営農2007

前のペ−ジ    /1月 /2月 /3月 /4月 /5月 /6月 /7月 /8月 /9月 /10月 /11月 /12月
前年度 凡例 備忘録
作業記録 収 穫/備忘録
Topへ

1月


作業計画
第1週末
1/7 強風のため防除出来ず。
1/8 堆肥の切り返し防除(マシン油)−柑橘類、柿、庭木。キウィの剪定。

第2週末
神社の当番。

第3週末
1/21 追肥(ボカシ、苦土石灰)−アスパラガス。タマネギの畝の草削り。エンドウ豆、スナックエンドウの支柱立て。 柿の木の剪定。

第4週末
1/27 耕作(堆肥、緑肥、米糠、ボカシ)−F2-2,F3-1(ジャガイモの予定)。
堆肥を積む(コンポスト1本、大豆の絞りかす、米糠、木っ端)。

第1週末
1/7 キャベツ(7/12播き)1、ブロッコリ−脇芽カゴ1,ネブカネギ4,唐辛子、レタス2,大根3。白菜1,人参4(9/17播き)。

第2週末
白菜1,大根2(F3)、ブロッコリ−脇芽カゴ1,人参6。

第3週末
1/21 大根(N3-1)3、人参5,白菜1,こかぶ2,ブロッコリ−笊1,水菜1(N1-1 )

第4週末
1/27 ネブカネギ10,人参5、レタス1。
1/28 ブロッコリ−の脇芽、青梗菜、べか菜。

月間累計

Topへ

2月


作業計画
第1週末

第2週末
2/10 スナックエンドウ、エンドウ豆の網を張る。
2/11 耕作(緑肥、米糠、ボカシ)−N2-3,N3-2,N3-4、F4北(人参の後)。
2/12 耕作(緑肥、米糠、ボカシ)−N1-4,F3-2北(白菜の後)、興津と青島の間。 防除(ストチュウ)−畑中。べか菜F3-2南−2/22発芽追肥(ボカシ)−N1-1,2キャベツ。

第3週末
2/17 耕作(緑肥、米糠、ボカシ)−F1-1(ブロッコリ−の後),N1-3(レタスの後),N4-3(水菜の後)。
2/18 堆肥の切り返し。イチジクの移植。畑の周辺、縁石の整備。

第4週末
2/24 ジャガイモ(メ−クイン38,キタアカリ30)。−3/21キタアカリ80%,メ-クイン5.
2/25 耕作(緑肥、米糠、ボカシ)−F1-2,N3-3,N4-2,ハウスとN4の間。N3-3のみ堆肥投入。

第1週末

第2週末
2/10 白菜4、ブロッコリ−の脇芽 笊1、大根8,菠薐草 笊1、蕗の薹 笊1
2/11 人参(9月3W)
2/12 ブロッコリ−の脇芽 笊1。

第3週末
2/17 ブロッコリ−の脇芽(F1は終了) 笊1、べか菜、レタス、水菜。

第4週末
2/24 ブロッコリ−脇芽 笊1、大根8,ネブカネギ16,菠薐草、青梗菜、べか菜。
2/25 水菜2。今年は出来が良くない。

月間累計

Topへ

3月


作業計画
第1週末
3/4 人参、一本太ネギ
さらだ菜、法蓮草、レタス-3/15出芽
耕作(緑肥、米糠、ボカシ)−N3-1(里芋の予定),N4-4(キュウリの予定)。

第2週末
3/10 追肥(ボカシ)−タマネギ。防除(ストチュ−)−タマネギ、キャベツ、エンドウ豆。
里芋を全て掘り出して、植え付けの準備。
3/11 追肥(ボカシ)−エンドウ豆。マルチ張り−里芋(N3-1、2)、キュウリ(N4-4)の予定地。
ナス(20)、唐辛子(4)。 キャベツの畝にナメクジ対策6個。里芋の跡地を整地して、2本の畝にするも緑肥投入まではやる気がせず。
3/15 アスパラガスがチラホラ出てきたが、我慢している。今年は、芽を2〜3本残してから収穫しようと思う。

