会員登録
ブラウザ上で、会員登録が出来ます
wingのホ−ムペ−ジの日本語ペ−ジに「会員登録」という青いボタンがあります。
1.これをクリックすれば、「ステップ1」のペ−ジに行きます。
ここで、あなたのメ−ルアドレスを入力して送信ボタンをクリックすれば 数分後にあなたにwingからの「ステップ2のURL」を記載したメ−ルが、送られます。 このURLをダブルクリックすれば、ブラウザ(インタ−ネットエクスプロ−ラや、ネットスケ−プ)が立ち上がってステップ2のペ−ジが表示されるはずです。上手く行かない場合は、ブラウザの更新(または、再読込)ボタンをクリックしてください。
2.次にステップ2のペ−ジに行きます。
ここで、ユ−ザ−ID、パスワ−ドなどを入力します。
ID(登録名、ユ−ザ−名、ハンドル名、ニックネ−ム全て同じです。)   
半角英数で2〜10文字まで。大文字小文字を区別します   
先頭の文字は必ず英文字。   
ID入力欄の横にあるボタンをクリックすれば未使用のIDかどうか知らせてくれる。
パスワ−ド   
半角の英数文字です。大文字小文字を区別します。   
半角文字で2〜15文字まで。
登録に成功すると、貴方の登録メ−ルアドレスに、ID,パスワ−ドがメ−ルされます。
「対局室」から、登録したIDとこのパスワ−ドでwingに入場できるか確かめてみましょう。

別法として、registerコマンドを使う方法もあります。


register <登録名> <メ−ルアドレス> <名前>

「対局室」からwingにguest で入場したら、 
help register
と入力してみて下さい。 登録の解説文/コマンドの使い方が表示されます。

登録料はいくらですか。料金は?

wingのホ−ムペ−ジにも有るとおり、wingはボランティアで運営されている囲碁サ−バ−です。
登録して会員同士で対局するのに料金は一切かかりません。

登録名で入場しようとすると受け付けない。

wingの登録ペ−ジの説明にも有るとおり、
登録が完了してから1週間以内に一度wingにアクセスしないと
不要のIDとして抹消されます。
wingのサ−バ−も限られた資源ですので、他の登録希望者の為にも不要のIDは、解放させて頂きます。

登録の抹消は

wingのサポ−トにメ−ル下さい。抹消する登録名、登録メ−ルアドレス、現在のパスワ−ドを添えてください。

登録名の変更は

出来ません。希望の登録名で新たに登録してください。尚、不要の登録名はサポ−トに削除するようにメ−ルを下さい。

ID,パスワ−ドを知らせるメ−ルがこない。

メ−ルアドレスの登録の際に間違った入力により、メ−ルが届かない場合が多いです。

wingからのメールが文字化けしている  

wing会員の報告によれば、
 Netscapeや外国のフリーメールアドレスから登録すると、文字化けが発生する  ことがあります。  メ−ルの内容を全てコピーしてエディターに貼り付けると読みとれることがあります。  











ランクについて

▲段級位(ランク)はどうやったらもらえるのでしょう?   
段級位(ランク)は、自分で設定します。
ランク設定コマンドは RANK です。    
詳細な使用方法は、 help rank で解説文が表示されます。

▲ランクを登録するときの目安は?
Wingの日本語ホ−ムペ−ジ「会員の部屋」に「wingの段級位について」が
リンクされています。参考にしてください。   
または、wingに接続中に help rankconv で対照表が表示されます。

▲登録したランクが高すぎたので低く再設定したい
段級位に認定マ−ク「*」が付く前なら
現在の戦績を reset コマンドで初期化して、
rank コマンドで お好きな段級位に設定してください。
詳細は、 help reset, help rank で。
段級位に認定マ−ク「*」が付いた後では変更できません。

▲認定マ−クはどうやったらもらえるの?    
WINGでの段級位は、各ユーザが自己申告したものですが、
一定の対局数をこなしたあと、その成績によってWINGは段級位を認定します。
認定された段級位は、段級位の後に * がつきます。  
認定段級位になるためには、通常最低12局の認定対局を打たなければなりません。
但し、いろいろな条件もありますので、詳細は help ratingsystem でご覧下さい。  











