営農2006

前のペ−ジ    /1月 /2月 /3月 /4月 /5月 /6月 /7月 /8月 /9月 /10月 /11月 /12月
前年度 凡例 備忘録
作業記録 収 穫/備忘録
Topへ

1月


作業計画
第1週末

第2週末
キウィの棚を半分に縮小。出た廃材をどう始末しようか。
1/8 スキ−(夫婦と子供2人)。

第3週末
キウィの棚の廃材をグラインダ−で、裁断する。柚をキウィの棚を解体した部分に移植。シュレッダ−のゴミを焼き、女房焼き芋する、皆で食べる。

第4週末
1/22 四溝柿、定植。堆肥切り返し。塩ビ管を縁石の代わりに使う。
1/28 追肥(ぼかし)−アスパラガス、ブロッコリ−。
1/29 スキ−(夫婦二人)。

第1週末
1/4 太ネギ3,ほうれん草、水菜。

第2週末
白菜3、太ネギ7,こかぶ。

第3週末

第4週末
1/22 キャベツ1,ブロッコリ−12,白菜3、ほうれん草、太ネギ、人参7(N2)、大根4。
1/28 ブロッコリ−5及び側枝蕾,太ネギ5,青梗菜、ほうれん草、キャベツ1。

月間累計

Topへ

2月


作業計画
第1週末
2/5 ジャガイモF1,F2の片面ずつでやることにし、耕作し、(堆肥+ボカシ)、マルチを張る。エンドウの支柱を立てる(2時間弱かかる)。

第2週末
防除−石灰硫黄合剤、庭木、柑橘類。
2/11 N3耕作。緑肥+米糠+ボカシ。瓜科の予定で堆肥抜き。

第3週末
耕作−(N2里芋予定地)−堆肥+緑肥+米糠+ボカシ。F4北(太ネギの苗床の予定)緑肥+米糠+ボカシ。夕飯に野菜をたっぷり頂く。

第4週末
2/25 ジャガイモ48株(キタアカリ、ダンシャク)-黒マルチを試す−3/23出芽昨年より10日早い。 ブロッコリ−は側枝の蕾も親指の頭ほどに小さくなってきて、終わりが近い。

第1週末
2/4 白菜3,太ネギ8,キャベツ1,ブロッコリ−、ほうれん草、人参、大根。

第2週末
2/11 太ネギ6、白菜4、人参(N2)、青梗菜、ぶろっこり−、ほうれん草、水菜2。
2/12 キャベツ1。
キタアカリ1k,男爵1k

第3週末
大根、人参、水菜、キャベツ、ブロッコリ−、太ネギ、白菜、ほうれん草、子株。

第4週末
キャベツ4,水菜、ブロッコリ−、ほうれん草、太ネギ4、ふきのとう5。

月間累計

Topへ

3月


作業計画
第1週末
3/4 追肥(ボカシ)−タマネギ、エンドウ豆、ニンニク。
アブラナ科の作物は薹が立ち始める。白菜は割れはじめ、ブロッコリ−は花が開きそうで、大根、ほうれん草も花の咲く準備中。
3/5 耕作(緑肥+ボカシ+米糠)−N1東2畝、F4東半分。
ミニトマト10,スウィ−トトマト12,唐辛子6,ナス18。−去年と同じ方法で温床にする。ボカシを干して保管。育苗ハウス組み立て。

第2週末
3/11 耕作(緑肥+ボカシ+米糠)−N2北側4畝。
キュウリ、トウモロコシ、太ネギの苗床それぞれの予定地に苦土石灰。
3/12 耕作−F1西、N1南(堆肥)、青島と寿太郎の間。
キュウリ、トウモロコシの畝にマルチ。追肥−みかん、N5に苦土石灰。 生ゴミ用ボカシを干す。
玉レタス3/21出芽-F3の余った所。

第3週末
N1の南一畝、みかんの間(里芋の取り跡)。種芋用の里芋を全て掘り出す。 人参−4/1出芽(12日)
太ネギ(F4)-4/4出芽(15日)
べかな(F2の端)
-7日で出芽
3/21 春分の日。裏の畑で野焼き。

第4週末
3/26 N2里芋(中早生13,赤芽5)−4/22(2)
N1トウモロコシ44株(透明マルチ)−4/4発芽,6/1出穂(雄)
N3キュウリ11(黒マルチ+ペットボトル)-出芽4/5(4),4/15(7)

