティング・モード

単一色 / 多方向ライティング (Single Colour / Multi-directional Lighting) 単一色モードでは陰の照明の色を指定することができ、陰の見え方を簡単にコントロールすることができる。多方向モードは三つの色(散乱太陽光 Diffuse Sunlight、上からの光 Light from Above、 逆方向からの光 Reverse LIght)を使って多方向から陰を照明する。上手に使えば、多方向オプションは地形の大部分またはすべてが 陰のなかに入っているシーンのリアリズムを向上させることができる。

陰の明るさ (Shadow Lightness) ここでは陰の色(単一色モード)や複数の陰の光(多方向モード)の明るさを調節することによって、陰の明るさや暗さを全体的にコントロールすることができる。

夕焼けのシーンを描くときには、しばしば陰の明るさを落とし(レンダリング・コントロールにある)露出を上げることで、よりいっそうリアリズムを増すことができる。大事なのはどれがいちばんよく見えるのか実験してみることだ。

以下のオプションは多方向ライティング・モードにおいてのみ有効である。

太陽の形状タブ (Sun's Appearance tab)

suns' appearance tab

太陽の直径 (Disc Diameter) 太陽がどれぐらいの大きさに見えるかをコントロールする。これはまた影のソフトさにも影響し、直径が小さいほどくっきりした影になる。デフォルトの1は地球のシーンではちょうどよい大きさである(科学的な精度から言うと0.5が正しい)。

コロナの大きさ (Corona Size) これは天文学者の言う太陽のコロナをシミュレートするものではない。これは太陽の回りの光輪であり、一部には Terragen はまだレンズフレアを レンダーできないので、それを補う意味もある。太陽の円盤のふちをソフトにする効果がある。

大気のライティング・タブ (Lighting of Atmosphere tab)

lighting of atmosphere tab

白熱光の量 (Glow Amount) 太陽が周囲のもやを どれだけ輝かせるかをコントロールする。これが二つの設定のなかではいちばん有用である。

白熱光の強さ (Glow Power) 周囲の白熱光の強さの減衰を調節する。ほとんどの場合、デフォルトの 100% でちょうどよい。どんよりと曇った、またはもやのかかったシーンを作るときはこれを変えると効果があり、グロー・パワーの設定を低くするとはるかに リアルになる。グロー・パワーを太陽の周囲の大気の「透明度」と考えたらうまく使いこなすことができるだろう。この値を高くすると白熱光の中心は非常に明るくなるが、太陽から遠く離れたもやの部分はとても暗く見えるだろう。

大気 (Atmosphere) 大気のダイアログを開く。



レンダー・コントロール

地形



大気

光源

画像
メニュー・アイテム - ファイルについて - FAQ - ポストプロセス - ユーティリティ - ホーム
©December, 2002 John McLusky