営農2005

前のペ−ジ    /1月 /2月 /3月 /4月 /5月 /6月 /7月 /8月 /9月 /10月 /11月 /12月
前年度 凡例 備忘録
作業記録 収 穫/備忘録
Topへ

1月


作業計画
第1週末

第2週末
1/8 アスパラ、香花、ブル−ベリ−、柿を移植。木蓮をユズリハの隣に移動し、取り木にしてあったモクセイを木蓮の後に植える。堆肥を積む。アスパラ、ミカンに寒肥(発酵鶏糞、苦土石灰)。
1/10 人参の出来がとても良い。長さ20cmほど、太いところの直径は5cmほどもあり、色も良い。
裏の畑の通路の付け替えと、畑を拡張した。N4の北端の畝をトマト専用の畝にしたらどうだろうか。
昨年 9/5 トレイに播いた白菜がやっと、収穫できそう。実に4ヶ月もかかっている。

第3週末
堆肥囲い(D、E)の補修。エンドウ(N4)の網を張る。キウィの剪定。 初めて白菜を収穫する。N2の太ネギは終了、後はミカンの間の2畝。

第4週末
1/22 追肥−ニンニク、N2人参。
堆肥の切り返し。唐辛子の焼酎漬け。
1/23 裏の畑で野焼き。植木の剪定くず、竹など燃やす。
1/30 女房と二人でスキ−。子供たちは誘っても誰もついてこない。それでも子供たちだけ家に置いて出かけられるようになった。

第1週末

第2週末
1/8 太ネギ3
1/10 太ネギ 6、人参 7

第3週末
白菜2、太ネギ7,人参 多数、大根5

第4週末
1/22 太ネギ4,水菜、人参 8、ブロッコリ−の脇芽
1/23 大根11本。
1/30 人参多数(9/5播き−F1)終了、大根 多数、白菜1、長ネギ4

月間累計

Topへ

2月


作業計画
第1週末
2/6 みかん、庭木に石灰硫黄合剤。買い立ての噴霧器の調整に手間取り、撒布し始めたのは、5:30PM過ぎ。終了は6:40pm,真っ暗。
女房、下の子二人の計4名でスキ−

第2週末
下の女の子と、夫婦の3名でスキ−
2/12 追肥(ボカシ)−タマネギ、ブロッコリ−、キャベツ、エンドウ豆、そら豆。
ボカシ(11/23)を干して、またビニ−ル袋に保管。育苗用ビニ−ルハウスを組み立てる。
2/13 里芋(N1)、キュウリ(N2)それぞれの予定地を耕作する。堆肥+緑肥(燕麦)+米糠+EMボカシ。均した後に米糠活性液を撒布。

第3週末
2/20 トマトの予定地(N3)を耕作する。堆肥+緑肥+米糠+ボカシ。あとでEM活性液500倍を撒布。
トロ箱でトマトの育苗箱の作成。夜試してみるも、最高の60度設定で箱の中は16度にしか成らない。どうしよう。
白菜を抜いて、ジャガイモを植える畝を造る(F1)。堆肥+ボカシ。

第4週末
2/27 白菜(F1)の後に、ジャガイモ−4/2発芽。
耕作(みかんの間4カ所)−堆肥、+緑肥+米糠+ボカシ。
防除−ストチュウ。キャベツ2株がベト病。
育苗用の土−堆肥:土=1:1を作成してアルミの盥に入れて、物置にしまう。エンドウに竹の支柱を差す。