第3週末
3/17 追肥−ミカンに苦土石灰。イチジクの移植、結局裏の畑のブロック塀の足下は全てアスパラガスとなる。
3/18 マルチ張り−N2-3,F1-2,N4-3.耕作(いつも通り)−N4-1.
3/21 里芋植え付け−早生16,赤芽8−4/14早生3,赤芽4、今年は一畝2列を試す。堆肥の切り返し。耕作(いつも+堆肥)−N2-1.2 、F2-1。ネブカネギ全て掘り出して、耕作する。雨除けハウスに網掛け、まだ途中。

第4週末
雨除けハウスを網で囲い、ビニ−ルシ−トを掛ける。3/4蒔きの人参、ネブカネギが未だに芽が出ない、失敗か?
3/25 雨上がりにサッと種を播く。キュウリ12,ナス、トマト4/5〜7出芽、マルチにトンネル。
3/31 N4-1,2マルチ。菠薐草(F1-1)、サラダ菜(F3-2)-4/5〜7
レタス(アスパラ苗の間)4/12。
人参(N4-2)、ネブカネギ。4/12
3/4播きの人参、根深ネギは失敗したようだ、3/31播きは堆肥を篩いで掛けただけで土を掛けず。にんじん、根深ネギは3月の末ぐらいに播く方が良いかもしれない。 大成功

第1週末
3/4 大根、べか菜、青梗菜

第2週末
3/10 ネブカネギ16、仮植する。里芋
3/11 べか菜の菜の花。

第3週末
3/17 アスパラガス6,野びる、大根葉。
3/18 べか菜の菜の花。
3/21 べか菜のベビ-リ-フ。

第4週末
3/25 アスパラガス3。
3/30 アスパラガス 6。 3/31 晩生キャベツ1

月間累計

Topへ

4月


作業計画
第1週末
4/1 トウモロコシ(N2-3)4/12芽が出始める
ジャガイモのマルチを剥ぐ、全て芽が出そろう。

第2週末
4/7 インゲン(N3-4)−4/20。
枝豆(N4-3)−4/15出始める。
4/8 オクラ(F1-2)マルチ直播き−4/15出始める。

ポット苗
レイシ10−4/27出始める。
ナス10
キュウリ10−4/15出始める。
トンネルのナス発芽するもナメクジの餌食。

第3週末
4/14 菜のものに追肥ストチュウ−畑中。
アスパラガス10ポット。アスパラガスに柵を設ける。
4/15 側溝清掃。鉛管せつだん。草削り。黒酢は冷水割りとなる。

第4週末
4/21 トンネルのトマトをポットに移植10。スイカ6、ピ−マン4の苗を定植。  

枝豆2回目(N3-3)−5/2。   
落花生(N1-4)−5/8出始める。  
菠薐草、水菜(F2-1)−4/26発芽。  
トウモロコシ2回目(N2-2)−5/2

オクラの追加播き、網をしないとダメか?
4/22 草削り。固定畝にしてから順調に仕事がはかどっている。草削りの余裕がある。べか菜(2月播き)は花を持ち始めている、3月、4月に播かないとダメかもしれない。
4/28 キュウリ(網)、インゲン(竹)の支柱を立てる。ナス苗8鉢上げ。
4/29 ジャガイモに追肥して最後の土寄せ。ストチュウ−畑中。松の剪定、庭木の防除−石灰硫黄合剤 x 100。

第1週末
4/1 アスパラガス8。

第2週末
4/7 キャベツ2,アスパラガス6。
4/8 アスパラガス5,タマネギ苗の早取り。レタス、サラダ菜、べか菜の間引き菜

第3週末
4/14 アスパラガス8,タマネギ苗の早取り。
4/15 キャベツ3。

第4週末
4/21 スナックエンドウ、サラダ菜
4/22 べか菜、菠薐草。スナックエンドウ笊1。
4/28 レタスの間引き菜。アスパラガス6。
4/29 スナックエンドウ笊1,菠薐草。

月間累計

Topへ

5月


作業計画
第1週末
5/3 2回目キュウリ(ポット)8。あちこち草取り、間引き。BT剤−葉物全て。N4-2のマルチに3列の穴を開ける、3回目トウモロコシの予定。
5/4 ナス購入苗4定植(N1-3)。
5/11 BT剤−葉物。レタスにヨトウムシの幼令幼虫発見。昨年、キャベツにヨトウムシが大発生した後にレタスを作っている。

