営農2004

営農2004

前のペ−ジ    /1月 /2月 /3月 /4月 /5月 /6月 /7月 /8月 /9月 /10月 /11月 /12月
凡例 まとめ
作業/備忘録 収 穫
Topへ

1月


作業計画
第1週末
アスパラガス34株、定植。

第2週末
キウィの棚を補修、剪定、施肥。
畑の道を造り替えて少し耕作面積を増やす。ぼかし肥を袋詰めにし、次のボカシを仕込む。堆肥を切り返す。

第3週末
ヒヨドリの被害が酷いので、キャベツ、ブロッコリ−に網を回す。青梗菜をトンネルで覆う。キウィの雄の木を定植。移動式の堆肥囲い(90 x 100)をトタンで二つ作る。ボカシ肥の切り返し。

第4週末
ボカシ切り返し。堆肥置き場Bを解体し先週作成した囲いに替える。 トンネルで覆った青梗菜を収穫できた。ヒヨドリの被害から守るには網や、トンネルで覆うしかない。

第1週末
1/3 青梗菜(10月第4週播種)

第2週末
ハクサイ、キャベツ、太ネギ、人参、

第3週末
ハクサイ 5, キャベツ 1, 太ネギ 3

第4週末
太ネギ5終了キャベツ1 青梗菜

Topへ

2月


作業計画
第1週末

1/31 物置の応接セットを事務所に運ぶ、一枚板の机2をお寺に寄付。 トタンを切って、堆肥囲いを組み立てる準備。ぼかしきり返して少し広げて乾燥に持っていくつもり。
2/1 昨日のトタンを組み立て堆肥を入れた。これで固定式の堆肥囲いは全て解体した。 ボカシを袋詰め(3袋)して物置に仕舞う。

第2週末
ボカシ肥を追肥−キャベツ、ブロッコリ−、タマネギ。
2/11 廃木、茅のすだれ、農機具の杖など朝から夕まで野焼き。女房がサツマイモを買ってきて焼き、家族で食べた、おいしかった。最後のトタン2枚で囲いを作る(80x100)。

第3週末
耕作−N3,N4の南側。緑肥(燕麦)を敷いた上に米糠、ぼかし肥を乗せて土を掛けた。それぞれキュウリ、里芋の定植予定地。
香花をブル−ベリ−の北に移植。スティ−ル物置の南側のアスパラガスをブロック塀の足下に移植。

第4週末
2/21 N1、N2の南側1/3をそれぞれ耕作する。方法は、先週のN3、N4と同様。
耕作の前にそれぞれ畝1本、腰まで掘り上げた。基層の砂利層まで穴を空ける。これで少しは排水が良くなればよいのだが。

第1週末
1/31大根 4,人参 一カゴ, ハクサイ 5, キャベツ 1, ブロッコリ−脇目 一カゴ

第2週末
2/8 キャベツ 1、青梗菜 籠1杯
ブロッコリ−(8月4週)初取り
白菜 2、人参 籠1杯
菠薐草(10月4週)初取り
2/11 赤芽 1株

第3週末
里芋1株、青梗菜

第4週末
2/21 ハクサイ 4,菠薐草、ブロッコリ− 5 + 脇芽
2/27 ブロッコリ−5

Topへ

3月


作業計画
第1週末
N2,N4の北半分を耕作。燕麦の上に堆肥と米糠を乗せる。
3/7 F4ジャガイモ3畝植える。F4を空けるために白菜を他の空いている場所に移動して仮植にする。白菜の畝を割って堆肥を投入してから植える。

第2週末
育苗ハウス購入組み立て。唐辛子を焼酎に漬ける。
散布−庭木柑橘類に石灰硫黄合剤。木酢唐辛子漬け x300−キャベツ、タマネギ、蜜柑。
なす。30本をトレイに播いてハウスに入れる。