第1週末
ジャガイモ2K購入。
2/6 センスジ 籠1杯、白菜4、人参 多数、

第2週末
べか菜、エシャレット、大根3

第3週末
白菜 多数。人参 多数。太ネギ5完全終了ブロッコリ−の脇芽。

第4週末
里芋5株、水菜、白菜1、ふきのとう10

月間累計

Topへ

3月


作業計画
第1週末
3/5  とまと36穴、なす12穴をペ−パ−トレイに播きトロ箱の保温器に入れる。保温器内は15度Cにしか成らないが、兎に角やってみることにする。
トマト定植予定地に米糠を播き土と軽く混ぜ、EM500倍を播き、カンナクズを乗せておく。
トウモロコシの予定地(N4)1畝耕作−緑肥+米糠+ボカシ。 堆肥を入れるのを忘れた。
3/6 保温箱 20℃ に成っていて、土の表面にカビが生長していた。日中はビニ−ルハウスに入れて夜は保温箱。
防除(即席ストチュウ)−キャベツ、エンドウ。キャベツはベト病の2株を廃棄、防除中にベトになりかけを1株発見、今日の防除で止まるかどうか。
キュウリの予定地(N2)に黒マルチ。ニンニク、タマネギの色がきれいな緑になって成長してきた。期待される。

第2週末
3/12 ペットボトルで苗ポットを20数個作成し、留め金も針金で作る。12/12作成ボカシ肥えを干して詰め替える。酢のような匂いだったが3ヶ月置いたら芳香がした。堆肥の切り返しをして、堆肥置き場の南側から順番に北に詰め替えていくようにする。こうすれば常に一番北側が完熟堆肥となる。

トマト、ナスの苗が発芽し始めた(播種より1週間)。簡易保温箱は効果はあったようだ(夜間保温時で20℃)。
3/13 耕作−人参の跡(N2)−スイカの予定、 N3の南側−ナスの予定。堆肥+緑肥+米糠+ボカシ。スイカの予定地は堆肥抜き。N3は去年キュウリを作ったところだが、非常に堅く締まっていた。
ボカシを天日干し。防除−ストチュウまがい。キャベツ、エンドウ、そら豆、タマネギ。キャベツのベト病はここ数回のストチュウ防除で進行が止まったようだ。
トマトは、やく6割ぐらいが発芽。

第3週末

発芽
3/19 ハウス桃太郎が芽を出し始める(播種より14日)。
播種3/20
ペ−パ−トレイに追加のトマト、ナスを播き発泡スチロ−ルの箱に入れる。育苗ハウスにベンチレ−タ−を作る。晴れた日の日中はハウス内が40度以上になり、トマトの苗が駄目になる。ベンチレ−タ−で室温と、湿度を下げる予定。
耕作−N2の南側、N4の南側、及び雨囲いトマトの予定地。堆肥、緑肥、米糠、ボカシ。トマト予定地は堆肥抜き。
追肥
柑橘類に堆肥+緑肥+ボカシ。
3/21
N2−キュウリ(黒マルチ+ペットボトルの苗ポット)−4/2発芽(13日)。
トマトの雨除けハウスを組み立てる。

第4週末
3/26 雨よけハウスが、風で分解、組み立て直し。
耕作−N4の南側。手順はいつも通り。
トマトの苗が萎れてしまって、20本も使えるかどうかに成ってしまった。育苗ハウスは晴れた日には40度になるし、風が吹くとすっかり乾燥して地に萎びて倒れている。
3/27 里芋(N1,みかんの間)−4/22(N1のみ)昨年より2週間早い。
トウモロコシ(N4)−4/9発芽(14日目)、
太ネギ(みかんの間)、人参−4/9発芽(13日目)
太ネギ、人参は堆肥をのせ十分水を掛けてトンネルに寒冷紗を掛ける。雨の被害を防ぐつもり。 ←大成功