第2週末
5/12 強風で壊れ掛けたエンドウの支柱を補修。3回目−枝豆N2-1。 キュウリ苗(4/8)6定植。オクラ欠けたところに苗を移動。
5/13 N1-1,2燕麦を抜いて耕作(堆肥)。追肥(ボカシ)−人参、長ネギの苗。防除(マシン油、スミソン)−みかん、香花ほか。 ストチュウ−葉物、エンドウ。N4-3枝豆をピンチする。今年は草削りする余裕がある。
5/14 3回目トウモロコシN4-2。キウィの花掛け。
5/18 BT剤−葉物、枝豆。

第3週末
タマネギを全て抜いて畑に干す、明日吊す予定。トマト花が咲いた1本定植。
5/20 タマネギを吊す(2時間)。BT−葉物。
5/24 タマネギの採り後にトウモロコシ(F4-1 )。ナス自家苗8定植、購入苗と合計12。キュウリ2定植。

第4週末
5/26 緑肥−タマネギ、菠薐草の後。3回目キュウリ−ポット10。アスパラガス、レイシの残りの種を直播き。タマネギの切り落とした葉をナスのマルチにする。キャベツの実結球に殺ナメクジ剤 X300 を掛けてテスト。−効果有り。ただし、散布後何日で食せるのか?
5/29 キタアカリの葉が黄色になってきたので収穫する。

第1週末
5/3 キャベツ1,サラダ菜、菠薐草(3/4播き)、スナックエンドウ大量、早取りタマネギ。
5/11 サラダナ、レタス。

第2週末
5/12 スナックエンドウ笊1、エンドウ豆、菠薐草(F1)。キャベツ1。
5/15 レタスの間引き菜。
5/18 ホウレンソウF1-1サラダ菜。

第3週末
5/19 キャベツ6。スナックエンドウ、エンドウ豆。タマネギ。菠薐草。
5/23 菠薐草(F1-1/3.31播き)ほぼ終了。サラダ菜。

第4週末
5/26 サラダ菜(2回目)間引き菜。
5/29 ジャガイモ(キタアカリ)パン箱2。F2水菜(4/21播き)。

月間累計

Topへ

6月


作業計画
第1週末
6/2 オクラ定植18(N1-1)。あちこち草削り。N2-4スナックエンドウの畝に去年のキュウリの種を直播き-6/10出芽
6/3 里芋に軽く土寄せ。追肥−アスパラガス(苦土+ボカシ)、みかん(化成)。ストチュウ−畑中。

第2週末
キュウリ6(4月末播き)。トマト、冬瓜、唐辛子も定植してしまう。トマトはキャベツの畝、冬瓜はサトイモの畝、唐辛子は興津早生の後ろ。
6/12 追肥(堆肥)−N2トウモロコシ、N3隠元。N4キュウリの一部。
防除(BT)−トウモロコシ、キュウリ。
6/13 ジャガイモ(メイクイン)収穫する。追肥(化成)−N4枝豆、ナス(購入苗)。

第3週末
6/16 ネブカネギ(F3-2)100。
6/17 冬物の空いた後に緑肥を播く。ナギナタガヤの種を取る。BT+ナメクジ剤−なす、きゅうり。キュウリ苗10(5月末)定植。
6/20 カボチャ2株をF1-1に定植して試す。N1-3トウモロコシ、実欠きをするも、まだ実の付かない株も散見される。網にするか、袋にするか迷っている。

第4週末
追肥(ボカシ)−オクラ、トマトの一部。N2-3トウモロコシを縛る。草削り。
6/24 追肥(コンポスト)−里芋、インゲン。里芋土寄せ。トウモロコシ(N2-3)網を掛ける。一回目の枝豆、試しに採ってみる。
6/30 追肥(ボカシ)−N4-1すいか。(苦土石灰)−なす、とまと、おくら。

第1週末
6/2 キャベツ10、サラダ菜(3/4播き)、レタス。
6/4 菠薐草(4/21播き)。レタス10。

第2週末
6/09キュウリ5
6/10 レタス(F1/3/4播き)。サラダ菜。キャベツ3。N3インゲンマメ
6/13 ナス(購入苗)1。キュウリ毎日5〜10採れる。ジャガイモ(メイクイン)パン箱4。

