ファイルについて

地形ファイル (Terrain Files)

これは Terragen の最もシンプルなファイルであり、地形そのもののハイトフィールドのデータだけを蓄える。圧縮はされておらず、つねに129kのディスク・スペースを占める。 .ter または .terrain の拡張子を持つ。

将来は、もっとほかのサイズのテレインもサポートされる。

ワールド・ファイル (World Files)

ワールド・ファイルは地形そのものを除くすべての設定を保存する。大気やサーファス・マップを別個に保存することもできるが、ワールド・ファイルを保存すれば自動的にそれらの設定も 含まれている。

サーファス・マップ・ファイル (Surface Map Files)

これは地表テクスチャーのマップを保存する。もしそうしたければ、サーファス・マップの一部分(サブツリー)も別に保存することができる。そうするにはレイヤーのプロパティのウィンドウでレイヤーを保存 (Save Layer) をクリックすること。

アトモスフィア・ファイル (Atmosphere Files)

これらのファイルには大気の設定の情報と、ほかにもライティングや雲の情報も含んでいる。

スクリプト・ファイル (Script Files)

すでにあるスクリプト・ファイルを使うには "Terragen" メニューの "Execute Script" を選択する。

Terragen で使うスクリプトを作成するユーティリティのリストは その他のユーティリティ のページを参照。

スクリプト・ファイルを使うには "Terragen" メニューの "Execute Script" を選択する。

スクリプト・ファイルの構造

スクリプト・ファイルは多くの描画をバッチ・プロセスするため、またはアニメーションを作るために順番に実行されるコマンドのリストから成っている。詳しいことは スクリプトの設定 ページを参照。

プラグイン (Plugins)

これらのファイルは Terragen の拡張機能を含んでおり、つねに ".tgp" という拡張子を持つ。プラグインにはいくつかの一般的なクラスがある:

プラグイン・ファイルは異なったタイプの多くのプラグインを含むことができる。



レンダー・コントロール

地形



大気

光源

画像
メニュー・アイテム - ファイルについて - FAQ - ポストプロセス - ユーティリティ - ホーム
©December, 2002 John McLusky