第3週末
植木場の草取り、剪定。エンバクを撒く−寿太郎の南、柚の南。

第4週末
里芋を掘り出したが、ほとんどが腐って使い物にならない。種芋を購入する。
ブロッコリ−の後を耕作する。堆肥+ぼかし肥。菠薐草と人参の予定。 N2北側−黒マルチ。
3/28 キュウリ、トマト、茄子、太ネギ、小玉西瓜。トレイに播いてハウスに入れる。

第1週末
3/4 白菜 5終了。薹が立ってきて蕾が見える。 3/7 ブロッコリ−5,脇目籠3杯。大根(10月第2週)。 菠薐草(10月第4週)終了。 人参(2003/8/30)終了。

第2週末
ブロッコリ−の脇目 籠2杯。人参(2003/9/13) 終了。

第3週末
キャベツ(2003.09播種)1 初取り
ブロッコリ−脇芽 籠2杯。アスパラ4初取り。

第4週末
きゃべつ2,菠薐草終了。ブロッコリ−(購入苗)終了。人参終了

Topへ

4月


作業計画
第1週末
4/3
N4−里芋、
N2−トウモロコシ,キュウリ直播き,枝豆2畝,
F3−菠薐草、人参。

ジャガイモ(播種より1ヶ月)、トレイの茄子(播種より21日)
N2,N1の北側を深堀りして排水を図る。1m下は田んぼの土のような粘土質、その下は川底のような丸い石と砂。数十年も前に流れてきたと思われる陶器の破片が幾つも出てきた。母に聞けば、嫁いで来たときは川が暗渠で流れていたそうである。

第2週末
4/8 きゅうり、ふと葱、春カンラン(播種より10日)。
4/11 今日は堀さらいの日。
N1の北側を耕作する。トマトの予定。緑肥+堆肥+米ぬか+ぼかし
ジャガイモほぼ出そろう。草削りをする。 とまと、なす。残りの種をトレイにまく。

第3週末
4/15 N2トウモロコシ、枝豆、きゅうり(播種より12日)、F3菠薐草(播種より12日)。
4/18 追肥−F4ジャガイモ、土寄せ。
カボチャ2、大玉スイカ2、ピ−マン4 (購入苗)
直播き−マクワウリ、黒豆枝豆、トウモロコシ、 トレイ播き−オクラ、レイシ、唐辛子、モロヘイヤ。
F3-ブロッコリの後を耕作。残滓+米ぬか+ボカシ。

第4週末
4/24 香花のグンバイムシ、蜜柑のアブラムシ、五月豆にスミソン散布
キャベツ後10あまりを残してほぼ終わり。網をとる。今日は14個収穫して4件に配る。
4/25 キュウリ(N2,N3)、トマト(N1)の予定地にマルチをして、竹で手を作る。キャベツの跡地の一畝(F2)に堆肥を投入してマルチをかける。オクラを直まきにする予定。
4/29 トマト(40)、きゅうり(24)、ナス(18)の苗を鉢上げする。ナスは韮と、きゅうりはネギと混植。トマトの鉢にはバジルの種。スイカ、マクワウリの畝に落花生を播く。落花生の根が出す物質がセンチュウを忌避するとのこと。かぼちゃには赤しそ。 長年の頭痛の種だった鉄筋を2Mに切断して、きゅうりの支柱にする。N3-きゅうりの手を作る。タグロ−プにするか、キュウリネットにするか迷っている。
F3-とうもろこし。みかんの間に枝豆。プランタ−にパセリ、バジル

第1週末
キャベツ 7、ブロッコリ−脇芽

第2週末
4/9 キャベツ 2、アスパラ 7
4/11 キャベツ3,アスパラ5、ブロッコリ−脇芽、ノビル

第3週末

4/16【苗購入】\984.-
大玉スイカ @258 x 2
ピ−マン @68 x 4
南瓜 @98 x 2
キャベツ 9,ブロッコリ−終了
アスパラ5、金柑 ザル一杯。
俊治さんに、タケノコ、ウド、椎茸を貰う。