個人情報のメンテナンス

▲登録メ−ルアドレスの失効と有効化   
一度送信エラ−を起こしたアドレスは失効します。再有効化は下記のペ−ジの指示に従って下さい。
アドレスの有効化
なお、hotmailなどの匿名アドレスは頻繁に送信エラ−が発生しますので、利用は控えて下さい。

▲パスワ−ドを忘れてしまった。   
remindコマンドでパスワ−ドを取り寄せます。
guest で入場し、remind <登録名> で、登録メ−ルアドレスに送付される。
詳細は help remind で。

▲パスワ−ドを変更したい。
passwordコマンドで変更します。詳細は help password で。

▲メ−ルアドレスを変更したい。
changeaddrコマンドで変更します。詳細は help changeaddr で。

メ−ルアドレスとセキュリティ         
WINGでは会員の登録アドレスは公開が原則です。         
登録アドレスは棋譜やstats情報に公開されます。         
しかし、これに安全性の上から不安を感じる方は次のようにして下さい。         
set mailopen off とコマンド入力して下さい。         
これでアドレスが棋譜に記載されず、stats情報でもアドレスの一部が隠されます。         
        
詳細は、 help set_mailopen  を参照して下さい。

▲ランク(段級位)を変更したい。
段級位に認定マ−ク「*」が付いた後では変更できません。
resetコマンドでそれまでの戦績を初期化して、rankコマンドで、希望のランクに設定します。詳細は help reset, help rank で。
▲STATSで出てくる個人情報の内、「名前」を編集する。   
set realname <名前の文字列>
で編集してください。詳細は、set をhelp で参照。

▲STATSの情報行のメンテナンス
info行に文字列をセットする。
set <行番号> <文字列>
set 1 No fast game.
第1行目に No fast game. をセットする。

set 0 prefer slow game.
第1行目にprefer slow game.を挿入し、既存の行は繰り下がる。
set 2
第2行目の文字列を削除し、以降の行が繰り上がる。

詳細はヘルプを参照。 set_info  


▲個人の諸設定値の変更
wingには各種のスウィッチがあり、好みでカスタマイズ出来ます。 など。。。
現在の自分の設定値は、variablesコマンド(省略形 vars)で確認できます。
それぞれの設定値を変えるには、set コマンドを使います。
詳細は、help variables, help set_ で。









          

ゲ−ムの仕方について
wingの日本語ペ−ジ/会員の部屋に「wingの歩き方」があります。
ゲ−ムの申し込み方から、終局処理まで詳細に解説しています。ご精読ください。
特に、終局処理については、よく頭に入れてください。

初心者の方は次のヘルプを読んでください。
ヘルプの読み方はこのFAQの「wingのコマンドの解説文を見るには?」参照。    
start__最初のサ−バ−やソフトの諸設定について。
welcome_wingで遊ぶ場合に読んでおくべきヘルプ、ソフトの設定について。
newbie_初めてネット碁を打つ人へ。覚えておくべきコマンドなど。
howtoplay_試合の申し込み、置き碁の設定、終局処理などについて。   
tell______対戦相手との会話に使います。
channel___[channel 1]は、初心者に優しいチャットル−ム。
但し、「対局室」から入場する場合は、諸設定、日本語設定などは予め設定済みなのであまり気にする必要はない。

wingの会員はだいたい親切な方が多いですから、tellで話しかけて、 九路盤などで、一局打ってみるのがいいでしょう。 終局処理の練習をよくしてください










            

Ematchとは何ですか?

wingで打たれるゲ−ムのほとんどはEmatchです。



▲EMATCH とは?
このコマンドはrating systemに加入している登録者なら、使えます。
rankコマンドで自分の段級位を設定すればいいわけです。
ematchは、二人の対戦相手のrating point から適正な試合条件をサ−バ−が決めます。
白番、黒番、置き石の数、コミまで自動的にサ−バ−が決めてくれます。
通常の場合、持ち時間と秒読み時間のみ両者で交渉するだけです。
ematchは、置き碁の機会を増やしてくれると思います。
なぜなら、上手にも下手にも結果について公平感があるからです。

▲Ematchによる試合条件を事前に知るには。(SUGGEST)
suggestは、ematchによる試合条件を事前にしらせてくれます。
相手にematchを申し込む前に、確認することが出来るわけです。
suggest <相手の登録名> です。