第1週末
ブロッコリ−2+脇芽、白菜3,水菜 籠2、人参 籠1、
雨除けハウス \10,500
黒マルチ135cm \735
苗ポット5P @\564 x 4 

第2週末
ブロッコリ− 籠1,水菜 籠1、キャベツ1。人参終了

第3週末
キャベツ3、ブロッコリ脇芽 籠1、水菜 籠1.アスパラ3、エシャレット。

第4週末
3/26 キャベツ6,ブロッコリ−籠1,水菜 4株終了全て薹が立って花盛り

月間累計

Topへ

4月


作業計画
第1週末
防除−ストチュウまがい。−エンドウ豆、5月豆、タマネギ。
枝豆(N3)、落花生−発芽まで2週間以上。
直播き−キュウリ(2回目N2−4/9発芽)、スイカ(N2)、カボチャ(みかんの間)4/12発芽
キャベツの網撤去。
4/3 (育苗ハウス−ポット播き)−トマト、ナス、オクラ(7日目)、ピ−マン、唐辛子
N2-マクワウリ、オクラの予定地にマルチがけ。キュウリパイプを変形してトマトの雨よけハウスの横棒に使う。

第2週末
4/9 F4の南半分−堆肥+緑肥+米糠+ボカシ。水菜を終了にして耕作する。
4/10
F3−緑肥+米糠+ボカシ。堆肥投入を忘れた。
直播き−(N2マルチ直播き)マクワ、オクラ−4/22(13日目)。(N1)落花生。(N4-2回目)トウモロコシ。4/22 発芽。
ポット播き−レイシ−(発芽17日目2ポット、21日目1ポット)、スイカ。

第3週末
ジャガイモの芽を2本にし、軽く土寄せ。トマトの植え穴にボカシを投入して、EM活性液X500をたっぷり掛けてかんなくずを乗せ乾燥を防ぐ。トマト、ナスの苗(3/5播種)を鉢上げ、ポットの底にボカシを仕込む。枝豆(N3−2回目)−4/26 発芽
4/17 午前中20k歩け大会。
F4残りの北側−緑肥+米糠+ボカシ。 F3半分にマルチがけ、オクラの予定、残りのF3の半分はピ−マン、唐辛子の予定。キュウリ、カボチャのキャップを取る。
防除(畑中)−ストチュウまがい。 そら豆に赤足アブラムシがついていた、唐辛子漬けをさらに撒布する、効果のほどは明日にならないと分からない。
4/18 数は減ったが、まだ穂先に数匹づつ着いていた。

第4週末
4/23 N4-水菜、べか菜。F4東-トウモロコシ。4/29 発芽
F1ジャガイモ追肥(コンポスト)、土寄せ。
4/24 動噴のテストのついでに防除(スミソン)−庭木、柿、みかん、そら豆
F4西-枝豆−4/30発芽、F3西−スイカ2(購入苗)
▲N1北−堆肥+緑肥+ボカシ。ボカシ作成。ポットで直播きはオルトランなどのダンゴムシ対策が必要、新芽を全て食われる。ナスの苗は生長に勢いが着いてきたが、トマトの苗は非常にゆっくり生長していて、4月播きのトマトに追いつかれそう。
4/29 柿のカイガラムシ防除(石灰硫黄合剤+マシン油+いろいろ)−4/30柿の新葉が枯れてはらはら落ちてきた。キュウリ(N2)、雨囲いトマトの支柱を立てる。
4/30 ストチュウまがい−畑中。N3,4−枝豆、トウモロコシの草削り土寄せ。N1の人参の間引き。

第1週末
キャベツ3,ブロッコリ−籠1

第2週末
ブロッコリ−籠1終了

ブロッコリ−は3月末で終了だろう。今回収穫分は一晩で蕾が黄色くなってしまった。

,キャベツ2,ノンビル、アスパラガス12

第3週末
キャベツ2終了、アスパラガス12
4/18スイカ接ぎ木苗@258 x 2 購入

第4週末
アスパラガス4,エンドウ4
4/28 アスパラガス8
4/29 アスパラ、芹、ノンビル、キャベツ1最後のひとつ、エンドウ豆、スナックエンドウ

月間累計

Topへ

5月


作業計画
第1週末
5/1 松の木の剪定。
5/3〜4 清沢でお茶摘み。天候に恵まれ全て手摘み出来た、50k。
5/5 キュウリの支柱に吊り縄を張る。ジャガイモ最後の土寄せ。N4トウモロコシ1本立て、土寄せ。防除−畑中。追肥(水肥)−キュウリ、N1人参、育苗ハウスの苗。

