7月の3日か4日に Terragen v.0.9 がリリースされるようですが、

以下は Matt Fairclough 氏が公表した新バージョンの変更内容です。

即席に翻訳したことと、現物を見ないとわからないこともあって、

間違っている部分や、かなりいい加減な部分もあるかもしれませんが、

速報ですのでその点は平にご容赦を。(訳者)

 

 

 

 

TG v0.9 will include the following new features and bug-fixes:

TGv0・9には以下の新しい機能とバグ・フィックスが含まれる――

 

-- Terrain/Landscape

地形・景観

 

* Rearranged Landscape window with larger surface map tree view.

地形窓の再構成と大きな地表マップのツリー・ビュー

* When copying and resizing old terrain, it asks if you want to adjust the

point spacing keep the same real-world size.

古い地形のコピーとリサイズのとき、ポイントの間隔を現実世界のサイズと同じにするかどうか尋ねる。

* Fixed "psychedelic" water colours in landscape view.

地形ビューの「サイケデリック」な水の色のフィックス。

* Fixed "Combine With" crash for different sizes of Existing and Secondary.

  (Is now able to draw preview and perform combination on the overlapping

region. Warns user when window is opened.)

既存と第二の異なるサイズの地形を「合成」するときのクラッシュのフィックス。(訳者略)

* Fixed freeze from pressing OK in Landscape Settings while Surface Editor

is open.

地表エディタが開いているときに景観の設定の「OK」を押すとフリーズすることのフィックス。

* Fixed Perlin generators. They also have increased detail at higher

resolutions.

パーリン生成のフィックス。高解像度ではさらに詳細になった。

* Larger Landscape view as a separate Window, with Enlarge and Shrink

buttons.

別の窓でより大きな地形ビュー、拡大縮小ボタンがついた。

* Landscape View/Sculpt window starts at original (pre v0.9) size if screen

is less than 700 pixels tall.

スクリーンが700ピクセル以下のときは、地形ビュー・地形変形の窓がオリジナル(v0・9未満)のサイズで開く。

* Improved terrain sculpting tools.

地形変形ツールの改良。

* Fixed 8bit raw import for all terrain sizes.

8ビットRAWですべての地形サイズのインポート。

 

-- Rendering

レンダリング・描画

 

* Pixel-based visibility culling. Renders front-to-back. Much faster.

ピクセルベースの可視的なカリング(不要部分除去)。前から後ろへ描画。ずっと速くなった。

* New anti-aliasing option: Extra blended detail (registered users only)

新しいアンチエイリアスのオプション。特別な細部の混合(登録ユーザだけ)

* Added a 'minimum softness' to shadow tracing to prevent sharp triangle

edges

鋭い三角のエッジを避けるために陰のトレースに「最小のソフトさ」を追加。

* Orthographic rendering option (in Camera Settings), with handy Auto Setup

feature.

垂直レンダリングのオプション(カメラ設定で)。手軽な自動設定機能も。

* Adjustable pixel aspect ratio (note: this not the same as picture aspect

ratio)

可変式のピクセルのアスペクト(縦横)比。(絵のアスペクト比とは違う)

* Option to generate random clouds on each frame

フレームごとにランダムに雲を生成するオプション。

 

-- Water

 

* Water shoreline 'surf/foam' effect (this feature is subject to change over

the coming weeks)

水際の「波と泡」の効果。(この機能は数週間以内に変わるかも)

* New water settings for "wave roughness variation" (subject to change over

the coming weeks)

「波の荒さのバリエーション」という水の新しい設定(数週間以内に変更もある)

* Shadows on water can be disabled via a new option in Lighting Conditions

「光源の状態」という新しいオプションにより、水面の影をなくすことができる。

 

-- Other

その他

* Optional f-stop/t-stop control in Camera Settings for convenience.

カメラ設定でFストップ/Tストップの便利なコントロール・オプション。

* Fixed zoom round-off problem

          (zoom scrollbar no longer feeds back rounded value when executing

script)

ズームが丸まる問題のフィックス。(訳者略)

* Maximum zoom value increased.

最大ズーム値を大きくした。

* Script execution can be forced to interpret positions as in metres (Anim

Settings).

スクリプトの実行で位置をメートルで強制的に読ませる。

* Scripts can be executed from Anim Settings.

アニメ設定からスクリプトを実行できる。

* Script execution options for enabling/disabling cam, sunpos and exposure

スクリプトの実行時にカメラ、太陽位置、露出をオン・オフできるオプション。

* WaterLevel script command

推移のスクリプト・コマンド

* Script Parse Effects capability (will release World/Camera Transform

plugin at a later date)

スクリプト解析効果が可能になる(将来の世界/カメラ変形プラグインで)

* Removed 10000-cap on sky size (was included due to an old atmospherics

bug

最大10000の空のサイズ制限の撤廃。

* Makes backups of files before overwriting them (appends _bak to filenames)

上書き前にファイルをバックアップ。

* Correctly saves multiple plugin effects to world files and surface maps.

世界ファイルや地表マップの複数のプラグインによる効果を正確に保存。

* Default display gamma correction at 2.2 (this is pretty much the sRGB

standard)

デフォルトのガンマ補正を2・2に。

* Default render gamma correction at 2.0, and shadow lightness reduced to

25%

デフォルトの描画ガンマ補正を2・0にし、陰の明るさを25%落とした。