第3週末
6/16 インゲン大量。キュウリ。
6/17 キャベツ3−晩生キャベツ終了。人参(3/4播き)。 キュウリ15.
6/20 キュウリ25,毎日採れる。オクラ4。ヤングコ−ンN2-3。

第4週末
6/23 キュウリ、ナス、インゲン、人参(3/31播き)、ピ−マン、
6/24 枝豆(N4-3)。キュウリは毎日採れる。
6/30 キュウリ、オクラ、ナス、ミニトマト、インゲン。どれもよく採れる。

月間累計

Topへ

7月


作業計画
第1週末
庭木の剪定、防除(スミソン)、ツツジ大幅に形を変えてしまう、裏の柊を廃木とする。防除(BT)−トウモロコシ、キュウリなど。

第2週末
トウモロコシ(4/1播き)は、ちょっと収穫が早すぎたか。後1週間遅らせた方が良かったかも。コンポストに蛆発見。 ナスの枝を吊り、トマト、キュウリの蔓を縛る。
7/8 追肥(ボカシ)−オクラ、ナス、ミニトマト。(化成)−N3トウモロコシ、スイカ。地播きのアスパラガス鉢上げ12。大玉スイカのつもりが全て小玉スイカの苗だったようだ。
7/13 3月末播きキュウリは黄色く枯れてきてほぼ終了、今は4月末播きが最盛期に成りつつある。5月蒔きは背丈70cmほど。

第3週末
7/16 キャベツ50トレイに播く−7/21芽が出始める。連日の雨で作業できず、N2-2トウモロコシ縛って、網を張る。

第4週末
7/21 ブロッコリ−50
7/22 耕作(緑肥、ボカシのみ)−F2-2,F3-2。
   追肥(堆肥)−N2-2トウモロコシ、F4-1トウモロコシ。
7/28 追肥(ボカシ)−キュウリ、ナス、オクラ、とまと。防除−(BT)おくら、なす、トウモロコシ−(ストチュ−)キュウリほか。

(N2-2)2回目トウモロコシは採り時期が遅れて干からびてしまった。N4-2は良い出来、化成の追肥だけだが先端まで実が入っていた。

BT剤購入。
トアロ−CT水和剤(100g) \924.- 農協にて
エスマルクDF(100g) \1,500.- 楽天にて

第1週末
7/1 ナス6、キュウリ15、枝豆(畝の1/3)、人参15。

第2週末
7/7 インゲン大量、ナス4、ミニトマト10、オクラ、キュウリ20、トウモロコシ8
7/8 枝豆、ミニトマト、人参(3/4播き)
7/10 ミニトマト8、ナス6、オクラ多数、キュウリ10。
7/13 茄子3、トマト8、キュウリ10、オクラ多数。

第3週末
7/16 とまと、きゅうり20、なす12,インゲン、オクラ、黒枝豆、トウモロコシ30N2-3、小玉スイカ1(ハウス)

第4週末
7/21 インゲン大量、ナス大量、キュウリ、トマト。ミョウガ、スイカ2.
7/28 きゅうり大量、なす大量、とまと、おくら、インゲン−ザル1、N3人参15,N4小玉スイカ12、N3枝豆 大量
7/29N4-2トウモロコシ

月間累計
キュウリは1日おきに10数本、オクラは2日おきに笊一杯とれる。

Topへ

8月


作業計画

第1週末
8/4,5 耕作(いつも+堆肥)−F2-1(キャベツの予定)、F4-2(白菜の予定)。    N2-2, N4-1,2(キャベツ、ブロッコリ−予定)。
 耕作(いつも)−N4-3。
防除(スミソン)−あくしば、松、香花などの庭木。
8/8
5月末播きキュウリは、30℃を超える温度のため元気が無く成長も止まり加減で、実も変形、小型、皮も厚くなる。雨除けハウスの児玉スイカは、蔓が枯れ始める。オクラはほとんど、毎日採れる。

タマネギの後(5/24)にまいたトウモロコシの取り残しを収穫する。5月以降にトウモロコシをまくと、コガネムシ、コナガの被害が多い、穂が出てからはマメにBTを散布する必要があるだろう。
8/9 耕作(いつも+苦土石灰/表面に苦土石灰+米糠)−F4-1(ホウレンソウ予定),F4北飛び地(ニンニク予定)、青島北(タマネギ苗予定)。

