「テラジェン2tpティップス」

ティップス−2へ


ここには Terragen 2(Technology Preview) の各機能を使いこなす上での
ヒントのようなものを書いていきます。
個人的なメモのようなものです。順不同で、細かい説明もしません。
プラネットサイドのフォーラムその他のソースから拾ってきたヒントなど。

というのも、フォーラムやその他のチュートリアルサイトなどを見ていますと、皆さん、
ずいぶんアクティブにやっていますね。かなり深いところまで理解しているみたいです。
やはり言葉の壁でしょうか。これだけ豊富な機能が使えるようになったのに、
日本ではあまり話題になっていませんね。残念!


――内容――

「フェークストーンシェーダーに変化をつける」
「たくさん並べたオブジェクトをプレビューで見る」
「オブジェクトはどこで拾ってくるか、どう変換するか」
「複数のパワーフラクタルを組み合わせて使う、大きな地形と小さな地形に使う」
「プロシージャルとハイトフィールドの共存」
「Water Node、水のノードの概要」
「ベースカラー、地形の基本色について」
「サーフェス・レイヤー・ノード」
「レンダリングのクオリティの設定」
「フェークストーンシェーダーの使い方」
「TGDファイルを保存できないのはバグなのか?」
「Canyon Impression の分析」
「オーバーハングのテクニック @Canyon Impression」
「フェークストーンのテクニック @Canyon Impression」


ここで使われている旧バージョンにはなかった機能は、オブジェクトのインポート(樹木)、
複数の雲のレイヤー(雲海)、そしてフェークストーンです。
山のフラクタル地形の表現など、特にいじっていないのですが、
ゴツゴツ感など、かなり進歩しているようです。