第4週末
キャベツ 15,峰畑からタケノコを貰う。
4/29 キャベツ1、ソラマメ

Topへ

5月


作業計画
第1週末
結局キュウリのマルチは剥いでしまって、「葉っぱマルチ」にする。山東菜、べか菜などの種を播く。
5/2〜5/4 清沢でお茶摘み、34kg。竹20本をもらう。
オクラ出芽(15日目)。ピ−マンの苗を買い増しするべし。先の購入苗はフマキラ−を掛けたらポロポロ葉が落ちて成長点が萎えた。

第2週末
5/6 4:40AM起床。神社に竹取、20本。清沢の竹と合わせて40本そろう。
レイシ3鉢出芽(17日目)。
5/8 追肥&土寄せ。F4−ジャガイモ。N2−トウモロコシ、枝豆。N2トウモロコシのマルチをはぐ。春先の地温を上げるためだけに使おうと思う。5月も第2週になればその必要もないだろう。やっぱり、土が出ていて、草も生えないと気持ち悪い。
防除(焼酎+唐辛子。焼酎+ヨモギ。コ−ヒ−。木酢+ニンニク)。F1−タマネギ。ジャガイモ、その他、畑中の作物。ミカン、バラのアブラムシにも効いた。柿のカイガラムシにも散布したが、効かず。残ったので、育苗中の苗にも散布してしまったのでちょっと心配。
F2−キャベツの後を耕作してオクラ用の畝にする。堆肥を投入。
里芋の芽が5センチほどツンと顔を出す。草が生えているので見つけるのに大変。
畑の周りの通路にエン麦を播く。バンカ−プランツと将来の緑肥のつもり。

第3週末
N3−キュウリ(24)、小玉スイカ(4)、F2−オクラ(24)、N4−キャベツ(30)定植。
追肥−ピ−マン。
防除−(辛+焼酎/木酢+ニンニク)−枝豆500倍、柿250倍。
キンカン剪定。F3−ほうれん草の後にトウモロコシ

第4週末
定植−なす(16),レイシ(3),太ネギ(約100)一次定植。
追肥(コンポスト)−里芋、N2−トウモロコシ、カボチャ(待ち肥)。コンポスト1杯で全ての追肥をまかなう。その後、すべて土寄せ。
防除−畑中。唐辛子の焼酎漬け+コ−ヒ−+山椒の焼酎漬け。 X 500
5/23 昨日のナスの苗、早くも2本ヨトウムシの餌食になる。根本を掘って2匹捕殺。オルトランを根本に撒く。捕虫器を3つ作り、設置する。中身は、「柿酢の成り損ない+砂糖+酒」。果たして効果があるかどうか。−5/26今のところ、蝿ばかり捕れ、蛾は採れない。

夜9:30−懐中電灯片手にヨトウムシ取り。二日で5匹捕殺。そのたナメクジ多数。
5/26 4:30AM起床。玉ねぎを収穫し畑に天日干し。
追肥、土寄せF3-トウモロコシ、蜜柑の間のアスパラ、エダマメ。
5/27 3:40AM起床。畑の玉ねぎを倉庫の土間に片づける。キュウリ、レイシのひも張り。
定植−ミニトマト3,ブルベリ−3。
防除−瓜類。エダマメ。トウモロコシ、オクラ。
5/28 8:00PM. ヨトウムシ10匹以上捕殺。
5/29 蕗、ミョウガをキウィの棚の下に移植。庭木の剪定、スミソン散布−チャドクガ(?)が椿とサザンカにつく。
予備のキュウリ、ナスの苗を植えてしまう。トマトの畝に植え穴を開けて苦土石灰を撒き、土と混ぜる。
5/30 タマネギを束ねて吊す。チャドクガ死なず、再度(スミソン+唐辛子漬け)を散布。一輪車の乗り台を2つ作る。
焼酎漬けを作る。(ヨモギ+ミント+青じそ)(コ−ヒ−の出がらし)