▲set ematch on
「set ematch on」と設定しておくと、
サ−バ−がmatchコマンドをematchコマンドに変換します。
こうすれば、対局ソフトがmatchを発行するときematchに成ります。
茶゛碁などのソフトで対局を申し込んでも自動的にEmatchになるのです。

See eamtch, suggest, set_ematch, ratingsystem









              
対局用ソフトについて

▲WING推奨の対局ソフト

WING日本語巻頭ペ−ジの「対局ソフト」ボタンをクリックすればソフト一覧表が表示されます。
それぞれのソフトの使い方などの解説は、上記のペ−ジの表の「関連サイト」のリンクを参照下さい。


▲その他の対局ソフトの紹介ペ−ジ

  
wingのホ−ムペ−ジ「会員の部屋」/対局用ソフトの入手法   
wingのホ−ムペ−ジ「会員の部屋」/対局用ソフトの使い方









              

WING-ML

 WING-ML は、WINGユーザーの交流と情報交換のために作られた日本語メーリング・リストです。WINGについての話はもちろん、インターネット碁全般に関することをテーマに、日夜話し合っています。もちろん無料ですので、興味のある方はこの機会にぜひご加入ください。メールの配信数は時期によってかなり変わりますが、最近の平均は週に10〜30通程度です。


加入/退会の方法
wingの日本語ホ−ムペ−ジに「wing-ML」と言うボタンがあります。 これをクリックすれば、加入、退会についての説明が表示されます。










             

計算結果がおかしい?

たいへん申し分けないのですが、結果の確定してしまったゲ−ムの 結果は、変更できません。

多くの場合は、ハマの取り上げ忘れが原因です。
ハマを取り上げ忘れるとその地はダメと判断されますので、地の計算が不正確になります。 これを防ぐには、終局処理の完了コマンド done を打つ前に、score コマンドを打つか、または、下記の set autoscore on を設定して、その時点の計算結果を確認します。

自分が有利にゲ−ムを進めていたのに、計算結果が自分の思った結果と違ったら、 ハマの取り上げ忘れがないかよく確認しましょう。 ハマの取り上げは、白黒番、どちらがどちらの地中のハマを取り上げても良いです。

ハマの取り上げ忘れを防ぐには?

wingに入場しているときに、
set autoscore on と入力しましょう。一度設定すれば記憶されます。
set autoscore onは、配石の状態が変化したとき(ハマを取り上げたとき)に、 その時点での計算結果を自動的に表示します。
但し、これによって、直接的にハマの取り上げ忘れを警告する機能ではありません。

ハマの取り上げミス/セキの石を取り上げられてしまったら

done を打つ前に、undo コマンドで終局処理をやり直します。 終局処理中のundoは、どちらが入力してもPassを1回打った状態に戻ります。 間違ったと思ったら、自分で入力して下さい。

終局処理中にPassを打ってしまったら

心配いりません。「終局処理中のPassは受け付けません。」とエラ−メッセ−ジが出るだけです。そのまま終局処理を続けてください。

終局処理についての解説はどこにありますか。

Wingの日本語ホ−ムペ−ジ「会員の部屋」 に「wingの歩き方」と言う説明文章があります。 ゲ−ムの申し込みから、終局処理まで、詳しく説明されています。 ぜひ、熟読いただき、終局処理の手順を覚えて下さい。

また、wingに接続中に下記のように入力すると、説明文が出てきます。 ご利用下さい。
help howtoplay
ゲ−ムのやり方、申し込み方、終局処理の説明。
help score
doneと打つ前に、現時点での計算結果を表示します。ハマの取り上げ忘れを防げます。
help set_autoscore  
ハマを取り上げる度に、その時点での計算結果を自動的に表示する設定。

セキが、地として計算されている。

IGSから発展したその後のNNGS,LGS,WINGなどのTelnet型の囲碁サ−バ−共通のル−ルだと思ってください。日本ル−ルと異なるので最初は戸惑うかもしれませんが、そういうル−ルでやっていると思ってください。











相手の時間が切れているのに時間切れ負けにならない。

相手の残り時間がマイナスになっているのに、時間切れ負けにならない。aytコマンドで自分が知らない間に切断されていないことは確認済み。相手にtellしても、何の反応もない。
こんな時は、 TIME コマンドを使います。
指定された対局の残り時間、消費時間などの時間情報を表示します。  
また、対局相手の時間切れが3分以上経過している場合、このコマンドで 相手の時間切れ負けを宣告することができます。
              