第2週末
5/8 F3東−オクラ(22株)定植。堆肥を積む
そろそろアスパラの芽が曲がり芽になってきたので収穫終了かもしれない。夕に採ったスナックエンドウを夕飯にマヨネ−ズで頂く、贅沢である。
5/11 4:30AM 起床。N1人参間引き。N3枝豆 草削り、土寄せ。F4トウモロコシ1本立ち、土寄せ。
5/12 4:30AM 起床。N1北側にリ−フレタス播種−4〜5日で出芽。堆肥を篩にかけながら薄く乗せ、たっぷり水をかけた後寒冷紗。

第3週末
5/14 防除(スミソン)−ミカン。防除(ストチュウまがい)−畑中、苗。
里芋のマルチ剥ぐ。
5/15 N3南−米糠を振ってEM撒布、4月のトマトを植える予定。 N2−レイシ、マクワの支柱を立てる、これでN2には、キュウリと共に三つの支柱が立った。夜20:00頃、ヨトウムシ取り、6〜7匹捕殺、菜と枝豆にいた。堆肥切り返し。
5/18 4:50am起床。畑中ストチュウ散布。里芋、オクラにアブラムシがひどいが、ストチュウでは効果なし。根気よく数日散布してみることにする。トウモロコシ、タマネギにイチモンジヨトウ。
5/19,5/20 早朝、防除−オクラ、里芋のアブラムシ。
N1リ−フレタスの畝にコ−ヒ−殻を撒く、防虫のつもり。

第4週末
5/21 定植−N3ナス(本葉6〜7枚)16,F3,N2スイカ(自家苗)2、N2レイシ4,みかんの間ピ−マン(購入苗)4。播種−ミツバ寿太郎の前。追肥(水肥)−長ネギの苗、人参、育苗中の苗。
自家苗の鉢上げ−キュウリ、ピ−マン、唐辛子。N3トマト予定地にボカシ投入しEMをたっぷり注ぐ。キウィの花にトマト−ン噴霧。
夜、ヨトウムシ取り、昨年より少ない感じ、一晩に3〜5匹。
5/22 4:45am 起床。「食油1+水50+粉石けん」を里芋、オクラのアブラムシ防除として撒布。 夕方見ると葉の裏にペタッとくっついたまま動かない、指で触るとぽろっと落ちる、どうやら死んだようだ、効果あり。 芋の葉が農薬焼けの様な状態。油が気孔を塞ぐようだ。散布後に洗浄しないといけないだろう。 長ネギの苗間引く、イチモンジヨトウ、カブラヤガ一匹づつ捕殺。間引いた苗をスイカのコンパニオンプランツとして定植。N4にナメクジトラップを置く(米糠+粉末殺虫剤)。トウモロコシ、オクラ、落花生の畝の草削り。夜ヨトウムシ10匹捕殺、だんだん捕殺数が増えている、長ネギの苗、菜、枝豆、ナス苗、里芋に居た。
5/24 ナメクジとラップが効いたのか、今夜のべか菜にナメクジ0,ヨトウムシは2〜3匹/日。
5/25 ヨトウムシ3,カブラヤガ2−ネギの苗床。
5/26 ヨトウムシ6−菜、枝豆。
5/28 庭木の剪定、防除。草取り。防除(ヨモギ+唐辛子+竹酢)−マクワ、キュウリ、トウモロコシ、ナス、カボチャ。カボチャ、キュウリ、マクワに萎縮病らしき兆候あり。
5/29 雨がこいハウスにビニ−ルを張る。N2オクラのマルチを剥ぐ。マリ−ゴ−ルド、ミツバ播種。N4トウモロコシ追肥(ボカシの上に堆肥)。堆肥それぞれ一つづつ北に移動。カブラヤガが良くとれる。特に人参の畝で10匹はとっただろう。 そのほか、オクラ、長ネギの苗でも捕獲。
5/31 ヨトウムシ、カブラヤガ10数匹捕殺。