N2,N3を南北畝に変更。
N4南北畝に変更して全面耕作。N4はナスの予定なので堆肥を投入。
3/30 ジャガイモ全て芽が出そろう、マルチの威力である。今朝収穫したアスパラを今朝茹でてもらう、味も香りもしっかりあり美味しい、作っている者の特権である。

第1週末
大根、キャベツ4、太ネギ6,白菜7,人参20,ブロッコリ−、ほうれん草。
清黒中長なす、ミニトマト、スウィ−トトマト

第2週末
3/11 N2(ほうれん草、人参)、大根N4、水菜。 太ネギF1。ブロッコリ−、キャベツ7。

第3週末
3/19 大根(N5)、水菜、人参。キャベツ(N3) ,ブロッコリ−。白菜
3/21 太ネギ3。

第4週末
3/25 太ネギ3,ニラ、アスパラ9。 水菜
3/30 アスパラ6

月間累計

Topへ

4月


作業計画
第1週末
4/1 マルチ張り−スイカ、マクワウリ、落花生、枝豆、オクラの予定地。N5−トマト予定地の準備 (草木灰、ボカシ、米糠、活性液 X100=木くずを乗せて緑肥で押さえる)。
4/2 里芋を追加。早生3(青島の南)、赤芽3(金柑の南)

第2週末
4/8 トマト、ナス、辛を鉢上げ。
レイシ10−4/22〜30(3)
オクラ28
(ポット播き)−4/22発芽6。ジャガイモ、マルチの上から芽欠きをして2本にする。キタアカリの方が出芽も成長も早い。
4/9 トウモロコシ2回目−4/28|6/22出穂
枝豆(N1)-鳩に食われて全滅。4/22播き直す。−4/28

落花生(N4)−4/29

オクラ(F4.黒マルチ)畝半分−4/21発芽
ほうれん草、サラダ菜−4/18発芽

防除(木酢、唐辛子)−エンドウ豆。
N5にトンネルを造って、トマト、ナスの苗を入れる。
4/13 朝出かける前の15分で、ジャガイモのマルチを剥がして、軽く土寄せ。

第3週末
N3マクワウリ4株(黒マルチ+苗キャップ)−4/20発芽
白菜の跡に1条水菜。−4/20発芽
F4ブロッコリ−の跡を耕作(緑肥+ボカシ+米糠)。 玉レタス、べか菜間引く。

第4週末
4/22(購入苗)カボチャ2、スイカ3、ピ−マン4。
トマトの支柱を立てて、接ぎ木苗モモタロウ6
N2トウモロコシ(3回)-5/3?
枝豆N3(N1まき直し)−4/30
キュウリN1(2回)−4/28
ほうれん草(夏みかんの南)−4/29

枝豆、落花生は網のトンネルを張る。芽が出ると鳥がつつく。
4/23 ジャガイモの土寄せ。タマネギ、人参、ほうれん草の草削りを兼ねて土寄せ。
防除(ストチュウまがい)−エンドウ、タマネギ他、畑中。木酢ニンニク漬け、焼酎の唐辛子漬けを片付ける。
4/29 追肥(ボカシ)−ジャガイモ、最後の土寄せ。パセリ2。
防除(ストチュウ)−畑中。唐辛子(x100)-みかんのアブラムシ、庭木。
オクラ(F4。マルチ無しの直播き)5/6発芽
4/30 庭木の剪定。黒松、五葉松(午前中)。キュウリの支柱を立て、ひもを張る(実働、2時間強)。

第1週末
N5 人参,4/4 アスパラ20

第2週末
アスパラ20,10,7。

第3週末
4/14 アスパラ9,7,12(良く採れる。)。芹(香りよく旨かった。)
4/20 スナックエンドウ 8

第4週末
べか菜、玉レタスの間引き菜
4/28 スナックエンドウざる1、アスパラガスは数日おきに5〜8本ほど採れる。
4/29 スナックエンドウざる1。アスパラガス
4/30 レタス間引き菜

