戻る。

トマト栽培/2007



苗の準備
3月の末に、キュウリの畝にトンネルをして昨年のミディトマトの余りの種を直播きした。
4月に、ミニトマトの苗2本を購入。

定植
育苗ハウスで養生して、花の咲いた順に定植した。
ミニトマトはナス用に耕作した畝(N1-3)に、ミディは晩生キャベツの後(N1-2)に不耕起、無施肥にて定植。

青枯れ病
2007,07,09現在、まだ1本も青枯病がでていない、不思議である。
N1のこの場所は3年ほど前にトマトを作って青枯病で全滅したところである。
7/16 脇芽を挿し木した1本が、とうとう青枯れ病になる。畑の外に廃棄。
7/21 その南の隣がまた枯れる。廃棄。
7/27 その北の隣がまた枯れる。
8/01 面白いことに青枯れ病は今のところ、挿し木苗のみである。種から育てた苗、購入苗は何とかもっている。
8/23 青枯れ病にならず最後まで収穫できたのは、購入苗ミニトマト(N1-3)2本、ミディ自家苗(N1-2)6本の内4本。

収穫
実は網袋をかぶせる。
ミニは6月末から、ミディは7月初旬から収穫できている。
7/21 現在。ミニトマトは購入苗を収穫している。挿し木苗の方はまだ赤くならない。
ミディは自家苗を収穫中。
8/01 まだミニ、ミディとも収穫できている。
8/23 ミニトマト全体が枯れて終了。

題目


題目