第2週末

第3週末
8/18 耕作(いつも)−N2-1,3。5寸人参−N3-2の1/4 −8/25発芽、新聞紙をはずす。
8/19 インゲンの支柱を片付け、耕作(いつも)−N3-4。表の植木場の草取り。

8/22 キュウリは暑さで元気がないが、2日おきに数本ずつ採れる、食べるには丁度良いペ−ス。オクラは1日おきにザル1採れ、食べきれずに人にあげている。
8/23ミニトマトは葉が黄色く枯れ上がり終わり、今年はシ−ズン最後までよく実が付いて楽しませてもらった。

第4週末
8/25 キュウリ(N2-4,N4-4)支柱を片付ける、昨年より早く終わる、キュウリ網は設営が楽だが片づけには手間取ってしょうがない。キャベツ、ブロッコリ−の苗の成長が遅く、後1週間以上しないと定植できそうもない。
追肥(化成)−ナス、オクラ、ピ−マン。
8/26 耕作(いつも)−N2-4,N4-4。
ボカシを仕込む。

第1週末
8/4 キュウリ、ナス、トマト、オクラ、ピ−マン、N3-4インゲンほぼ、F4-1トウモロコシ30。枝豆N2-1。
8/8 N2-1トウモロコシ本年度最後の収穫。レイシ3、子玉スイカ2(ハウス)。

第2週末
8/11 茄子、トマト、N2-1枝豆

第3週末
8/18 ミニトマト、ナス大量、オクラ大量、レイシ4、キュウリもボチボチ採れる。
8/19 小玉スイカ3(蔓も枯れて来て、残るは後1つ。)
8/22 オクラ ザル1、キュウリ10,レイシ5,ナス大量。
8/23 ミニトマト

第4週末
ナス6、ミニトマト、オクラ大量。
8/26 人参(3/31播き)、レイシ7,ミョウガ7
イチジク伊予柑の裏のイチジクが早くも熟れてきた。

月間累計

Topへ

9月


作業計画
第1週末
9/1 人参は薄く土をかぶせ上から堆肥を乗せ網のトンネル。レタス、サラダ菜は薄く土をかぶせて堆肥を乗せる。
大根N4-3、白菜(F4-2)つぼ播き、レタスN2-2,サラダ菜N2-1の1/3。
これら全て(大根、白菜、レタス、サラダ菜)9/6 〜 9/8に出芽
人参(F4-1の南端)、菠薐草F4-1北端
9/2 キャベツ−20(N4-1)22(F2-1),ぶろっこり−16(N4-2)28(F2-2)。白菜−トレイ播き25。べかな9/6発芽−N1-2の一部(トマトの取り跡)。キャベツ、ブロッコリ−の苗の生長が非常に悪いが、世話が飽きてきたので定植してしまう(本葉2〜3枚)。キャベツの苗は小さすぎて定植できずポットに鉢上げして成長を待つ。

第2週末
9/8 台風9号で転んだレイシ、ナス、オクラを立て直す。 水菜1回目N4-4、青梗菜1回目N3-4、こかぶ1回目N2-4、興津の南タマネギ−9/14発芽。ニンニクの予定地に黒マルチ−黒のゴミ袋2枚を開く。
9/9 防除(BT)−オクラ、ナス、キャベツ、ブロッコリ−ほか。植木場に除草剤を撒く。トレイに白菜25を追加播き。耕作(いつも+苦土)−N1-2トマトの取り跡。緑肥を播く。

9/13 少し気温が下がってきたら、オクラの成長スピ−ドがゆっくりしてきた。花の咲く場所が頂点まで行って終わりも近いだろう。茗荷は倒れてきた。元気なのはレイシとナス。

第3週末
9/16 2回目の大根、レタス、サラダ菜。ニンニク36。防除(BT+ストチュ−)−畑中。

テントウムシダマシの活動が鈍ってきてナスも元気になってきた。結構実を付けている。レイシはまだまだ元気。オクラは成長が鈍ってきて、4〜5日に1回の収穫。

9/17 堆肥を積む、コンポストを1本空ける。
9/21 ブロッコリ−の残りの種を畝の端に追加まき。−9/24出芽

第4週末
9/23 畑中の草取り、草削り、間引き。防除(BT+ストチュウ)−畑中。
9/24 キャベツの残りの種を畝の端に追加まき。 2回目の菠薐草。キャベツ、ブロッコリ−の葉の裏にヨトウムシの卵発見、指で掻き落とす。

