はじめてのインタ−ネット碁


インタ−ネット碁を打とうとしている皆さんに、このサイトが
少しでもお役に立てれば幸いです。

Windows/WINGを中心とした記述です。
**はじめに**

Clientの取得とインスト−ル

Go Server への接続と登録

ゲ−ムをする。


はじめに

私は1996年当時igo-mlの皆さんや、みつばちさん「IGSの歩き方」に助けられて、どうにかインタ−ネット碁が打てるようになりました。 当時は、wingdows95 & WinIGC v0.74の組み合わせだったと記憶しています。 それはとても新鮮でスリリングな経験でした。

その後の1年間はまさに嵐のような1年でした。IGSの韓国企業Inetへの身売り。 そして、パンダからの日本人のみを対象とした有料化宣言。同時に、日本からIGSへの登録の拒否。(メ−ルアドレスがxxx@xxx.jpはIGSでは、アカウントを拒絶します。)いつの間にか、パンダNKBなる者がIGSを牛耳り、今はサ−バ−も日本にあるようです。

そんな中、日本にもNNGSやLGSのように、ボランティアで運営されるnngsコンパチの囲碁サ−バ−WINGが登場しました。はじめは夜だけ、ほんの数人のお客さんがあるだけの細々としたスタ−トでした。しかし、その後の数年で、2000年4月現在で、4000人を越える登録者を擁するサ−バ−にまで成長しました。 HPでの献身的な広告活動。サ−バ−システムの不断の改良作業。WINGを取り巻くボランティアの献身的な活動で、一部のパソコン知識人たちだけではなく、パソコン音痴のごく一般の碁好きが気軽に打って帰れるような碁サ−バ−に成りつつあると思います。

商業サ−バ−としての、囲碁サ−バ−を否定するわけではありません。有っても良い。 同時に、ボランティアに支えられて存在する囲碁サ−バ−が存在することも、素晴らしいことです。日本に、このような囲碁サ−バ−が存在することを、このような囲碁文化が存在することを、私は誇りに思っています。

また、WING-MLの仲間を中心として、日本語を使える対局ソフトも続々登場しています。 「対局室」からは、ブラウザからそのまま入場することも出来るようになりました。 ますます、WINGからは、目が離せません。



戻る

Clientの取得とインスト−ル



1999/09/16現在、ウィングのHPに「 対局室 」が開設され、MS IE や、Netscapeなどのブラウザから簡単にウィングに接続できるようになりました。ちょうど、WWGoのような感覚で利用できるのです。是非利用してみて下さい。
対局ソフト(Client)のインスト−ルは、その後少し慣れてからでも遅くはありません 。


日本人には嬉しい、日本語が使える対局用ソフトたち。


しかもフリ−ソフト(無料)です。作者の皆さん、日本語化に努力された方々、wingで日本語が使えるように改良された方々にに感謝します。 最近は、wing会員によって、インスト−ラ付きの自動インスト−ルが出来るようになりました。ほんとに楽になりました。英語版で、汗かいていた頃が嘘のようです。 javaソフトのため、プラットホ−ムを選びません。
「茶゛碁」
メニュ−もヘルプも日本語です。
完全日本語仕様。
簡単インスト−ル
「NerGO」
メニュ−も日本語で、インスト−ラ付き。
loveallさんのHP

その他の対局用ソフト

Wingホ−ムペ−ジの WINGへのアクセス方法から、
以下のソフトが取得出来ます。
OSクライアント名備考
Windows95WinIGCシェアウエア
MacintoshGoServantシェアウエア
UNIX (X-WINDOW)XGOSPEL (XIGC)
    




対局用ソフトでIgo Serverに繋ぐ

インスト−ル、設定、サ−バ−への接続については以下をご覧下さい。

// 「対局ソフトの使い方」// WinIGCについて//




戻る

囲碁Serverへの接続と登録

インタ−ネット上のTelnet型の囲碁Serverは、次の物があります。
Telnet型の囲碁Server
名称 サ−バ−アドレス ポート番号
NNGS
(No Name Go Server)
nngs.cosmic.org 9696
LGS
(台湾nngs)
lgs.hinet.net 9696
WING
(World wide INternet Gokaisho )
wing.gr.jp(注1) 1515(英語ポ−ト)
2525(日本語ポ−ト)
IGS
(商業server)
(注2) ****
 
(注1)
日本語ポ−トはクライアントに日本語フォントの設定が必要です。  
(注2)
1997/04から選択的に日本からだけIGSに登録するのは有料となりました。 差別的で、不公平な課金政策を採る server は紹介しません。




登録手続き


WINGを例に説明します。これは、WINGの日本語ポ−トよりLoginした例です。 Telnet型 Go Server は、登録の手続きは、ほとんど同じです。 3-1.Go Serverに繋ぐと、次のようなwelcome画面が出てきます
 
Login:と出てきたら、terminal窓でguestとキ−ボ−ドより 入力して、login します。

登録はregisterコマンドです。  

  register <ハンドル名><mail address><name info>


たとえば、  register jjwin stone@ssnet.or.jp Okamoto Taro と、入力します。

WINGの場合。

分かりやすいように日本語表示のポ−ト(上記server一覧表参照)からloginしましょう。 registerコマンドの用法は他のTelnet型serverと同じですが、 wingの場合、下記の例のように確認のメッセ−ジが表示されます。 登録内容に間違いがなかったら、下記の例の confirm以下の一行を再度入力します。 つまり、同じメ−ルアドレスを2度入力させて、誤りがないように確認しています。
「紫の文字」は登録しようとする人の入力。他はserverからのmessage.
register tstone abc@hogehoge.or.jp Test Dayo
次の情報で新規登録します。
ハンドル(呼び名): tstone
電子メールアドレス: abc@hogehoge.or.jp
本人情報(実名など): Test Dayo

電子メールアドレスが正しいかどうか慎重にチェックして下さい。 もし間違っていれば、もう一度 REGISTER コマンドを入力し直して下さい。

以上の情報でよければ、確認のため、次のように入力すれば登録が完了します。
confirm tstone abc@hogehoge.or.jp
詳しくは 'help confirm' でご覧下さい。

confirm tstone abc@hogehoge.or.jp

プレイヤー 'tstone' を登録しました。専用のパスワードが次のメールアドレスに メールされました: abc@hogehoge.or.jp

  登録に成功したら、quitと打って、一旦 接続を切って、
  wingからのmailを待ちましょう。

3-2.数分、又は数時間後にwingからmailが届きます。
  これには、あなたの登録名、passwordが含まれています。
  大切に保管して下さい。

3-3. 再び、wingに繋ぎます。
  今度は「Login:」 の後に先ほどの登録名を打ち込みます。
  「Password>」とでますから、wingよりのmailにあったpassword
  を打ち込みます。

3-4.登録名でloginしたら、まず最初にpasswordを変更しましょう。
  どこでも使っていない、貴方しか知らない、貴方にとって覚えやすい
  passwordにしましょう。

   コマンドは password <new password> です。

 *詳しくは、help password と打てば、ヘルプが出ます。
戻る