第1週末
5/1 すなっくえんどう、あすぱら1
5/5 エンドウ、スナックエンドウ、アスパラ6,そら豆

第2週末
エンドウ豆、スナックエンドウ 笊1、アスパラ3
5/11 N4水菜、べか菜の間引き菜,5/12 スイスチャ−ト

第3週末
5/14 スイスチャ−ト
5/15 エンドウ、スナックエンドウ 大量。
5/19 タマネギ5二つに株別れしたものを収穫。

第4週末
5/22 エンドウ豆、そら豆 籠1、スナックエンドウ,水菜、べか菜。
5/29 f2-タマネギ東側半分。

月間累計

Topへ

6月


作業計画
第1週末
6/1 夜、ヨトウムシ、カブラヤガ、ウリキンウワバ 10数匹捕殺。
6/2 4:45AM.起床。畑中防除。ウリ類は黒酢x300.
6/5 トマト定植。追肥−アスパラ、ミカン、スイカ(F3)、N4トウモロコシ、キュウリ、マクワ、キウィ。
ボカシを干す。スナックエンドウを片づける。タマネギを収穫して全て吊す。
6/10 4 : 08AM 起床。ジャガイモを収穫する。スコップで作業したら、鍬より早かった(実動45分)。路地用トマト定植11本,内6本を斜め定植。下葉が枯れ上がってくる、鉢が小さすぎたかもしれない。

第2週末
追肥−F4トウモロコシ。防除(ストチュウまがい)−畑中。ニンニク+よもぎの木酢漬け3L。ナスに支柱。N3トマトの引き綱を張る。雨よけハウス−トマト−ン撒布。N2マクワウリが病気で枯れてきたので廃棄して、種を播く。畑中を草削りを兼ねて、土寄せ。

第3週末
防除(黒酢x100ほか)−キュウリ、軟腐病のようなので酢で消毒、ビニ−ルマルチを剥ぐ。
追肥−オクラ、キュウリ(ボカシ+水肥+苦土石灰)、スイカ、里芋−(ボカシ+堆肥)土寄せ。なす−水肥。
キュウリのマルチは芽出し用と考えて5月になったら剥ぎ、葉っぱマルチの方がよい。地温が上がりすぎキュウリが早く枯れ上がる。
N4トウモロコシに網を回す。F1-ジャガイモの取り跡を掘って、根深ネギの準備。

第4週末
防除−キュウリ、ナス他。キュウリは下から葉がどんどん枯れ上がってくる、うどん粉病も散見される、葉の縁が枯れてくる症状もあり、すでに4本青枯の状態、地際の茎が軟腐状態で臭いがある。スイカは実が落ちたり、尻が黒くなったりで落ちる。
根深ネギ定植。3畝(F1,N4)約150本。
6/30 トマト3本、キュウリ5本 立ち枯れ、原因不明。

第1週末
べか菜、水菜。キュウリ5。タマネギ
6/10 ジャガイモパン篭5杯、リ−フレタス。

第2週末
6/6 〜6/12キュウリ11,ニンニク11株

第3週末
6/13 〜6/19キュウリ61,リ−フレタス。

第4週末
リ−フレタス、なす8。オクラ8。
トウモロコシ9,枝豆。 6/20 〜6/26キュウリ83 6/27 〜6/30キュウリ38

月間累計
キュウリ 198。

Topへ

7月


作業計画
第1週末
追肥−(液肥)トマト、キュウリ(化学肥料)オクラ、すいか。
防風網を切断して、トマトハウス、F4トウモロコシに掛ける。トマト、また1本青枯れ。畑の草削り。