9/29 間引き、土寄せ−大根、レタス、こかぶ、水菜、青梗菜。苗の世話が飽きたので、キャベツ3、ブロッコリ−3、裏の畑の欠けたところに定植。2回目の水菜(N4-4)、青梗菜(N3-4)。

第1週末
レイシ4,カボチャ(F1-1)2。おくらザル1、なす10、ミディとまと10。 イチジク5。

第2週末
9/8 レイシ3,なす5,オクラ ざる1。イチジク5。
9/13 オクラ小ざる1,イチジク3、レイシ3。

第3週末
9/16 レイシ7,なす8,イチジク4,おくらザル1、ピ−マン8,大根の間引き菜。

第4週末
9/23 オクラ小ざる1、レイシ2、なす10。大根の間引き菜。唐辛子。かぼちゃ2,冬瓜1
9/27 オクラ 小ザル1、レイシ3、ナス10。
9/29 間引き菜−こかぶ、レタス、大根、水菜、青梗菜。。イチジク10。

月間累計

Topへ

10月


作業計画
第1週末
10/6 2回目こかぶN3-3,3回目菠薐草N1-2。ナギナタガヤ防除(BT)−畑中、(除草剤)−庭。
10/7 耕作(いつも)−F1(オクラの跡)。追肥(ボカシ)−大根、水菜、青梗菜、こかぶ、レタス、サラダ菜。キャベツ、ブロッコリ−の葉を1枚1枚裏返して、ヨトウムシの卵、幼虫を掻き落とす。

第2週末
なす2本萎れて廃棄。レタス、サラダ菜、大根、水菜を間引く。防除(BT+マシン油)−畑中。堆肥の切り返し。レイシが枯れてきた。
キャベツ、ブロッコリ−の葉,一枚一枚裏返して、指でヨトウムシの卵を掻き落とす。発生してから夜ヘッドランプで捕獲するより、その前に卵、幼齢幼虫の段階で潰す方が合理的。その後 BT でだめ押し。

第3週末
10/20 キャベツ、ブロッコリ−の葉,一枚一枚裏返して、指でヨトウムシの卵を掻き落とし、中耕。レイシが枯れて終わり。

第4週末
10/28 レイシ、ナス、オクラを終わりにして片付け、緑肥を播く。防除(BT+スミソン)−畑中。2回目レタスにヨトウムシ大量発生。

第1週末
10/6 冬瓜8,なす大ザル1、レイシ5,オクラ小ザル1。べか菜、白菜の間引き菜。イチジク4。

第2週末
10/13 レイシ10,なす20,オクラ小ザル1。
10/14 サラダ菜、レタスの間引き菜。ピ−マン大量。

第3週末
] 10/20 オクラ小ザル1、ピ−マン4、ナス大量、レイシ5、サラダ菜。青梗菜

第4週末
10/28 青梗菜、レタス、サラダ菜、なす

月間累計

Topへ

11月


作業計画
第1週末
二晩、ヘッドランプと割り箸でヨトウムシ60〜70匹を捕獲。白菜、キャベツがベト病。
11/3 防除(苦土石灰の上澄み X 1000)−白菜、キャベツ。 追肥(ぼかし)−キャベツ。エンドウ−ポット13,スナックエンドウN2-4−11/10発芽. 庭木の剪定。
11/4 黒松の古葉欠き、伸べ五時間かかる。女房が柿をサワシテくれる、毎日食べている。

第2週末
11/11 タマネギの定植 約240。里芋、落花生の取り跡に緑肥。こかぶは直径10pにも成る上出来。防除(塩水 3% x 50)−はくさい、きゃべつ その他の葉物。
11/12 3晩、ヨトウムシ採りで20〜25匹/晩、合計で60〜70匹捕殺。
11/16 2晩、ヨトウムシ採りで20匹/晩、合計で約40匹捕殺。

第3週末
防除(BT+マシン油)−白菜、キャベツほか。追肥(ボカシ)−ブロッコリ−。エンドウ予定地に苦土。
11/18 アスパラガス7定植。エンドウ豆10、タマネギ苗の後に定植。アスパラガスの間に植えたミニトマトは11月になっても実を付けて赤くなる。アスパラガスの定植のため廃棄したがまだ実が着いていた。
11/23 アスパラガス追肥(苦土+鶏糞)、土寄せ、柵の補修。ネブカネギ土寄せ。タマネギ草取り。畑の畝の境に赤ペンキを付ける。