第1週末
キャベツ4

5/4 【苗購入】
島オクラ @200 x 2

第2週末
キャベツ5終了

第3週末
ほうれん草(apri/1week)終了
山東菜、べか菜(may/1week)の間引き菜。

5/20【購入】
ブル−ベリ−@399 x 3
ホワイトリカ−@1,000 x 3

第4週末
べか菜、山東菜の間引き菜
5/23 タマネギ 7初取り 5/26 玉ねぎ収穫終了
べか菜、山東菜。
5/29 べか菜、山東菜,エシャレット。

Topへ

6月


作業計画
第1週末
6/2,3 4:30AM起床。トマトの支柱をやり変える。玉ねぎの後を草削りし、べか菜、ビタンミン菜を播く。人参間引く。ジャガイモが今頃になってもまだチラホラ花が咲いている。昨年は5/30に収穫しているのに、今年はまだ木が青く、葉が枯れてこない。週末(6/6)には収穫したいのだが。
8:30PM ヨトウムシ20匹捕殺。累計で50匹以上捕殺している。キュウリ畝のべか菜、山東菜が良いバンカ−プランツになっていて懐中電灯を当てれば、必ずこれらの上にいる、キュウリには一匹発見したのみ。
6/4 4:40AM。 
防除(カラシ焼酎+木酢ニンニク)X500−キュウリ、F3トウモロコシ、なす。オクラの切れたところに追加で種を播く。
6/6 昨夜から午前中雨。午後日差しが差したので急いでジャガイモを収穫してしまう。実働1時間半。初期に芽を2本に限定したので昨年より玉が大きく、植え付けの前に完熟堆肥を投入したので収量も多かった。 ただし、いつまでも堆肥が効いて樹勢があり収穫まで花がチラホラ咲いていた。

第2週末
6/12
トマト定植。畝の上にパイプで雨囲い。第1花が咲いてからと教科書にはあるがとても待ちきれずに植えてしまう。育苗ハウスの中で下葉から黄色くなって枯れてくる。ボットが小さすぎたかもしれない。
6/13
追肥−N1トウモロコシ。N1枝豆。F3トウモロコシ。N2,N3キュウリ。
防除−ストチュウまがい。畑中。
2〜3日おきに夜8時過ぎからヨトウムシをとる。一度に10〜20匹とれる。もう捕獲数は100を超えただろう。里芋の草を取り土寄せ。
枝豆、ベンリ菜、ネギ。N1の空いている畝一本に余った種を播いてしまう。
嫌気性ぼかしを作る。米ぬか、生ゴミZ、コ−ヒ−殻、米のとぎ汁。余った米ぬかはトウモロコシ、枝豆の畝に播いてしまう。

第3週末
耕作(堆肥+緑肥+米ぬか)=ミカンの間のジャガイモの採り跡を太ネギ用に。
追肥(堆肥)=スイカ、マクワウリ、カボチャ。
防除(唐辛子漬けほか)=香花の軍配虫X100。  うり、なすX500.
定植=鷹の爪、4本。
F2-オクラ、マルチを剥いでしまう。
6/20 物置北側水路の整備。N1-トウモロコシに防虫網を掛ける。

第4週末
枝豆の採り跡にトウモロコシ2畝。
トマトを芽欠きして支柱に縛る。やっと、第一花房に蕾が付く者が出てくる。
追肥−里芋。最後の土寄せ。周りから、マクワウリ、カボチャの蔓が攻めてくる。
防除−里芋、なす、オクラ。香花、バラ。

第1週末
6/3 人参間引く。
6/4 キュウリ1初取り昨年より1週間早い。山東菜、べか菜。
6/6 ジャガイモ収穫終了。籠5杯。

第2週末
6/08〜13 キュウリ10

第3週末
6/14〜20 キュウリ64

第4週末
6/24,27 エダマメ(4/3)2畝初取り
べか菜間引き
トウモロコシ3初取り
6/29 島オクラ1初取り
6/21〜27 キュウリ122
6/28〜30 キュウリ55