月間累計

Topへ

5月


作業計画
5月
5/3 N4ナス126/10蕾。
ツルナシインゲン21-5/8(2)6/10花咲く。
防除−(BT剤)畑中の葉物。(スミソン)みかん、庭木。トウモロコシ、里芋の透明マルチは失敗、マルチの中は草のジャングル状態。全て剥いで、草取り。
5/4 ポット播き−オクラ20、アスパラガス12-5/20。4月第2週播きのポットオクラが全然芽が出ない。全て完熟堆肥でやったら水はけが良すぎて乾燥し過ぎのようだ。堆肥と土を半分ずつ混ぜた方は芽が出た。
5/5 N4落花生が地中で腐ったり、虫に食われたりで半分も芽が出ない。予備苗5および自然生えの苗を拾って何とか畝をいっぱいにする(24株)。枝豆の網をはずす。
第1週末
5/8 ツルナシインゲン2出芽するも鳥害にあう、夜雨中、網を張る。
5/12 4:00AM 起床。N1枝豆−5/19BT剤−枝豆、なす、葉物。

第2週末
5/14 ナスの支柱立て。里芋など畑中の草削り。母の庭にモロヘイヤ
オクラF1直播きの欠けたところに定植してしまう。スナックエンドウ少しずつ枯れ始めている。昨年と同様、5月末が終了時期か。その後の支柱を利用して、レイシとキュウリを予定している。
防除(ストチュウまがい)−畑中。
5/19 4:45am 起床。コンポストを空けて、堆肥に積む(米糠のみ)。ナメクジトラップ(米糠+粉末殺虫剤)設置。サラダナF1にてカブラヤガ2匹捕殺、カブラヤガは地中で吸汁するので地上部に散布したBT剤は効かないようだ

第3週末
5/20 里芋欠けたところに移植する。金柑の南に枝豆−5/27
マクワを諦めて、トウモロコシ−5/27
マクワウリは、去年と同じ結果。新芽をダンゴムシ、ナメクジに食われるか委縮病になる。ポット苗で育ててから畑に移植した方が良いかもしれない。アブラムシ対策には、定植時に根本にアルミホイ−ルを敷く。
キュウリのビニ−ルマルチを剥いでチップマルチ。間にルッコラ、べか菜-5/26の葉っぱマルチ。ナス、辛の苗をN4に定植。 N5ミニトマト2−第1花が開いたので。
5/21 5:00am起床。ミカンの防除−粉石けん+マシン油+スミソン+辛、ヨモギ、コ−ヒ−。効いた。庭木の剪定、草取り。キウィ強剪定。
防除BT剤)−畑中。
スナックエンドウは連日の雨で一気にうどん粉病が蔓延し、木が終わりになる。弟の末っ子を呼んで二人で収穫する。 事実上の終了である。
N3枝豆ピンチする。N1はせず。
5/22 4:45am起床。追肥−F4人参。オクラ、トウモロコシなどの草削り。
5/25 5:00 起床。エンドウ豆(N1-3)の畝を撤去して、レイシ6定植。

第4週末
5/28 防除(ストチュウまがい)−畑中。
キュウリ(3回目)ポット播き12−6/02(2)6/22定植ミニトマト2。畑中にナメクジトラップ。
5/31 4:30am起床。防除BT+辛、コ−ヒ−、ニンニク木酢)−畑中。葉物は規定の4回散布を完了。キュウリ−危険分散のために去年の自家取り種を直播き。

第1週末
5/2 アスパラガス8
5/3 レタス、べか菜、スナックエンドウ。サラダ菜と菠薐草のベビ−リ−フ
5/4 ノビル
5/5 アスパラガス3、5/7 同3−5月の連休で収穫終了とする。べか菜。
5/10 スナックエンドウ笊1、レタス。
5/11 スナックエンドウ笊1今が最盛期か、よく採れる。

第2週末
5/14 べか菜(早くも薹たち、蕾が出来てきた。)、サラダ菜、レタス。スナックエンドウ大量。
5/19 スナックエンドウ大量。タマネギ3試し取り

第3週末
5/20 レタス、べか菜、サラダ菜、菠薐草。ニンニク10
5/21 べか菜、サラダ菜、菠薐草、スナックエンドウ大量ほぼ終、エンドウ豆、人参の間引き。
5/25 エンドウ豆