第4週末
11/25 のこぎり、三角鍬、剪定ばさみ、包丁を研ぐ。チェ−ンソウで柿の木の下の廃木の山を寸断整理。
11/27 夜、塩水をキャベツ、ブロッコリ−、白菜に撒く。

第1週末
菠薐草、柿。
11/3 菠薐草、サラダ菜、レタス、人参
11/4 一本太ネギ4

第2週末
11/11 サラダ菜、レタス、菠薐草。こかぶ20。人参、落花生。里芋3株。ネブカネギ6、青梗菜。

第3週末
レタス、サラダ菜、青梗菜。ミニトマト6、ネブカネギ6。大根
11/23 人参6,こかぶ6.

第4週末
11/25 サラダ菜、レタス、菠薐草、大根3,水菜。柿。ネギ7。
11/28 白菜(2.4kg)1

月間累計

Topへ

12月


作業計画
第1週末

第2週末
殺ナメクジ剤をキャベツの畝に播く。

第3週末
キャベツ、ナメクジも着いていないで、良い出来。

第4週末
11/24 イチジク剪定、イチジクの苗をみかんの後ろに2カ所定植。香花移植2本。

第1週末
12/05 ブロッコリ−大きな蕾でよい出来。レタス、サラダ菜、菠薐草、こかぶ、大根、白菜。

第2週末
三浦ダイコン5。青首3.ブロッコリ−2.根深葱8.こかぶ。菠薐草、レタス、サラダ菜。水菜、青梗菜。

第3週末
12/16 キャベツ1、ブロコリ−3,レタス、サラダ菜。

第4週末
12/24 キャベツ1、白菜1,レタス6,サラダ菜、菠薐草、水菜、ブロッコリ−4、人参6,大根1こかぶ10、ネブカネギ4。
キウィ、寿太郎、伊予柑

月間累計



                      凡例
野菜___播 種(#0080C0)
野菜___出 芽(#009700)
野菜___定 植(#FF80FF)
野菜___収 穫(#FF8000)
耕作___畝い地(#800000)
追肥___追 肥(#FF0000)
散布___防 除(#FF0000)
Topへ


まとめ

冬作の備忘録>
<キャベツ、ブロッコリ−>   
ハクサイと同じように、畝に坪播きでどうだろうか?または、畝の端で直に苗作りは?
それまでに畝を空けて、耕作を完了しておかねばならないが。
<ベト病>   
白菜、キャベツのベト病は耕作の時、堆肥を入れたからか?窒素過多?
苦土石灰の上澄み液 x 1000 で、ベト病が止まる。有効性に驚く。
<項目>   
まとめや備忘録など。
<項目>   
まとめや備忘録など。


夏作の備忘録
<ナス科>
苗作り−マルチ、苗キャップ、トンネルで3月初旬に試してみる。
ナスは定植後6月に入ったら、下葉のテントウムシモドキの卵をよく除去するべし。
<春の人参、根深葱>   
3月末に播くべし。堆肥を篩で掛けるのみか、ほんの少し土を掛けるのみとする。葱は、乾燥しないように新聞紙をかぶせる。
<枝豆>   
畝半分ずつ、2〜3週置きに播く方がよいか。一畝全て播くと食べきれない。
グリ−ン枝豆は、4月の第2週以降蒔きで 80日。
黒豆は、4月の下旬で 90日、5月の中旬で 80日。
<トウモロコシ>   
播種日と収穫までの日数
4/1  100日。
4/21 80日。
5/14 75日。
5/24 70日。
結局、トウモロコシは、4月の中旬以降にまく方がよい
トウモロコシ、枝豆、ウリ類は、収穫まで黒ビニ−ルマルチのままにした方が、雑草も生えなく、冬作に移行する時に楽
5月以降にトウモロコシをまくと、カナブン、コナガの被害が多い、穂が出てからはマメにBTを散布する必要があるだろう。
<項目>   
まとめや備忘録など。
<項目>   
まとめや備忘録など。
<項目>   
まとめや備忘録など。
Topへ