第2週末
太ネギに軽く土掛け。雨のためあまり作業できず。
7/10 N4トウモロコシを全て抜いて、鉈で20CMぐらにに刻む、太ネギの溝に入れる予定。
防除(ストチュウ)−トマト、ナス、キュウリ、人参。
キュウリは盛りを過ぎて終わりに近い、ナスは葉も大きく、とても勢いがあり、病気の兆候もなくツルツルと綺麗なナスが採れる。今夏はナスとオクラの調子がよい。トマトは、去年と同じく、実がみかん大になる頃に立ち枯れる。

第3週末
ついにトマト2本になる。
追肥(ボカシ肥)−おくら、なす。キュウリは終了、収穫期は40日ほどか。

第4週末
7/23 とまと全滅、支柱、ビニ−ルを片づけ、トウモロコシの残滓を畝に乗せておく。追肥+土寄せ=根深ネギ。土寄せ=里芋。オクラにワタノメイガが、多く付く、一ずつ潰して歩く。

第1週末
7/1〜7/3 キュウリ21
なす4,トウモロコシ15。
人参N1,リ−フレタス,オクラ10数個。

第2週末
N4トウモロコシ全て収穫N4終。なす20,キュウリ26、オクラ26。

第3週末
おくら、なす多数。トウモロコシN4。きゅうり20。枝豆N3。レイシ2.

第4週末
7/23 なす、オクラ=多数、れいし4、スイカ(購入苗)1

月間累計
キュウリ 67

Topへ

8月


作業計画

第1週末
オクラ、ナスは食べきれないほど採れる。ナスは一段落、枝を剪定して秋なすを期待。畑中の草を鎌で刈って雨がこいハウスの畝に乗せる。
8/7 キャベツ(75)、ブロッコリ−(50)の種を播く−3日後には出芽。育苗ハウスのビニ−ルを取って、寒冷紗を掛ける。

第2週末
F4,N3の北端を耕作。
8/16 耕作−F2(タマネギの跡)、N4北半分、N2北側、ミカンの間。
夏草を緑肥とする。
追肥(ボカシ肥)−根深ネギ、軽く土寄せ。

第3週末
耕作−F4ニンニクの跡地。 6月播きのマクワ、何とか4つ収穫。−スボンジ状で食べられず。
8/21 白菜播種(50)−8/23発芽。
散布−スミソン/庭木、苗。唐辛子焼酎漬け/オクラ、なす、人参。

第4週末
台風11号で破損した戸袋を修理する。タロウを洗う。根深ネギの土寄せ。

第1週末
オクラ、ナス、枝豆、レイシ。

第2週末
レイシ、オクラがよく採れる。なす3,

第3週末
レイシ、オクラがよく採れる。マクワウリ4.

第4週末
レイシ、オクラ

月間累計

Topへ

9月


作業計画
第1週末
N4−水菜、こかぶ、大根、それぞれ1畝ずつ。
F2(東半分)−白菜
F4(ニンニクの跡)−青梗菜
タマネギ、ニンニクの予定地(みかんの間)に石灰窒素を撒布し軽く土を混ぜる。 キャベツ、ブロッコリの苗の出来が悪い、初期に寒冷紗で光が足りなかったのか茎が長く倒れる。

第2週末
9/10 キャベツ、ブロッコリ−などの定植予定地を草削り。根深ネギの土寄せ。
防除(ストチュウ)−根深ネギ。発芽したばかりの−青梗菜、白菜、大根、こかぶ、水菜。
追肥(化成)−根深ネギ、オクラ、なす。
9/11 定植−キャベツ(60)、ブロッコリ−(36)。

第3週末
ニンニク、こかぶ(ミカンの間)。−ニンニク10/8半分出芽。大根N4。
防除(ストチュウ)−畑中。 F4,2 草削り。
9/18 ほうれん草(F4畝半分)、人参、青梗菜(N2)。
白菜(F2,38)。白菜の定植苗が毎朝根切り虫に倒れていく。
9/23 防除(ストチュウ)−畑中。
キャベツ、ブロッコリ−、はくさい、根深ネギの土寄せ。ナスの周りの草削りと土寄せ、結局6本残った。
堆肥を積む。キャベツ、ブロッコリ−の葉一枚一枚を裏返して、虫を殺し、卵を刮げ落とす。