第4週末
サラダ菜、F1菠薐草、レタス、F2,3べか菜

月間累計

Topへ

6月


作業計画
6月
6/01 4:05am起床。蔓無し隠元(F1-1)−6/7-7/1開花、菠薐草の後に苦土を散布し軽く耕作、ハト対策で網を張る。里芋トウモロコシなど、草削り。
6/02 4:50am起床。裏の畑の草削り、通路に燕麦。カブラヤガに切り倒された茄子の苗に予備苗補充。
第1週末
6/3 4:45am起床。玉葱を収穫、根を包丁で切り畑に干す。 抜き15分、根切り15分。
6/4 追肥−N1-3,4トウモロコシ(米糠+ボカシ)。みかん、アスパラガス(米糠+草木灰+ボカシ)。堆肥の切り返し
スウィ−ト2。保険に直播きしていたキュウリが出芽したのでポットに取る10。今年はポット用の土にボカシを混ぜたのが失敗だったようで、種が腐る。
タマネギを吊す。今年は収穫から吊すまで手順と天候が良かった。後はジャガイモである。表の畑の通路に燕麦、スイカ、里芋、ナスにトウモロコシを混植。
夜虫取り−ヨトウムシ7,ウリキンウワバ1。
6/5 5:10am起床。防除BT+いろいろ)−譲り葉、キウィその他の庭木、キュウリ、茄子、トウモロコシN1。
6/6 4:40am 起床。N1-1エンドウ豆の枯れた蔓を引きずり下ろしマルチとし、N1-2レイシ4定植、これでレイシ10株、食べ切れないだろうな。

第2週末
追肥−キュウリの西側,ピ−マン、カボチャ。
ジャガイモ収穫キタアカリの方が収量も大きさも良好。
6/13 4:50am起床。里芋を1本立ちにする。茄子の第1花が咲き始める。
6/15 4:30am起床。通路にラウンドアップ。タマネギの後を草削り。

第3週末
6/17 防除(BT+ストチュウ)−枝豆、トウモロコシ、キュウリ、ナス、オクラ。
追肥(ボカシ)−F4オクラ、N4ナス。根深ネギの苗、間引いて軽く土寄せ。
キュウリ1本、青枯れで廃棄、数本の下葉にうどん粉病初期症状(表面に白い点が数p間隔で見られる)散見される。ストチュウを撒布し根本にEMx100を撒布−これでとまってくれれば良いのだが。
6/20 4:25起床。N1トウモロコシに網を張る。防除(ストチュ−)−キュウリ、茄子、スイカ、カボチャ。ナギナタガヤの種を採取、保管。
6/21 4:10起床。トウモロコシ、枝豆他の草削り。
6/22 3:58起床。追肥(コンポスト+米糠、チップの1月もの)&土寄せ−N2トウモロコシ、里芋。N4落花生(苦土のみ)。
N1エンドウ豆の後にキュウリ苗(五月末播種)定植。N1網を張ったトウモロコシの根本にツルアリインゲン6/26発芽

第4週末

6/24 4:20起床。防除(BT+ストチュウ)−N2トウモロコシ、枝豆、里芋。 防除(ストチュウ)−N3キュウリ、今のところ青枯病は止まっている。うどん粉病も進行が遅くなっている。
追肥(ボカシ)−キュウリ、ナス、ピ−マン、カボチャ。N1-1キュウリの足下にべんり菜
6/25 ミカンの間のキュウリの支柱を立てる。裏の畑の草削り。
6/27 4:20起床。表の畑の草削り。キュウリは4月末蒔きの方が葉の色が淡くむしろ黄色みを帯び葉も早く枯れ上がっている、何故だろう、同じ畝の2条蒔きなのに?
6/28 4:00起床。防除(スミソン)−香花、山茶花。防除(BT)−オクラ、5月蒔きキュウリ。草取り。今朝キュウリ41採れる、爆発的なのだが去年と同じで7月初旬で終了となってしまうのだろうか?
6/29 4:15起床。追肥(ボカシ)−N3スイカ、ぴんぽん玉大の着果あり、上手くいけばお盆には食べれるか?F1-1蔓無隠元、支柱を立てる。キュウリ(5月蒔き)支柱に縛る。
6/30 4:20起床。防除(BT)−茄子、N2,N3トウモロコシ。根深葱予定地を草削り、植え溝を掘るつもりが時間切れ。

第1週末
6/3 タマネギ。ルッコラ、べか菜のベビ-リ-フ(キュウリの葉っぱマルチ)
6/4 サラダ菜 大量、レタス2、水菜
6/8 キュウリ1
キュウリ(初〜6/11)9