月間累計
キュウリ 252

Topへ

7月


作業計画
第1週末
7/2トマト、第1花房に花が咲き始める。立ち枯れ(定植後4本)が目立つ。トマトは難しい。
7/3定植−太ネギ28。植木鉢に種を播きそのまま今日まで置いたもの。 トマト−ンを掛ける。立ち枯れが2本発生するも追加定植せず。
7/4追肥(ぼかし)−キュウリ、オクラ、F3トウモロコシ(May3w)
キュウリ(N2,3)に水肥(米のとぎ水+嫌気性ボカシ=一昼夜置いたもの)。

第2週末
トマト、ナスの苗が次々と萎れていく。青枯病か?
定植−トウモロコシ(N2,4/3)の後に太ネギ。
追肥−ナス、ピ−マン、N2トウモロコシ(タマネギの後)。
防除−ナス、キュウリ、香花。

第3週末
耕作−F1の東側半分。堆肥を投入せず、緑肥+米ぬかのみ。
キュウリの勢いがぱたりと止まる。最盛期を過ぎたよう。

第4週末
7/19 追肥(水肥)−N1とまと、N3きゅうり。
防除(唐辛子漬け+コ−ヒ−+酢ほか)−ナス、オクラ。
耕作(緑肥+米ぬか+堆肥)−F1西側、白菜の予定地。
キュウリは今月末で終わりだろう。葉が枯れ上がってきた。スイカの調子がよい。おじさんや、弟にくれてやる。 トマトは全くの失敗、どんどん、青枯病で枯れていく。来年はどうしようか?
スイカは大玉(里芋の後)、小玉(そら豆の後)どちらも不耕起で前作の残肥で育成、追肥1回のみ。

第1週末
7/1 なす1初取り 丸オクラ2初取り、島オクラ1
ピ−マン8初取り、トウモロコシ4
7/3 丸オクラ4、トウモロコシ4,ナス5,
マクワウリ(4/18)2初取り, べか菜 籠1杯、黒枝豆 1畝。
7/9 ミニトマト(購入苗)2初取り
7/1〜7/4 キュウリ69

第2週末
キュウリ150,おくら27,なす13、ピ−マン15
トウモロコシ(4/3)終了
べか菜、ビタミン菜、マクワウリ2

第3週末
べか菜、オクラ多数、なす33,マクワウリ12,ミョウガ14、きゅうり138

第4週末
7/21 大玉スイカ4初取り、 7/25小玉スイカ初取り。 マクワウリ15,トウモロコシN2.F3,オクラは毎日とれる。きゅうり44、ミニトマト、ピ−マン、枝豆(ミカンの間)


月間累計
キュウリ 401(653)

Topへ

8月


作業計画

第1週末
耕作−F3緑肥+米ぬか
瓜、スイカ、マクワウリ終了、蔓が枯れてきた。

第2週末
耕作−F4雑草、冬瓜の根を切り離して土の上に置き、米糠を掛け、軽く土をかける。
防除(唐辛子漬け他)−ナス、オクラ。テントウムシモドキの被害はひどい。
追肥−(ボカシ肥)ナス、トウモロコシ(N2/6月)
柿の下で堆肥とボカシ肥を仕込む。

第3週末

第4週末

第1週末
スイカ5ナス、オクラ多数

第2週末
スイカ、マクワウリ、瓜終了
オクラはよく採れる。
レイシ1初取り

第3週末

第4週末

Topへ

9月


作業計画
第1週末
9/5
トレイ−キャベツ、ブロッコリ−、白菜
直播き−大根(ミカンの間)、N2−ほうれん草、こかぶ、人参。
F1−白菜、人参。
N1−青梗菜、べか菜。