第4週末
9/24 不フェア。

第1週末
イチジク5、なす3,ピ−マン7、オクラ、レイシ。

第2週末
イチジク3、なす6,ピ−マン笊1、オクラ、レイシ。

第3週末
9/18 ピ−マン笊1、オクラ、レイシ。イチジク、人参(N1)、青梗菜の間引き菜。
9/21 オクラ、イチジク7、ナス9。
9/23 オクラ、ナス5、レイシ8。青梗菜、小蕪、大根、水菜の間引き菜。

第4週末
9/29 いちじく5,なす10。
9/30 オクラ笊1 今年はよく採れる。

月間累計

Topへ

10月


作業計画
第1週末
10/01 白菜を間引く。
防除−白菜、キャベツ、ブロッコリ−他、畑中。 キャベツ、ブロッコリ−の葉を一枚一枚裏返して虫取り、卵取り。夜、ヘッドランプでヨトウムシ取り、10匹取る。
10/02 堆肥切り返し
(N5)大蔵大根、人参、水菜4日で出芽−人参は7日。 (F4)ほうれん草。4日で出芽。
キュウリの棚(N2)を片付ける。

第2週末
キャベツ、ブロッコリ−の葉を一枚一枚手で虫を捕る。
10/09またキャベツ、ブロッコリ−虫取り。防除−畑中。
耕作(N1北側を南北畝3本にする)−緑肥+米糠+ぼかし、エンドウの予定。 根深ネギ土寄せ。

第3週末
耕作(F3)−堆肥、緑肥、米糠、ボカシ肥。
防除−キャベツ、ブロッコリ−、白菜−虫害にたまりかねて、農薬散布(マラソン)。
N2−ほうれん草、青梗菜

第4週末
追肥(ボカシ肥)+土寄せ−キャベツ、ブロッコリ−、白菜、大根。ほうれん草に苦土石灰。長ネギ土寄せ。
10/23 畑の空いているところに緑肥を播く。堆肥切り返し
防除(ストチュウ)−畑中。
10/30 防除BT剤)−ブロッコリ−、キャベツ、白菜、子株、大根。里芋の取り跡に緑肥を播く。
ボカシをポリバケツ2杯造る。

第1週末
10/01 イチジク5,白菜の間引き菜。
10/02 里芋2株里芋は叔父さんに貰った種で、良い出来であった、レイシ、オクラ、なす10,ピ−マン笊1,人参(N1)
10/05 いちじく13,オクラ笊1

第2週末
イチジク8,オクラ笊1,なす8,青梗菜かご1,落花生かご1
10/09 青梗菜(N2)間引き菜。

第3週末
10/15 青梗菜(F4)、水菜、ピ−マン、いちじく。
気温が涼しくなってきたら、オクラの成長がピタリと止まる終了

第4週末
青梗菜、人参(N2)間引き菜。いちじく、ピ−マン。
10/24 さわし柿
10/30 青梗菜、水菜、子株6、里芋4株、柿籠3。

月間累計

Topへ

11月


作業計画
第1週末
11/03 追肥−ほうれん草(F4,N2)に苦土。
エンドウ豆、スナックエンドウ(N1)13日で出芽。人参(N2)、大根(N5)間引く。女房、干し柿を作る。毎日さわし柿を食べている。

第2週末
11/13 防除(BT剤+展着液)−キャベツ、ブロッコリ−、白菜。まだ、葉の裏にヨトウムシの幼年幼虫が群がっている。
堆肥を積む−米糠(2袋)+コンポスト1本。
追肥(ぼかし肥)−人参、ほうれん草(N2)、大根、人参、水菜(N5)。 まだ、ピ−マン、いちじくが採れる。