第2週末
サラダナ4。じゃがいもパン箱4。 ルッコラ。
6/13 レタス4,サラダナ8、ルッコラ、ヤングコ−ン10。
キュウリ(6/12〜6/18)9

第3週末
サラダ菜 大量、レタス13。
6/21 レタス9後一つ畑に残すのみ
6/22 蔓無インゲン 笊一杯ピ−マン3
キュウリ(6/19〜6/25)141

第4週末
F4ニンジン2本長さ20cm以上、直径5cm非常に良い出来)。サラダ菜最終形は円筒形に近い大きな玉になった。)、蔓無インゲン笊1。
6/25 N1トウモロコシ14
6/27 茄子3。6/28 ニンジン4,蔓無インゲン笊1。
6/30 茄子4オオタバコガと思われる食害甚大。サラダ菜の二度芽 大量。人参2。
キュウリ(6/26〜30)100

月間累計
キュウリ 259。

Topへ

7月


作業計画
第1週末
7/1 茄子の実の虫害は甚大、ボコボコに穴だらけ。夜間に老齢期のヨトウムシ2頭捕殺。しかし食痕はタバコガのものに見える。キュウリ黄色い葉が目立ち勢いが無くなる、去年と同じ結果に終わるのか。3月末に播いたトウモロコシは総じて不出来であった。木自体が大きく成らず、穂も小さく、穂先まで実が入らず。
7/2 F2根深ネギ100本。小さな嵐でトウモロコシ全て倒れる、数本ずつ束ねて網を回す。
7/4 3:40起床。追肥(ボカシ)−N3キュウリ、なす、N3トウモロコシ。防除(ストチュ−)−キュウリ、茄子、オクラ、N3トウモロコシ。N3トウモロコシを縛る。
7/5 4:30起床。裏の植木場を剪定。
7/6 4:20起床。表の植木場を剪定。墓参り。
7/7 4:00起床。母の植木場の草削り。4月末蒔きウリの蔓下ろし、支柱に縛る。

第2週末
7/8 5:00起床。収穫だけで終わる。
追肥(ボカシ)−F4オクラ。草削り。N2里芋の枯れたところに、脇芽を欠いて埋める。キュウリ、一段落(7/10)ぼちぼち蔓下げをしている。
7/11 4:25起床。収穫、冬苗用土の用意、草取り。

7/12 4:25起床。N2トウモロコシの根本に隠元。早生キャベツ味珠,セル50。オクラにアワノメイガ発見、防除(BT+いろいろ)−オクラ、キュウリ。

第3週末
N3キュウリ全て蔓下ろし。あちこち草取り。
7/17 追肥(ボカシ)−N1キュウリ、おくら。
7/19 4:50起床。雨につき、合羽を着て収穫のみ。N3キュウリは追肥、蔓下ろし、潅水の結果、緑の葉が出始めぼちぼち採れている(7/19 10本)。昨年は7月第3週で終了だった。

第4週末
7/23 ブロッコリ−セル50。
7/25,26 5:00起床。 収穫のみ。5月末播きのN1キュウリが最盛期にはいる、今朝20数本採れる。3月、4月播きのN3キュウリも今朝10数本採れた。
7/27 5:15起床。収穫のみ。N1キュウリ10数本取る。
7/28 4:30起床。追肥(化成)−ピ−マン、N3キュウリ、茄子。平成り隠元をトマトハウスに播く。防除(ストチュウ)−キュウリ、オクラ、カボチャ、落花生、根深葱。
オクラにカナブン、カメムシ、ワタオメイガを発見。
7/30 耕作(堆肥+緑肥+米糠+ボカシ)−F1東(キャベツ)、F3(白菜)。土寄せ−里芋、根深ネギ(堆肥追肥)。N3キュウリ10本採れた、昨年より蔓枯れが遅く先端に花を持っている。
7/31 N3キュウリ7−さすがに形の良いキュウリは採れない。やや小振りになってきた。


キュウリ(7/1〜7/2)62

第1週末
7/1 人参2。N1トウモロコシ実が小さく、穂先まで実が入らず不出来。、ツルナシインゲン笊1,ヤングコ−ン、オクラ6。ピ−マン4。
7/3 オクラ7,ナス2。
7/4 N4蔓無隠元(播種より2ヶ月)。
7/5 レタス最後の1つ
7/7 オクラ5
キュウリ(7/3〜7/9)78

第2週末
サラダ菜、レタスの2番芽、人参28,なす8,オクラ大量、ピ−マン16,N1枝豆 甘くて旨かった
キュウリ(7/10〜7/16)45

第3週末
7/15 N1枝豆(4/22播き)、人参5、ナス3,サラダ菜の2番芽、ピ−マン30,オクラ。
7/17 ミョウガ20,ナス3,おくら。N1キュウリ
7/19 ナス3,人参4,おくら。

キュウリ(7/17〜7/23)56(内新9)