定植−F3,4−キャベツ10,ブロッコリ−10.
オクラは終わりに近くなってきた。

第2週末
裏の畑の草を削ってマルチを片付ける。N3の北側を工作して大根を播く。 F4ブロッコリ−の一畝にほうれん草を播く。
9/12
N4の北側を耕作−堆肥+雑草緑肥
N4−一畝にべか菜を播く。N3,N2の空いている畝に緑肥を播く。
堆肥の切り返し。瓜、トマトの支柱を片づける。
8月第2週のボカシはウジがわいて、ドロドロ。 やはり、夏は気温も高く、台風などの大雨にあって、大失敗であった。

第3週末
9/20
N2のほうれん草、人参の発芽失敗。台風の大雨に叩かれたのが原因か?または、人参は気温が高すぎたのか? 人参、ほうれん草(N2)まき直す。
F1,3の人参、ほうれん草発芽。
トレイの苗はまあまあ順調。N2の空いている畝に緑肥を播く。

第4週末

第1週末
ナス、オクラ
枝豆(June/2w)

第2週末
オクラ、落花生、ス−プセルリ、レイシ

第3週末
べか菜、青梗菜の間引き菜。ピ−マン。オクラ。なす。

第4週末

Topへ

10月


作業計画
第1週末
10/2 定植−白菜25,キャベツ24。
オクラは1週間に1度ほどのペ−スで採れる。夏の最盛期は毎日だった。
キャベツのつもりで買った苗は、どうやら芽キャベツらしい。大失敗である。 トレイの苗、芽キャベツの定植苗ともヨトウムシの被害甚大。
防除(ス+唐辛子漬け+木酢)−トレイ苗、定植苗、畑中。

第2週末
10/06 夜、懐中電灯で虫取り。大根にダンゴムシ、コナガの害酷し。芽キャベツの苗の葉は、網状。
10/10 定植−きゃべつ4畝、ブロッコリ−3畝
太ネギ土掛け。購入苗10本−キャベツのつもりが芽キャベツだった、虫に成長点を食われてしまったので廃棄。キャベツの苗を代わりに植える。

第3週末
10/15 ニンニク出芽(9/05植え付け)。
10/16 F2−堆肥+緑肥+米糠(タマネギの予定)
ピ−マンを終わりにしてナスの後と共に、緑肥の種を播く。
キャベツ、ブロッコリ−、白菜、人参に軽く土寄せ。

第4週末
10/24 赤芽を収穫するも、やや早すぎたかも。残っていた白菜の苗を全て定植。

第1週末
青梗菜、べかな、こかぶの間引き菜。ピ−マン、オクラ、イチジク。

第2週末
10/10 オクラ終了。ナス終了。ス−プセルリ。イチジク。青梗菜。

第3週末
青梗菜、べか菜、ピ−マン
10/18 さわし柿

第4週末
青梗菜、べか菜、赤芽

Topへ

11月


作業計画
第1週末
11/3 N4の北側の畝−スナックエンドウ、そら豆を播種。
畑中にストチュウ散布。 11/06 3ヶ月以上放置したコンポストの中身を白菜、ブロッコリ−に追肥。 キャベツは堆肥を追肥
今年の青梗菜は大株に育ち大成功。
台風と雨でたまねぎの苗が出荷できないとのこと、今年は玉ねぎを諦めねばならない。

第2週末
11/13 センスジ、タマネギ。どこを探してもタマネギの苗がないのでダメモトで播いてみる。柿の下の堆肥を移動する。スナックエンドウの芽がのぞく。そら豆はまだ芽が出ない。
11/14 堆肥囲いの改修。冬用畑の境杭を打つ。
防除(ストチュウ)畑中。そら豆2本ほど芽の葉先が覗いているのを発見。エンドウ豆の種を播く場所がないので北側畑のブロック沿いに無理矢理播く。

