メニュー・アイテム

World File (世界ファイル)

New World (新しい世界)は Terragen のほとんどの設定をデフォルトに戻す。また同時にスプラッシュ・スクリーンを再び表示する。

Open World (世界を開く)は Terragen のワールド・ファイル (.tgworld) を開く。これには地形を除くすべての設定が含まれている。地形は地形のダイアログから別個に読み込まなければならない。

Re-open World (世界を再び開く)は現在のワールド・ファイルを再び開く。

Save World (世界を保存する)はワールド・ファイルを保存する。

Exit (終了)はそのとおりの動作をする。

View

各ダイアログ・ボックスにアクセスする。

Terragen

Execute Script (スクリプトを実行)は実行するスクリプト・ファイルを選択することができる。スクリプトを走らせる前に大気の設定、レンダリングの設定(イメージの大きさ、精度など)、雲の設定などが正しく、また正しい地形ファイルが読み込まれていることを確認すること。

Preferences (選択)は さまざまなマップを描くときに使われるガンマ補正値 (Gamma Correction factor) を設定することができる。これを正しい値に設定するとマップを扱うことが容易になる。(訳註・内側と外側の四角の明るさが同じになるようにする) image of terragen preferences dialog

Run Scripter (スクリプターを実行)は Matt Fairclough のユーティリティであるスクリプター (Scripter) を走らせる。

Run Terranim (テラニムを実行)は Daniel Parnham 作のスクリプターよりははるかに柔軟なプログラム Terranim を走らせる。

Run CamPath (CamPath を実行)は Sean O'Malley 作の CamPath プログラムを走らせる。これは現在のところ Terranim よりも進んでいる。

Help

User Guide は英語バージョンのこのガイドのアドレスを表示する。

About はスプラッシュ・スクリーンを再び表示する。ここにはバージョンと著作権情報が、またプログラムが登録されている場合には登録ユーザの名前が表示される。

まだメインのヘルプ・ファイルがないために、このガイドがヘルプ・ファイルの役割を果たすよう に作られている。将来のある時点で包括的な "What's This" ヘルプが Terragen に付け加えられる。



レンダー・コントロール

地形



大気

光源

画像
メニュー・アイテム - ファイルについて - FAQ - ポストプロセス - ユーティリティ - ホーム
©December, 2002 John McLusky