第4週末
7/23 レイシ3、なす6,人参6,おくらは2〜3日ごとに採れる。ミョウガ9。N2トウモロコシ総じて出来悪し、穂先まで実が入らず穂自体も短い。
7/26 おくら、F1隠元ザル1、レイシ3、なす4、N3枝豆 1/3収穫。
7/27 ピ−マン多数、ナス3,ミョウガ9。
7/28 N3枝豆、あと半分のこり。
7/30 N3枝豆、レイシ4,人参、なす13,おくら、N2トウモロコシ。スイカ1。
キュウリ(7/24〜7/31)171

月間累計
キュウリ 412

Topへ

8月


作業計画

第1週末

8/03,04 4:30起床。収穫、植木場の草取り、通路に除草剤。
7/6 耕作(堆肥+緑肥+米糠+ボカシ)−F1西(ブロッコリ−)、N3−2(キャベツ?)。
8/07, 4:45起床。N3トウモロコシに網を回す。7月中の日照時間が例年の1/3だったため、トウモロコシもスイカも実が大きくならない。

第2週末
8/13耕作(緑肥+ボカシ+米糠)−N3-3,N4-3。
N3キュウリ畝の北半分を残して枯れる事実上の終了、種採り用の実を6ヶ残す。
8/14 F3(畝1/4)人参。セル50白菜。防除(ストチュウ)−ナス、カボチャ。追肥(化成)−N1キュウリ、オクラ。
スイカ、ナスなどと混植していたトウモロコシが採れた、先に収穫した者より良い出来。枝豆はお盆の時期に収穫ではカメムシの餌食。

第3週末
8/19 N3および寿太郎北のキュウリ棚を片付ける。キャベツ−F1東(28),N3-2(20)。
8/20 耕作(緑肥+ボカシ+米糠)−N3-1,-4,ミカンの間(枝豆、キュウリの後)。 ブロッコリ−F1西(26),N3-3(18)。

第4週末
耕作(緑肥+ボカシ+米糠)−N1−4。防除(BT+ストチュウ)−ナス、キャベツ、ブロッコリ−、オクラ、柿、庭木。
畑、庭の草取り、草削り。キュウリはまだ採れる、オクラは毎日採れる、キュウリは6月〜8月の3ヶ月間で1,000本以上採った。


キュウリ(8/01〜8/6)139

第1週末
なす7,おくら大量(毎日採れる)、茗荷9,スイカ4
人参堀上げて他の場所に埋める。N1枝豆 、F1インゲン
8/7 スイカ2、レイシ2。
キュウリ(8/07〜8/13)65

第2週末
ナス6,ミョウガ8、レイシ14,おくら大量。N1インゲン笊。 トウモロコシ30(N3,4スイカ、ナスなどの畝に混植していた者)。枝豆
キュウリ(8/14〜8/20)92

第3週末
レイシ10,なす8,N1インゲン、オクラ毎日採れる。 人参6(埋めて置いたもの)
キュウリ(8/21〜8/27)79

第4週末
オクラ大量、ピ−マン笊1,ナス24,レイシ5。


キュウリ(8/28〜8/31)29

月間累計
キュウリ 404

Topへ

9月


作業計画
第1週末
9/2 こかぶ(N3-4)、水菜(N4-3)、大根(F3西)、青梗菜(寿太郎北)。
N2インゲンを結局諦めて廃棄する。
9/3 追肥(ボカシ)−おくら、根深ネギ。防除−里芋(マシン油)、キャベツ、ブロッコリ−、オクラ(BT)。菠薐草(N1-4南半分)。 ボカシを仕込む
9/5 防除−里芋(マシン油)。

第2週末
耕作(緑肥+ボカシ+米糠)−N2-3,4。白菜50F3東、N2-3。キュウリは終わり、今年は3ヶ月間食べた。
9/10 タマネギ(興津の北)、サラダ菜(N3-1北半分)、緑肥耕作(緑肥+ぼかし+米糠)−N1-1,2,3。 N1のキュウリ、レイシを廃棄して支柱を片付ける。

第3週末
レタス(N1-3)、大根(N3-1南半分)、人参(F4北)。追肥−/(ボカシ)ナス、オクラ/(堆肥)一本太ネギ/(米糠+鶏糞)−みかん、アスパラガス。キャベツなどの土寄せ。大根、水菜、こかぶを間引いて軽く土寄せ。
防除(BT+ストチュウ)−畑中。

