終局処理の説明









左図のリンクをクリックすれば、解説が表示されます。











投了する(Resign)

これは簡単です。負けを認めた側が RESIGN と対局ソフトの入力欄に入力してリタ−ンキ−を押します。
または、茶碁やWinIGCなどの対局ソフトではメニュ−の中に Resign が有りますので、これを選択してリタ−ンキ−を押します。



欠け目の処理と手入れ

_NOPQRST
19┬┬┬○┬●
18┼┼┼┼○○●
17┼┼┼┼○●●
16┼┼○・○●┤
15┼┼┼○●●┤
14┼┼┼○●┼┤
13┼┼┼○●┤
12┼┼┼○○●●
11┼┼┼○●●┤
10┼┼┼○○○○
9┼┼┼┼┼┼┤
8┼┼┼┼┼┼┤



上図のT19の点は欠け目であるが、このまま終局処理をすると、目として計算されてしまう。終局の前に、自らこのT19を継がなければならない。相手が継がねば、白番はR19の点を埋めて手入れを促さねばならない。 また、将来全てのダメが詰まったら、S13 の点も手入れが必要である。 PASSを3回打ち合って、終局にする前に、欠け目と手入れの箇所を継がなければならない。または、相手に継がせねばならない。






終 局(PASS3回)

手入れも欠け目も処理が済んで、後はダメばかりになったら、PASSを打ちます。 相手と貴方と交互に3回続けてPASSが打たれたら対局終了です。 そのまま、終局処理モ−ドに入ります。






ハマの取り上げ

終局処理に入ったら、地中のハマをマウスでクリックして取り上げます。

ここがミソ
茶゛碁(Jago)はここで、 メニューの「対局の終了/死石の除去」をクリックします。その後に、盤上のハマをクリックして取り上げます。

WinIGCは、終局処理モ−ドになったら、そのままハマをクリックして取り上げます。

ハマはどちらが、どちらのハマを取り上げてもかまいません。
計算結果がおかしいという苦情のほとんどは、ここでのハマの取り上げ忘れにあります。
DONE の前に、よく確認しましょう。
ハマの取り上げ忘れの防止策として、ハマが取り上げられるたびにその時点での地の計算を表示する機能があります。このFAQのフロントペ−ジの表に「終局処理の計算結果がおかしい?」で説明していますので参照下さい。 set autoscore on です。






終局処理のやり直し(UNDO)

終局処理の途中でミスがあったら、UNDO と半角英文字で入力しましょう。 PASSを一回打った状態に戻りますから、お互いにまたPASSを打ち合って、再度終局処理モ−ドに入ります。このUNDOは、どちらが打っても構いません。 誤って、ハマ以外の石をクリックしてしまったり、セキの石をクリックしてしまったら、UNDOです。






終局図の承認(DONE)

ハマを取り上げて、もう一度誤りがないか確認したら、DONE と入力してリタ−ンキ−を押します。終局図の承認です。相手も同じように DONE を入力すればゲ−ムは完了です。完了したゲ−ムとして棋譜をSGF,MM コマンドでメ−ルで取り寄せられます。set automail onの設定済みの人は自動的に登録アドレスにメ−ルされます。

doneをお互いに打ち合った後のゲ−ムは、後からミスが見つかったとしてもその結果は変更できません。






挨 拶

ゲ−ムの始めと終わりには、挨拶をしましょう。 簡単で良いのです。

よろしくお願いします。
ありがとうございました。