相手の残り時間がマイナスになったのに、暫くすると又プラスになったりする。 マイナスになった時点で、時間切れ負けではないのか?
WING には「考慮時間」というシステムがあります。 これはNHK杯に似た方式で、「考慮時間」を設定しておけば、 秒読みで時間が切れると、「考慮時間」を自動的に消費します。 「考慮時間」がなくなってはじめて時間切れ負けになります。

record <対戦相手> をみて頂くとわかりやすいです。Ex 欄にあるのが 考慮時間です。
詳しくは help record, help extratime をご覧下さい。

sgf 形式では、考慮時間という概念は想定されておらず、 対局ソフトも想定していないので、考慮時間に入ったときは 端末ウィンドウに表示されたメッセージを手がかりにするしか ありません。なお、WinIGC などのソフトでは、 refresh コマンド を入力すると、考慮時間をいれた時間表示に更新することができます。
refresh しないと時間表示はマイナスのままです
               
相手の時間がづっとマイナスのまま30分も、1時間も進行しているのに、時間切れ負けにならない。相手に tell しても 何の反応もない。こちらが接続を切れば、相手にDeclare,Dismissの権利が発生して自分の負けになってしまう。どうしたら良い?
まず、AYT とコマンドを打ってみる。Yes が帰ってこなかったら、自分の回線が気が付かない打ちに切断されている。対局ソフトはそのまま動いているので、たまたま相手の手番の時に切断されると、そのまま時間を進行していくので、相手の残り時間がマイナスのまま進行していく。

相手も自分も接続が切れていないのを確認したら、TIMEコマンドで相手の負けを宣言できます。詳しい用法は help time で。












WINGのコマンドについて

コマンドの解説はどこにあるの?  
Wingの日本語ホ−ムペ−ジ「会員の部屋」に、「全コマンド解説」「用途別コマンド解説」があります。
ご利用下さい。
wingに接続中にヘルプを見るには   
コマンド解説文を読むには、help <コマンド名> と入力します。   
たとえば、tell のヘルプは、 help tell で表示されます。   
単に help (または、"?")を入力すると、主要コマンド一覧が表示される。   
commands で、用途別コマンド一覧が表示される。

初心者の方は次のヘルプを読んでください。    
start__最初のサ−バ−やソフトの諸設定について。
welcome_wingで遊ぶ場合に読んでおくべきヘルプ、ソフトの設定について。
newbie_初めてネット碁を打つ人へ。覚えておくべきコマンドなど。
howtoplay_試合の申し込み、置き碁の設定、終局処理などについて。   
但し、「対局室」から入場する場合は、諸設定、日本語設定などは予め設定済みなのであまり気にする必要はない。









                

棋譜について


▲WINGの棋譜利用規約
> ======================================================
>
> ■ WING で行われた自由対局の棋譜に関する権利 ■
>
> (1) 対局者は棋譜に対する一切の権利を放棄し、これらの権利を
>   WING に委譲するものとする。
> (2) WINGの棋譜は商用を除き、誰でも自由に利用できるものとする。
> (3) 棋譜の利用によって生じたトラブルや損害に関し、WINGは一
>   切の責任を負わないものとする。
>
> なお、これらの権利はすべて「自由対局」に限定したものです。
> 将来、WINGにおいて、スポンサー付きのイベントやプロの指導碁
> などが行われた際、それらの棋譜に対しては、利用権が別規定で定め
> られる場合があります。
>
> ======================================================

▲自動的に棋譜を送ってもらうには?
登録名で wing に入場したら、set automail on と入力して下さい。     
一度設定すれば、OKです。     
以後、貴方のゲ−ムが完了する度に登録アドレスに棋譜が送られます。 

▲最近、棋譜が送付されない。
このFAQの 「個人情報のメンテナス」の項をご参照下さい。

▲棋譜を取り寄せるには?
  1. 登録名「wing」さんの棋譜を取り寄せるには、    
    sgf wing     
    と入力し、番号付きの棋譜ファイルの一覧を表示させます。   
  2. この内、5.wing-xxx-20020128 の棋譜ファイルを取り寄せるには、
    mm 5
    と、入力します。
  3. 詳細は、 mail, index, library , sgf を help でご覧下さい。
        