第4週末
9/23 水菜、こかぶ、人参を間引く。防除BT+ストチュウ)−畑中。 青梗菜(N4-5北端)、こかぶ(N2-3白菜の萎れた後)。
9/10播きサラダ菜(N3-1)、失敗のようで一つも芽が出ず。
9/29 防除(BT+ストチュウ)−畑中。
9/30 堆肥を積む。ボカシ(追肥用、コンポスト用)。N1-1菠薐草、N3-1水菜

第1週末
9/3 なす9,オクラ大量、レイシ。

キュウリ(9/1〜9/3)32

第2週末
ピ−マン笊1、なす8,レイシ、オクラ大量。

キュウリ(9/4〜9/10)15

第3週末
レイシ、ナス、ピ−マン、オクラ。大根、こかぶ、水菜のbaby leaf

第4週末
オクラ1日おきにザル1杯づつ採れる。レイシ7,ナス8。大根、こかぶ、水菜の間引き菜。いちじく5

月間累計
キュウリ 47

Topへ

10月


作業計画
第1週末
10/01 晩生キャベツセル50。

第2週末
10/07 キャベツ、ブロッコリ−の葉を1枚づつ手で擦って、幼虫を殺した後、防除(BT)−畑中。そろそろ萎れるオクラが出てきた。
10/08 植木場の草取り。堆肥の切り返し追肥−(ボカシ)F1キャベツ、根深ネギ/(半熟堆肥)N1キャベツ、ブロッコリ−。 白菜、キャベツ、ブロッコリ−、根深ネギの土寄せ。
10-09 2回目の野菜(水菜、大根、青梗菜、レタス)の間引き、土寄せ、防除(BT+EMなど)。

第3週末
防除(BT+ストチュウ−)−畑中。キャベツ、ブロッコリ−の虫害酷し。
10/17 ヘッドランプでヨトウムシ採り、一晩で50頭ほど捕獲、一晩では過去最高。BTは効かないのか?

第4週末
10/21 F4オクラを廃棄して耕作(堆肥+緑肥+米糠+ボカシ)防除(ストチュウ)−白菜、大根。白菜は病気の株5廃棄。
10/22 防除(BT)−キャベツ、ブロッコリ−、白菜。ナスの後にべか菜、落花生の後に青梗菜。タマネギの苗はまだ10cmほどしかない、播き時までに間に合うか?
10/29 ナス、落花生を終了にして緑肥を播く。キャベツの虫害が甚大なので防除(BT+スミソン)−畑中。今年は柿のならぬ年、軽く籠に1杯で終了。ネブカネギに土寄せ。

第1週末
10/01 なす17,青梗菜。baby leaf-レタス、青梗菜、白菜。水菜の間引き菜。

第2週末
10/07 落花生。人参、大根、こかぶの間引き菜。ナス20。オクラ笊1。ピ−マン笊1
10/08 冬瓜10、里芋2株
10/09 間引き菜(水菜、大根、青梗菜、レタス)。

第3週末
ナス30,レイシ4、オクラ大量。白菜、レタスの間引き菜。

第4週末
10/21 オクラ、いちじく17,F1キャベツ3、 N3ブロッコリ−1、F4白菜の間引き菜。
10/22 こかぶ、青梗菜、水菜の間引き菜。いちじく3,こかぶ5。
10/29 キャベツ8、こかぶ、大根5,菠薐草、ナス、落花生、レタスの間引き菜、いちじく13。 柿

月間累計

Topへ

11月


作業計画
第1週末
11/03 スナックエンドウN2-4、グリンピ−スN4-2。白菜の病気で抜き後に菠薐草
11/04 キャベツ定植40(N1-1,2)来年の5月に収穫予定。予備苗としてポット苗を播く、スナックエンドウ20,グリ−ンピ−ス16。堆肥の切り返し、堆肥を新たに積む防除(ストチュウ)−白菜ほか。
11/05 五葉松の古葉欠きで午後は終わってしまった。まだ黒松がある。

第2週末
11/12 タマネギF4の2畝(280)、自家苗は2畝分ギリギリだった。こかぶ、キャベツの取り跡に緑肥。ボット播きのエンドウ豆発芽

第3週末
11/18 黒松の古葉の揉み上げ、剪定。3時間もかかった。
11/19 堆肥の切り返しエンドウ豆10株をタマネギの苗床の後に定植。
11/23 庭木の剪定。今年の白菜は早植え過ぎたのだろうか?2/3が べと病、軟腐病になり廃棄した。人参は良い出来。