第3週末
11/20 堆肥囲いの蓋、10枚造る。
11/21 一輪車用のスロ−プを造る。
防除(ストチュウ)−畑中。

第4週末
11/23 ブリキバケツとビニ−ル袋で「嫌気性ぼかし」作成。

  • 米糠10K
  • 豆かす5k
  • 魚骨 3k
  • 鶏糞 4k
  • 市販EM 200g  
  • コ−ヒ−かす 3k 合計やく25k

11/27 タマネギの苗100本定植。どこにも苗がなかったが、女房が近所の農家の奥さんに頼んで手に入れた。恐るべし、おばさんネットワ−ク。
11/28 葉物野菜も終わりに近いので、畝の脇に緑肥の種を播く。N1、2はほとんど播き終わる。
防除(木酢、焼酎、黒酢)−畑中。
追肥−N2,F1の人参に「嫌気性ボカシ」。

第1週末
11/3 べか菜、いちじく、こかぶ、ス−プセルリ、大根の芽
里芋2株 べか菜、青梗菜、イチジク。

第2週末
べか菜

第3週末
里芋−早生2株、赤芽1株。青梗菜4株。大根3本。こかぶ。大根菜。

第4週末
11/23 太ネギ2、こかぶ、大根2
11/28 こかぶ、青梗菜、太ネギ3、大根6、いちじく
手あおりの小型噴霧器(\1,980.-)、EM 1L(\2,100.-)を買う。
タマネギの苗 @100ぽん X 2束=\2,100.-例年の2倍の金額

Topへ

12月


作業計画
第1週末
12/3 週末は雨模様と防災訓練のため、F2の半分にタマネギの苗を定植。前回と併せて200本植えた。

第2週末
ミョウガを全て掘り起こして、アスパラガスを移植。夏みかんの三本の幹の内、南側の1本を切断。
散布(黒酢、焼酎、木酢、EM)−畑中。
大小3つのバケツにEMボカシを仕込む。イチジクの剪定、移植。

第3週末
アスパラ、里芋の取り跡に燕麦を播く。松などの庭木の剪定。
槇の樹の主幹を切断。柑橘類、サザンカにマシン油を散布。柑橘類の剪定。
EM米のとぎ汁活性液500倍希釈液−畑中。
9/5播きの人参を初めて収穫する。ズシリととても良い出来であった。

第4週末
N3、4に網を回す。大根(ミカンの間)、ほうれん草(N2)の取り跡に緑肥を播く。F1の人参の出来がよい、短躯でもみっちり身が入っている。

第1週末

第2週末
大根6,べか菜、ブロッコリ−4,みかん。
太ネギ5,里芋3株

第3週末
大根7、人参1

第4週末
大根7(Sep.1week)。太ネギ4.人参(N1)2.水菜の間引き菜。
12/30 里芋3株、太ネギ6



                      凡例
野菜___播 種(#0080C0)
野菜___出 芽(#009700)
野菜___定 植(#FF80FF)
野菜___収 穫(#FF8000)
耕作___畝い地(#800000)
追肥___追 肥(#FF0000)
散布___防 除(#8000FF)
Topへ


まとめ

冬作のまとめ
<大 根>   
軟腐病の被害に遭う。原因は水はけの悪さ。作物は弱ると追い打ちを掛けるようにアブラムシ、ヨトウムシ、コナガなどが襲う。前年度の大根は惨憺たる結果であった。畑の深耕(基層のぶち抜き)、腐植混入などにつとめた。連作はさけた方が無難。
<白菜、キャベツ類>   
苗作りが遅すぎた。8月の中旬までには苗作りに着手するようにすべき。
<タマネギ>   
台風の影響で全く苗が手に入らない。来年は種から作ってみようと思う。
<項目>   
まとめや備忘録など


夏作のまとめ
<輪作>   
里芋の後にトウモロコシ。里芋の前に瓜科を持ってきたいので、来年は順番を変える。   
N1-(うり科)瓜、スイカ。
N2-(なす科)トマト、ナス、ピ−マン。
N3−(稲科ほか)トウモロコシ、枝豆。
N4-(芋科ほか)里芋、かぼちゃ。
<きゅうり>   
4月初旬−「マルチ+ポット」またはマルチで、直播きの方が早い。後でマルチは剥げばよい。
<項目>   
まとめや備忘録など。
Topへ