▲棋譜を見るには。
  1. 茶゛碁、WinIGCなどの対局ソフトで棋譜ファイル(*.SGF)を読み込めば、再生できます。     
    茶゛碁の場合は、アクション/ロ−カル碁盤で出てきた碁盤のメニュ−から読み込みます。
  2. wing会員による棋譜管理ソフトもあります。ご利用下さい。
    棋譜管理ソフト


▲棋譜を保存したら「○○.sgf.txt」となって、開けない。
ファイル名の拡張子を「.SGF」にします。     
例えば、xyz.sgf.txt −−> xyz.sgf
後は上記の「▲棋譜を見るには。」に従ってください。

▲wingに入場中に棋譜を再生するには、
request コマンドを使います。詳細は、help request でご覧下さい。









            
接続の切断。対局の再開など。




試合中に、相手の接続が切れた!
相手の回線切断から5分間 (待機時間帯 )
この5分間の時間帯は、ただじっと我慢の子です。
この時間帯に相手が再入場してくれば、wingのサ−バ−が
これを感知して、中断した試合を自動的に再開します。

相手の回線切断から5分間経過後、更に5分間。(特権時間帯 )
この時間帯は、貴方に特権が与えられます。
wingのサ−バ−より、「declare,dismiss」の特権
が発生したとメッセ−ジがあります。
貴方が、特権行使の前に相手が再入場すれば、
wingのサ−バ−によって、自動的に再開されます。

次の場合は通常の保存ファイル(stored game)となります。

後日再開するには、Loadコマンドを使います。
  1. 上記の10分間の時間帯に相手の再接続がなく、貴方も特権を行使しなかった。
  2. 相手が戻ってきたが貴方が退場していて10分経過した。
  3. 相手が戻ってきたが、貴方は他の試合を既に始めていて10分経過した。


declare,dismissの特権
DECLARE
中断したゲームの勝利を宣言するために使います。
待たされた側が「 DECLARE 」の特権を使うと、その対局は DECLAREしたプレイヤーの勝ちとなり、 stored状態でなくなって SGF コマンドで取り寄せられるようになります
詳細は、help DECLARE をご覧下さい。
DISMISS
中断したゲームを無勝負にするために使います。
DISMISS を使うと、その対局はSTORED 状態でなくなり、結果が無勝負のゲームとして保存され、SGF コマンドで取り寄せられるようになります。
詳しい用法は、help DISMISS でご確認下さい。


保存された対局を再開するには,次のようにします
但しwingでは、切断から10分以内に再接続して、相手も入場中なら、条件によって自動的に試合が再開します。詳細は上記「試合中に、相手の接続が切れた!」をご覧下さい。
      
  1. 再接続したら、storedと打ちます。貴方の対局で中断したゲ−ムのファイルが表示されます。      
    (例) jjwin-handle handle-koko
    Found 2 stored files .

     
  2. 対戦相手が入場しているのを確かめてから、load <ファイル名>と入力します。        
    (例)           
    load jjwin-handle

  3. 中断直前の配石が表示された碁盤が出てきますから、      
    そこからゲ−ムを再開します。
パソコンの反応がなくなってしまいました。クリックしても石が置けない。
相手が打たないのであきらめて切断したところ、後で見たら自分の時間切れ負けになっていた。
AYT(are you there?の略)と入力してみましょう。
何の反応もなければ、知らない打ちに貴方の回線が切断されている。相手がDeclareの特権を行使した。
サ−バ−からYESが帰ってくるのに、30秒もかかる、このような場合は回線が極端に混んでいて、タイムラグが発生している。相手に相談して、中断ゲ−ムにして後日、回線の空いているときに打ち直した方がよい。


切断以外の理由で中断ゲ−ムにする。  
回線状態でなくて、試合中に相手か自分かどちらかに急用が発生することも  
あります。tellで相手に断わってから、adjourn(中断)と打ちます。  
相手に、サ−バ−から受け入れるかどうかの確認メッセイジが行きます。  
相手は、受け入れるときは adjourn、拒否するときはdecline と打ちます。  
相手が受け入れれば、中断ゲ−ム(stored geme)として、2週間ほど保存されます。  
再開するには、上記の「保存された対局を再開するには」をご覧下さい。