第4週末
堆肥の切り返し。みかんの間の里芋の取り跡にアスパラガス16。きゃべつ、タマネギ、エンドウ豆の苗が数本カブラヤガに倒される。
防除−(石灰硫黄合剤)庭木、−(ストチュウ)白菜など畑中。

第1週末
11/03 キャベツ2,ブロッコリ−2,こかぶ7,菠薐草、青梗菜、いちじく10。大根N3,水菜N3の間引き菜。人参3.
11/04 ブロッコリ−4,いちじく4.大根3.
11/05 キャベツ6,ブロッコリ−2,人参2、大根3。

第2週末
11/12 キャベツ3,ブロッコリ−7,大根9,人参7,菠薐草。こかぶ笊1ほぼ終

第3週末
11/18 水菜、菠薐草、青梗菜、ブロッコリ−(裏の畑)3。いちじく。
11/23 大根3、人参6,白菜3,ブロッコリ−4,こかぶ、ネブカネギ3、キャベツ5。

第4週末
11/25 キャベツ4,ブロッコリ−、青梗菜。里芋3株、大根3。

月間累計

Topへ

12月


作業計画
第1週末
防除(ストチュウ)−白菜を中心として畑中。タマネギの畝草削り。イチジクをまだ食べている。

第2週末
12/10 雨で何も出来ず。

第3週末
鳥害のため、キャベツの苗(N1-1,2)に網のトンネルを掛ける。

第4週末
12/24 みかん類の剪定。夏みかんと畑の中の柿の枝を切断。イチジクの剪定、移植。
12/31 今年は神社の当番。

第1週末
12/03 キャベツ13,根深ネギ5,レタス8,青梗菜(N4-4)間引き菜、ブロッコリ−。

第2週末
12/10 大根4,人参5,根深ネギ5,ブロッコリ−。

第3週末
12/17 大根4,人参5,こかぶ4、ブロッコリ−、レタス3、ネブカネギ5、白菜1。

第4週末
12/24 人参(8/14播き)、ネブカネギ5。菠薐草、青梗菜の間引き菜。ブロッコリ−。
12/31 大根3,レタス2,人参(9月播き)3,里芋4株、ネブカネギ5。

月間累計



                      凡例
野菜___播 種(#0080C0)
野菜___出 芽(#009700)
野菜___定 植(#FF80FF)
野菜___収 穫(#FF8000)
耕作___畝い地(#800000)
追肥___追 肥(#FF0000)
散布___防 除(#FF0000)
Topへ


まとめ

冬作の備忘録>
<項目>   
まとめや備忘録など。


夏作の備忘録
<きゅうり>   
3、4,5月末の3回に分けて播種すれば長く楽しめる。   
一畝で二回に分けて播種する時は、南北で二分割の方が追肥がやりやすい。
3月末播きの場合は、黒マルチ+ビニ−ルトンネルでやったらどうか。

<枝豆、インゲン、落花生などの豆類のハト対策>   
春先の保温もかねてビニ−ルトンネルにしたらどうか。
網と違って畝の長さで切ればいいので扱いが楽であろう。ただし、黒マルチ+トンネルにしないと雑草に困るであろう。

<オクラ>   
苗を作らないで、「マルチ+直播き」の方が効率的ではないか。問題は前作のブロッコリ-の終了時期と、直播きのための畝作りの時期が上手く継ながるか?
4月第4週、マルチなしの直播きでいけるのではないか。F4で試したら、4/29播きで5/6発芽。F4は4/16耕作し、4/29に種を播いている。

<BT剤>   
5/3撒布、5/6 ヨトウムシを捕獲して、べか菜の葉一枚と瓶に入れておいたら、翌日葉を食べ尽くして死んでいた。効果あり。

<オクラの播種>   
播種の前に一晩、水につけておく。オクラをポット蒔きしたが悉く失敗。諦めてマルチの上に廃棄したら雨に当たって一斉に出芽した。

<とまと>   
モモタロウは自根苗、接ぎ木苗とも6月にはいると青枯病で枯れる。我が家の雨よけハウスでは接ぎ木苗を買う必要なし。自根苗を2本購入して、畝に1本ずつ定植しテストすべし。
冬は緑肥として燕麦を播いて畝作りをし、有機物マルチを続けてみる予定。

<項目>   
まとめや備忘録など。

<項目>   
まとめや備忘録など。
Topへ