第3週末
定植−タマネギの苗200本。
F3の余ったところにエンドウ豆播種。 松の葉をすく、譲り葉の主幹切断、母の庭の青木を廃木にし、ツツジを移植。
11/23 ストチュウ+展着剤−きゃべつ、N5。庭木の剪定。まだ、サワシ柿を食べている、今夜も干し柿用の柿をむく、今年はよく柿を食べた。

第4週末
11/26 堆肥切返し。太ネギ土掛け。裏の香花を母の庭に2本定植。
11/27 N1東側の道をつけ直し、広げた部分に緑肥を播く。

第1週末
いちじく10。

第2週末
11/12 大根4、青梗菜、子株。いちじく、ピ−マン。

第3週末
11/20 大根5、子株10、白菜2、根深ネギ5
タマネギの苗1束¥800 X 2束.
11/23 太ネギ3,赤芽1,里芋2,子株、ほうれん草(F4)、白菜の間引き菜(N1)。いちじく6。

第4週末
いちじく4。白菜1、太ネギ5,ピ−マン7,ブロッコリ1

月間累計

Topへ

12月


作業計画
第1週末
12/03 先週の付け替え道の拡幅工事。
12/04 枯れたみかんを抜いて、興津早生を定植。

第2週末
いちじくの剪定、移植。いちじく、柿の葉がほとんど落ちた。
12/11 浮島神社清掃。堆肥切り返し。コンポスト用ぼかしを仕込む。 ブル−ベリ−(ピ−トモス+鹿沼土)植え替え。

第3週末
防除−みかん、柿にマシン油。庭木にスミソン。
アスパラに苦土。

第4週末
松の芽摘み、揉み上げ。11月に葉むしりをしてあったのに意外と時間が掛かった(2時間40分ほど)。
防除(マシン油)−松、庭木。畑の中の柿。柑橘類の剪定。
12/30 餅つき。

第1週末
白菜3,太ネギ9、青梗菜(N2)、大根2、みずな1。

第2週末
12/10 白菜2,太ネギ7,青梗菜、ほうれん草、子株。

第3週末
12/18 太ネギ7,大根3,こかぶ、青梗菜、ほうれん草、水菜1,里芋,ブロッコリ−5。

第4週末
菠薐草
12/30 白菜5,太ネギ9,水菜5,里芋2株、

月間累計



                      凡例
野菜___播 種(#0080C0)
野菜___出 芽(#009700)
野菜___定 植(#FF80FF)
野菜___収 穫(#FF8000)
耕作___畝い地(#800000)
追肥___追 肥(#FF0000)
散布___防 除(#FF0000)
Topへ


まとめ

冬作の備忘録>
<人参>   
昨年9/5播き−とても良い出来であった。   
前作はタマネギ。耕作−堆肥+緑肥+米糠。   
追肥−11月末に嫌気性ボカシ。
<キャベツ>   
不耕起でやったら菌核病が発生、土が硬く締まってしまい水はけが悪かった。
玉も大きく成らず総じて失敗であろう。
<項目>   
まとめや備忘録など。
<項目>   
まとめや備忘録など。


夏作の備忘録

2005作付け図

N3
なす科
N4
稲科
N2
瓜科
N1
里芋科


<トウモロコシ、枝豆>   
N4にトウモロコシを集中、キャベツの後に枝豆でどうか?
<マルチ+ポット−直播き>   
オルトランなどのダンゴムシ対策が必要、新芽を全て食われる。
<自家取り種に挑戦>   
里芋、キュウリ、枝豆、オクラ、唐辛子、ピ−マン、スイカ、カボチャ、マクワウリ、落花生。
<枝豆>   
4月第2週から播く方が発芽率がよく、発芽までの日数も短い。   
発芽までの日にち。4月第1週−14日。4月第3週−12日。4月第4週−7日。
<キュウリ>   
マルチは芽出し用と考えて5月になったら剥ぎ、葉っぱマルチの方がよい。地温が上がりすぎキュウリが早く枯れ上がる。
<項目>   
まとめや備忘録など。
Topへ