IGSの変遷とNNGSクロ−ンサ−バ−
IGSPanda-NetNNGSクロ−ンサ−バ−
1992〜1994 1992/2月 ニュウ−メキシコ大学に無料サ−バ−として発足。
その後落ち着き先を求めて5回サ−バ−を移転。
1994 安定したサ−バ−として存続するために首脳陣は「身売りと有料化」を提言。  
   
1995 1月 韓国企業 INet に売却して商業サ−バ−となる。
6月 INetを経由しないIGSへの接続拒否。有料化宣言。
その後、反発にあい、撤回。
INetより、日本国内の運営権を取得。 8月 IGSの旧首脳陣のうち技術者がIGSの商業サ−バ−化に反発して、ボランティアサ−バ− NNGS(No Name Go Server)を発足。
1996 韓国企業INetから、Panda-Netに売却。 IGSを買収。
IGS = Pand-Netとなる。
4月 Panda-Netの名でIGS接続の有料化宣言。
「*.jp」の新規登録拒否
Panda買収以前の「*.jp」IGSerは、そのまま接続できた。
5月 「*.jp」の新規登録拒否を撤回する。
Pandaは、「有料会員と無料会員制度の両方がある。」と説明。
3/4月 GIGS(ドイツ)、NCIC(中国)が発足。その後消滅。
4月 LGS(台湾)発足。
1997   2月 「IGS有料化のお知らせ」なるメ−ルを「*.jp」の旧IGSerに送付。
4月 「*.jp」での新規登録拒否。
同時に、Panda以前の旧「*.jp」IGSerのIDを強制的に廃棄。
6月 WING試運転開始。
8月 HGS(中国)発足。
9月 JNNGS(フィンランド)発足。その後消滅。
1998  10月 IGSサ−バ−を日本に移転。 6月 CWS(中国)発足。
9月 カナダ、クロアチアにもクロ−ンサ−バ−発足。
1999  現在に至る。 3月 PIGS(ポ−ランド)発足。
7月 WGS(中国)発足。
8月 Planet Online Go Server(イギリス)発足。